木下 敏明

木下 敏明

蕎麦が好き。

  • 1079投稿
  • 621フォロー
  • 324フォロワー

好きなジャンル

  • 海鮮料理
  • 和食
  • とんかつ
  • ステーキ

MY BEST

  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
木下 敏明

木下 敏明

excellent

渋谷駅

ハンバーガー

 ここのハンバーガーは、今まで色々食べてきましたがその中でも一番旨いバーガーでした。  肉の旨さが、バンズと野菜全体の味と調和し一口食べると口一杯に広がることです。肉を見たら赤身が残っていたので、会計の時に肉は牛肉100%と聞いたらそうですと言う答えでした。それにしては良くあるボロボロだったり、肉そのものの味がたっている訳ではなく旨い。  ピクルスもコルニッションタイプで、ポテトフライも厚みがあり好きなタイプです  注文時、ドリンクはと聞かれ、看板に元いた会社のライバル会社だったので思わず要りませんと答えましたが、これにギンギンに冷えたコークがあったらさぞかし旨かったことか。  Paypay 支払いで1650円 ご馳走さまでした

木下 敏明

木下 敏明

good

 こんな場所にラーメン屋さんがあるとは思いませんでした。期間限定で、鷄焼き専門店が渾身のちからで平日の昼特別に開店した店です。隣は居酒屋の博多Tetsuji さんで、ランチにつけ麺をしてました。  室内は夜はとりやき酒場 鶏ん家 博多駅前店になるので、そのまま使ってます。     入り口の食券機で、塩ラーメン全てのせの特製を注文。鶏肉は地産の華味鷄を使ってます  カウンター席に通され、塩ラーメンが着丼。確かに煮卵、海苔、鶏肉ミンチのワンタン、低温調理の胸肉や炙ったもも肉のチャーシューも華味鳥を使用  麺は細麺で、スープは塩味もきつくなく鷄の旨味で食べさせる鷄そばに近い味でした。  私はもう少し塩味がほしかったのですか、鷄の旨味がよくでており旨かったです。  現金払いで1280円 ご馳走さまでした

木下 敏明

木下 敏明

excellent

渡辺通駅

割烹・小料理屋

 飲みに行ったことがありますがランチ営業にはいるのは二度目ぐらいです。  チャーハン定食が目にはいり、カウンター席で注文。  出てきたのは博多の一口餃子八個とチャーハンのミニ?でした。  チャーハン定食なのでチャーハンがメインでと思いましたが、昨今ね事情からかな  チャーハンは濃い味ひの焼き飯ですが、中華の味も入っており好きな味です。  餃子は一口ですが、なかなか餡がしっかりして主張し旨かったです。  現金払いで800円 ご馳走さまでした。

木下 敏明

木下 敏明

excellent

薬院駅

サンドイッチ

 雨の降る日曜日なのに、入り口が分からず右往左往していたら、もう列ができてました。  理由はハングルを話すお客さんか多かったのと、ワンマンで発注都度作っているので時間がかかります。  結局買えたのは40分後でした。  お目当てのBAGELは、ラムレーズン等5種類のクリームチーズからハーフアンドハーフにもできるクリームチーズと、エッグ、サーモン、フルーツ、あんバター等。そしてBAGELの種類がプレインから、全扮、クルミ、シナモン等とショーケースに入っているのは、プレーンだけなので、注文の度に作ってました。  私はプレーンのツナとサーモンを注文し直ぐに買えました。これ以上待てないのもありましたが。  家に帰って、お手製のフレンチトーストこ珈琲で食べましたか、BAGELは日本人このみのモチモチタイプ、少し表面をトンスターで焼きましたがその方が私には旨かったです。  特筆すべきは具のツナの量。多分良くあるツナのBAGELサンドの倍はありました。しかもオリーブの実がアクセントに結構入ってます。  サーモンも同様でサーモンの切り身とアボカドがたっぷり入ってます。  Paypay 支払いで960円 豪華な日曜のモーニングがいただけました。

木下 敏明

木下 敏明

excellent

渡辺通駅

炭火焼き

 サルー祭で久留米に住む同僚から骨付きかルビは久留米のB級グルメで旨いでよ。久留米はブリジストンを始めゴム工場が多く、その会社勤めの人にたいして、捨てるような肉の部位を工夫して帰り道に寄れる安い店を始めたのがB級グルメの始まりだとか。この店のオーナーはやはり久留米から来てました。  今日は久留米のB級グルメに詳しいさっきの同僚を含め3人で行きました、  ここは十分に焼きをいれるため結構一品一品時間がかかりました、  骨付きかルビ肉は2人前を三人で分けてちょうど良いぐらい。タレは店の秘伝のタレで、カルビと称してますが、豚バラ肉の骨の回りです。尚この店お薦めなのが卵骨付きかルビ、ダルム、クッパ、これは外せない三大だそうです。  次にダルム、久留米医科大の学生がドイツ語からとった豚の内蔵です。これが外はパリパリで、中は柔らかく絶品でした。  最後にクッパ。椎茸のエキスが効いてて、あっさり目だけど辛みもあって旨い。 その他久留米の同僚が選んだのは、センポコバターソティー、軟骨煮込み、馬ハツの炭火焼きです。どれも初めて食べるものでしたが旨かったです。  現金払いで4500円 ご馳走さまでした。 本場久留米に比べ博多のこの店は、上品でお洒落な雰囲気でした。