近藤 栄志

近藤 栄志さんの My best 2016

シェアする

  • Twitter
  • facebook
1

レストラン モンローズ

店舗情報

石川県

フランス料理

近藤 栄志

いつもお世話になってるBABY hair makeのスタイリスト兼オーナーさんに3年位前からずっとお勧めされ続けたフレンチに10/10に行ってきました 2500円のランチで満足するから!と石川でここ以上のお店は知らないと豪語してました 定休日、月曜日ということもあり連絡してみると祝日なので営業中とのこと ディナーメニューは アラカルト、5000円と8000円のディナーコース、お店が14周年ということで、14周年特別ディナーコース6000円 初来店、14周年特別ディナーコースを予約 季節のアミューズ 秋野菜のバーニャカウダー フォアグラのお料理 季節野菜のクリームスープ 白子ムニエル 焦がしバターソース 群馬産 クインポークのグリエ ズワイガニのスパゲッティ カニミソクリーム 栗のティラミス 秋仕立て 秋野菜のバーニャカウダー 茄子、キュウリ、ゴボウ、ニンジン、紫キャベツ、ピーマン、2種類のトマトをディップしてもよし、木のスプーンを使ってかけてもよし 円やかでしつこくないバーニャカウダーソースで野菜の味を最大限に活かす ビーツとソテーしたイカのサラダ 3種のキヌア 紅生姜の様な酸味のあるビーツ、ソテーしたイカが甘い バジルソースと酸味のあるソース、3種のキヌアで食感を楽しむ 食べた事ない1皿 自家製パン 木箱に入れら自家製パン2種類 オーナーの嬉しい計らい 食べる時にあけて、普段は蓋を閉めておく 保温効果のある木箱のお陰でずっと温かいパンが頂ける 無塩バターも溶けない、冷たさを維持する為に冷えた石に盛られてる計算されています フォアグラ イチジクのソテー 赤ワインソース 厚みのある食べ応えがあるフォアグラ ソテーされたイチジクの甘味が赤ワインソースに溶け込む 素材だったイチジク自身もソースになる 上品な1皿 紫芋のクリームスープ もやしの新芽添え 紫芋の甘味とクリームスープの濃厚さがちょうど良い もやしの新芽を浸しながら食べる事でシャキシャキの食感と、ピリッとした辛味で味に変化をもたらす いわば、もやしの新芽がスパイスになる 白子ムニエル 焦がしバターソース アワビダケと共に… フワフワで円やかな白子、コリコリと食感のアクセントにアワビダケ 焦がしバターが白子、アワビダケ旨味を倍増させる お皿が熱めなので、最後まで楽しめます 群馬産 クインポークのグリエ トリュフソース ゆっくりと丁寧に焼かれたクインポーク ナイフでも軽く切れる 今まで、食べた事ないポークで歯切れもよく柔らかい 脂もかなり甘く、トリュフソースに負けない位、美味しい(^^) ズワイガニのスパゲッティ カニミソクリーム お店からの気遣いでスパゲッティの量を聞かれます(小盛り、普通、大盛り)ズワイガニは家でよく食べるが、初のカニミソ スパゲッティと同等並にカニミソクリームに和えられたカニ身 贅沢にもズワイガニを存分に味わえるスパゲッティでした 栗のティラミス 秋仕立て カクテルグラスに盛られた栗のティラミス 底には数種類のナッツで秋らしく香ばしい ティラミスの上には細く切られたパイ パイ、ティラミス、ナッツ 食感を楽しめるティラミスは初めてでした コーヒーともよく合います 店内を入って左側はカウンター、右側はテーブル お店の雰囲気、サービス、料理ともに、最近周りで聞く「いちいち美味しい」に相応しい お勧めしたいし、絶対にまた行きたいと思った名店です(^^)

2

Trattoria marione

店舗情報
近藤 栄志

ドゥオモ大聖堂から近くにあります 一緒に行ったイタリア料理オーナー夫婦が去年も行ったという美味しいフェレンツェ料理が味わえる地元の人が行き交うお店 14:00過ぎに迷いながら行くも、店内は満席、店の前は行列で絶えません プロシュートとブッファラ 去年も食べて美味しかったという 手打ちパスタ ピチラグーソース ラザニア フェレンツェと言えば ビステッカ フィオレンティーナ 1.2kg 一皿一皿が、多め 味も好み 地元にいると、通ってしまいそうです(^^) お勧めします

