Takaya  Asai

Takaya Asaiさんの My best 2022

シェアする

  • Twitter
  • facebook
1

鮨 おにかい

店舗情報

東京都

寿司

Takaya  Asai

誕生日祝いにおにかいへ! 連れて行ってもらいましたー! お店の入り口分かりにくすぎる笑 写真の看板は相当小さいので注意!でも入り口開けてすぐの階段を登ると最高の雰囲気がまってます。 7月のメニューは最後に書いてる通りのメニューでした。 印象に残ってるのはノドグロ炙りとハモ炙り 口に入れた後に、油の香ばしい香りが余韻とし残り続けて、日本酒と合う。 コースで日本酒6種類をいい感じに出してもらいました。 どの日本酒もその時でているお寿司と合う。 前菜の胡桃の白和には甘めの東洋美人、 コクのある烏賊、燻製の鰆には飲みやすい賀茂錦、マグロづくしの中トロの濃厚な舌触りには度数高めの月の井が飲みやすくパンチが効いていて合いました。 最後に追加でトロたくを注文! 脂が乗ったトロが大盛りでたくあんの食感と酸味が最高でした。 飲みまくって1人12500円ほど、お得としか言いようがない。是非! 【7月のメニュー】 夏野菜のおひたし 胡桃の白和マスカルポーネ 鮎の甘露煮ペースト 宮城県塩釜産中トロ イシナギ ホタテ アジ 国産あん肝 宮崎の郷土料理 ごま鯖の冷汁 対馬のノドグロ炙り(紅瞳) 白いか(剣先烏賊) 燻製の鰆 ハモの炙り(皮目の炙り) 名物シャリてんむす 河童巻き 黒胡椒がけ うなぎの稲荷 笛吹鯛 マグロづくし(赤身炙り、中トロ、中トロ炙り) 玉子

2

東京都

日本料理

Takaya  Asai

文句なしに今年のベスト。 2皿に1種類のアルコールペアリングで、ワインや日本酒を合わせてくれました。 ノンアルコールのペアリングでも凝った飲み物が出てきました (発酵させたリンゴジュースや柘榴ジュースを使ったノンアルコールドリンクなど) 特に感動したのは写真5枚目の自家製あん肝をパンキンシード、八朔、生クリーム、金柑の甘露煮、にんじんなどと合わせて食べる一皿で、取り合わせでこんなにあん肝の味わいが変わるのかと驚きました。 前半の繊細な皿や丁寧な作りの皿でしたが、メインの魚料理の鰆と肉料理の鹿はガッツリとした印象で満足度がグンと上がりました。 2階がバーになってるみたいなので次はそちらに行きたいです。

3

ラ・ビスボッチャ

店舗情報

東京都

イタリア料理

Takaya  Asai

文句なしに今年のBestです。 大衆食堂的な広さでありながら、すごく上品な雰囲気の店内で、否が応でもテンション上がります。 ホンマにイタリアに来たような錯覚になります。 食材をワゴンで運んできて、その場で本日のおすすめ食材と調理法を説明してもらえます。 今回は選んだのは 前菜に白アスパラ目玉焼きと黒トリュフ パスタにクリームと黒トリュフ 魚はスズキのムニエル 肉はラムチョップ(がっつきすぎて写真忘れ) デザートはいくつかの中から選ばせて貰いました。 ちょいお高めですが一度は行くべき名店でした。 今回は職場の先輩に連れて行って頂いたので値段気にせず頼んじゃいました。ご馳走様でした!

4

テクストゥーラ

店舗情報

東京都

創作料理

Takaya  Asai

改めてtexturaはBestに入ってくるエキゾチックな創作料理だと認識しました。 アジアン料理と中華料理の融合でワインが進みます。 今晩メニューのヨダレ鶏! からのそのタレにつける餃子、山椒麺、豆乳の4段階の流れには逆らいがたいですね。 店員さんのおすすめのエビマヨは、めちゃくちゃデカい、プリップリの大海老のフリットにパッションフルーツベースのソースがかかってる一品で、個人的にはオレンジワインがオススメです。 ヒレかつサンドのえごまマスタード添えも最高でした。 3人でお値段2万ちょいとかなりリーズナブルに感じました。 店員さんの気配りや、メニュー紹介もその辺のお店とは一線を画す丁寧さと洗練さで東京で一度はくるべき名店だと思います!!