3

SHOKUDO YArn

店舗情報

石川県

創作料理

近藤 栄志

半年以上前に石川県 グルメで検索 同じくこのお店に興味を持って行きたいと同意見を持った若手の料理人と予約から2ヶ月待ち念願のお店に行ってきました 美味しい料理とオーナーさんの会話で1setだと思ってたけど、空間(音)に魅力されます 元、撚糸屋をリノベーションした店、イタリア料理、スペイン料理、日本料理3種類の料理の融合を糸を3本結ったと表現している 想像力、遊び心、おもてなし… 16品中12品、九谷焼きも石川県産を使用 SNSに載せるなら2枚までという事ですが、敢えて1枚だけ 香りもメニューの一つ… 能登ヒバかほり箸、季節のタブレット ☆昔ながらのナポリタン トマトソースの色素を抜いた透明のトマトソースにオリーブそうめんを食べせつ(食べ方)を見ながら1しか出ないサイコロをふりスゴロク感覚で楽しむ 塩で食べても美味しいだろう(?)という位、オリーブの味がしっかりしてます 最初に透明なトマトソースにオリーブそうめんだけを浸して食べる トマト好きには堪らない甘さのソース 次に、肉を焼いた時に出る脂を加えて混ぜ、オリーブそうめんと一緒に食べる 脂を加えた事により香ばしく変化する チーズの容器の中身は摩り下ろしたパルミジャーノ・レッジャーノに入れ替えてあり、半分位入れて混ぜオリーブそうめんと一緒に頂く パルミジャーノを入れた事によりコクが生まれます 個人の好みでパルミジャーノは調整してくださいとの事でした 中身は入れ替えてない市販のケチャップ 最初は半分 ケチャップが入った瞬間、昔ながらのナポリタンに変化します この時に、オリーブオイルそうめんを半分くらい残して欲しいと ケチャップも好みで調整してください 器の中で化学変化が起きた様です 最後にタバスコ かけ過ぎるとナポリ(タン)を超えてメキシコまで行けます 笑 1つのメニューで想像を絶する味覚の旅行に行ける コースメニューのみです ディナーは8000円と13000円の2種類のみ 消費税とサービス料は別で、サービス料は10% 価値ある経験とメニュー名からは想像出来ないワクワクを得れます 3ヶ月掛けてメニューを入れ替える様で、今日からカニがメニューの一部として何かと入れ替わります 出来る事なら YArnなりの春、夏、秋、冬を過ごしたい(^^)

4

ラ クローネ

店舗情報

福井県

パン屋

近藤 栄志

期間限定の新作を求めて サンドーム グルメ博 2016の後に寄り道です 期間限定の新作はキャラメル ラ・フランス 何層にもなるクローネにキャラメルクリーム、角切りにしたフレッシュなラ・フランス クローネの上にはアーモンドをトッピング 2日目の生あんきなこも初日に食べたキャラメル ラ・フランスにも劣らないサックサク 生クリームにあんこ きなこをまぶしてあります ムラはある様ですが、早い時は13:00オープン16:00クローズも多々あります

5

福井県

カフェ

近藤 栄志

板垣にあった、びばぁ〜んにて何年か前の父の日にチョコレートの贅沢テリーヌの存在を知り出会いました 今年のバレンタイン付近に訪れてみると12/31で閉店の文字が… 特別な時に用いてたチョコレートの贅沢テリーヌにもう出会えないと残念がっていたら2016.9/22に出雲大社前に移転OPENしたと知ってテンション上がりました(^^) エクアドル産のカカオ70%のチョコレートを贅沢に使った生チョコの様なチョコレートケーキ しっとり滑らかな口当たり、かなり濃厚です 他にも、色んなケーキありますが、チョコレートの贅沢テリーヌしか買った事がない これだけを求めて行きます(^^) ハーフ/1782円 ロング/3456円

6

モモンガコーヒー

店舗情報

福井県

コーヒー専門店

近藤 栄志

A FILM ABOUT COFFEEの上映会に参加して更に大野が好きになる 家と逆方向、会社帰りの寄り道は、エスプレッソーダとキャラメルグリーンティー パンケーキ ダブル 今回のエスプレッソーダはたまたま東ティモールの豆を使用したレアソーダ^_^ 無性に和なパンケーキ食べたかったので、ダブルで注文、4枚重ね^_^ パンケーキ2枚と2枚の間に餡子がサンドされてる メニューにはないので、あしからず‥ モモンガコーヒーを通して色んな人と繋がれる、話を聞いてると学べる かなりの癒しスポットです

7

トラットリア ラ カーラ

店舗情報

福井県

イタリア料理

近藤 栄志

ハワイ土産のコナコーヒーを社員さんに貰ったので、イタリア土産のレモンチェッロを渡しに(^^) 基本ランチは手打ちパスタが頂ける Bランチ1300円 通常ランチメニューでは、ジャガイモのニョッキでしか食べれないソースを、その日の手打ちを使って特別に作って貰うトマトとモッツァレラのソース 昨日は、キタッラカルボナーラを注文 イタリアから研修旅行で学んだ、カチョエ・ぺぺ風に変更して出してくれた イタリアでもカチョエ・ぺぺを食べたいと連呼してたからだと思います ペコリーノチーズではないので、カチョエ・ぺぺ風ですがブラックペッパーが効いててソースが自家製キタッラと絡まってて新鮮で美味かった(^^) イタリアで教わった言葉に例えると Buonissimo(^^)

8

福井県

イタリア料理

近藤 栄志

先日、友達夫婦に誘って貰ったので行ってきました 早々1ヶ月経ったのに、イタリアお疲れさん会 ピッツァがメインなのに、ピッツァの生地が完売!? 有るだけしかないとの事でした 確保出来たのはピッツァ1枚 1組キャンセルになったので、ピッツァ2枚確保出来たとのこと(^^) ☆牡蠣のピザ釜焼き ピザ釜で焼いた牡蠣はプリップリで目の前で殻をとってくれて、オリーブオイルをたらすシンプルに頂く ☆ポルチーニと自家製サルシッチャのピッツァ 運ばれて来た瞬間、ポルチーニのいい香りがテーブルを漂う オイル漬けしたポルチーニ、サルシッチャの肉汁がピッツァの上で混ざり合う 一瞬で完食です ☆丸ごとセイコガニピリ辛トマトソース 自家製イカスミタリオリーニ 普段は注文しない、今が旬のセイコガニを丸ごと使用、ピリ辛トマトソースで磯臭さがかき消える 同じ海の幸なのでイカスミタリオリーニとの相性も抜群 ☆ニンニクチーズピッツァ 絶対に外せないピッツァ ニンニクとチーズで甘味が引き立つ 友達夫婦の奥さんに教えて貰ったピッツァなので確実に注文します お店お勧めの唐辛子オイルをかけなくても充分に美味しいけど、辛いのが好きな方はどうぞ ☆牛ほほ肉の赤ワイン煮込み ナイフを入れただけで簡単に解れるほほ肉、そのほほ肉の旨味エキスを含んだ赤ワインソース 甘くて食欲をそそります ソース自体も残さずごちそうさまでした(^^) ☆タヒチ産バニラ 桃のコンポート添え サービスで頂いたドルチェ その時期によりイタリア菓子等を考案 元パティシエも力を注ぐ サッパリしたバニラアイスと桃のコンポートの相性は抜群です 常に新しい事を考えてます 食べたいという強者がいるようで、先月の10日〜30日まで熟成されたハバネロソーセージ食べ頃かもしれませんね 笑

9

Ristorante L'Uva e il Malto

店舗情報

イタリア

イタリア料理

近藤 栄志

一緒にイタリアに行ったイタリア料理 ラカーラの夫婦の友達、トスカーナ州グロセートにてワイナリーをしてる夫婦と5人でグロセート城壁内にある、創業13年目のイタリア料理のお店に連れて行って貰いました 店内の壁にはあり得ない数のワインが飾られています 多分、お任せだったんでしょう あり得ない量の前菜 タマゴ茸のカルパッチョ 牛肉のカルパッチョ チーズ盛り合わせ イチヂクのジャム ブッファラのサラダ グアンチャーレのバケットオーブン焼き タリアッテッレ フンギ ポルチーニ セミフレッド メンター(ミント)ソース エスプレッソ 飛び交うイタリア語、日本では食べれない食材 大いに満足させられました 家族の温かさが伝わる居心地の良いお店です

10

石川県

焼肉

近藤 栄志

先月予約 7/11の夜に初体験の富山の友達を急遽呼び牛鉄 18:30に入ると、月曜日なのに全席予約済み 最近は平日でも予約なしで入り難くなってるんですね って事で平日でも予約をお勧めします また、メニューが少し変わってました 今回の注文 牛たん × 2 牛ロース 特選牛ロース 豚ロース せせり 上カルビ 牛赤身 牛スジ 生でも食べれるお肉をさっと炙って頂きました 何を食べても美味い 主人が吟味して選んでる能登牛 今回の〆は、お初な お茶漬け ウメ あっさりで脂を流してくれます 牛鉄、一度お試しください 連れて行った人、全員リピーター化してます(^^)