5

浅草 川井

店舗情報

東京都

魚介・海鮮料理

Takaya  Asai

浅草の隠れた名店かと思います。 食材とそれを活かす調理法へのこだわりが凄い。 大将におすすめを聞いておけば間違いないです。 合わせるお酒や食べるタイミングも教えてくれます笑 今回おすすめは、赤貝の炙りと穴子の白焼き明太子乗せだったので迷わず注文! 他にも気になるメニューで穴子のユッケがあったのでそれも! 突き出しに本鮪の鉄火が出てくるし、締めで頼んだ穴子の握りはデカくて口一杯で頬張りました。 こだわりが凄いのに値段はリーズナブルで一人5000円から6000円で満足できます。 浅草観光の際は川井さんをおすすめします。

6

肉の米内

店舗情報

岩手県

焼肉

Takaya  Asai

コスパが圧倒的に良かったです! 盛岡駅からは20分ほど歩きますが行って良かった!開店11時半の10分前で既に12組が名簿に名前を書いてました。一度に8組なので一回転待って12時半ごろに案内されました。 牛タンの厚み、旨味半端なくて、臭みもないし程よい歯応えで1000円ちょっとでした。 冷麺は、盛楼閣のものと比較してほんの少し太いかな?それで弾力とコシが尋常じゃなくて、大盛りは顎が疲れました笑 カルビもロースも別盛りキムチも文句なく美味しくて今年のベストです。

7

東京都

ラーメン

Takaya  Asai

11時半に行くともう10人は並んでました。泣 でも列の一員になりつつも、ニンニクのいい香りに包まれながらラーメンへの期待感を高めて、これなら待ち時間も悪くないなと。20分もせず店内へ案内され、チョイスした味噌チャーシュー麺がきました。 ラーメンはボクシングならハードパンチャーみたいな感じ?ガツンとニンニク、ショウガ、味噌、動物系スープ!って感じ。 動物系のスープがガツンと暴れまくる感じは青物横丁のまことやに近いのかなと。 でも、決定的にちがうのは、半端ない量のニンニクとショウガがある点ですね。 このお陰でカレーにも通じるようなスパイシーさと酸味が効いていて、スープは動物的な野生みが香りと酸味の中に閉じ込められて凝縮されたように感じました。 麺も黄色い中華ちぢれ麺がまたスープに合う。 チャーシューも分厚くて美味しい。 最近醤油ベースシンプル系のラーメンをよく食べていたけど、こういうガツンと右ストレート系のラーメンもいい!

8

鳥のかけ橋

店舗情報

東京都

焼き鳥

Takaya  Asai

神田の焼き鳥屋さん、土日もやってるということで使わせてもらいました。 一品から串まで色々と楽しませてもらいましたが、あまりにも美味しすぎて、ワインが合いそうな雰囲気で赤と泡2本ボトルで空けてしまいました。 合鴨の一品や串は臭みもなく、炭火の香ばしさと赤ワインがベットマッチでした。 コスパもアクセスも最高で、再訪させてもらいます!

9

amam dacotan

店舗情報

福岡県

パン屋

Takaya  Asai

平日朝9時40分ごろに来ましたが、前に1組いるだけで2番手で待てました! 開店の頃には10組ほど。一度に7人までしか入れない(コロナ対策)なので注意です。 なんというか、パン種類の多さとサンドイッチの色鮮やかさで、テーマパークみたいに目移りしてしまいました。開店直後で準備万端の店内の写真が撮れたので、尚のことその様子が伝わるかと思いますが、パン屋の店内で人生初ワクワクしました。 もちろん味も一級でした。文句なしのベスト入りです!

10

水たき 長野

店舗情報

福岡県

水炊き

Takaya  Asai

親戚が絶対に美味しいというので連れて行っていただきました! 座敷で鍋をつつくのが久しぶりで、しかもそれが福岡で水炊きを食べられるなんて最高です。 先づけの鶏ハムがいきなり最高でビールが進みました。水炊きもさっぱりしてて食べやすいし、薬味も豊富で最後の雑炊までペロリでした! 紛れもない名店です。また来たい!!!