Miki.H

Miki.Hさんの My best 2022

シェアする

  • facebook
1

北海道

居酒屋

Miki.H

かれこれ1年前の話になってしまった。 年末に北海道で入った居酒屋さんが超アタリだったのだが、お店の名前を忘れてしまい、大慌てでSNSを遡って無事発見。 北海道は狸小路の瑠玖&魚平さん。 普段私は呑めないタチなので、旦那(呑める)がいるとこういうお店に入れるのが結婚してラッキーだったと思うところ。 そしてこの旦那、美味い店にめっぽう鼻がきくのである。 今回のこのお店も狸小路をぶらぶらしていた時に、お店の暖簾がいい感じだということで入ることに。 既に席はいっぱいで2階、相席へ。 オーダーの前にお通しがあるが、ここの神システムは無料のサラダバー&あら汁があること。 無料だからと言って具は控えめなことはない。 …寧ろメインに辿り着く前にお腹いっぱいになるのでは?と思うほど。 サラダバーとあら汁に興奮してうっかり忘れていたが、いくら丼が食べたいのであった。本題を忘れていた。 いくら丼¥1,000 コレ、何かの見間違いですか?と思うほど、 ツヤツヤ、美しいいくら丼。 こんなん食べる前から結果はわかってます。 ふわふわアツアツのごはんと、きちんと味付けされたつるんとタップリのイクラ、 マリアージュでしかない。 1年も前の話なので、現在は価格は上がっていると思うが、それでも安く感じると思う。 何なら1年前はサケが不漁で、イクラも同様、鱒で代用しようかというご時世なのにこのお値段で提供できる神っぷり。不要不急が〜と言われていても来たくなる気持ち、分かるなぁ お刺身も分厚いし、美味しいザンギもあって… 「今まで食べてきたイクラって何だったんだろう…」と思うほどイクラに全て持っていかれたため写真を撮れずに終わってしまった。 今考えるとかなりもったいなかったな… それはそうと、本当はベストに入れたいのだが、しれっと今年のベストに入れても良いのだろうか。 本当は去年するべきだったのだが笑

2

香川県

居酒屋

Miki.H

丸亀夜の隠れた名店・藤ちゃん。 古き良き昭和の名残を残す、予約の取れないお店。 実は行ったのがかれこれ年明け頃。 それでもインパクトの残っているこのお店! 夜、丸亀駅から港の方面へ歩くこと数分。 静かな住宅地で、(ホンマにここらへんにあるんか⁇( ゚д゚))と思うほど。 そんな中ポツリと佇むこちらのお店。 何年もこの地で営んできた貫禄を感じる…! 中は半分カウンター席、半分は座敷席(個室ではない) お店の中も年季の入ったいい居酒屋さん、という感じです(*゚∀゚*) カウンターのおばんざいとか色々あるけど、まずはマグロのお刺身を。 これが頼んで大正解…!! マグロって太平洋のような大きい海に面した土地の方が美味しいので、瀬戸内海側は若干得意な魚ではないのですが、 香川でこのレベルのマグロが食べられるとは…!(*゚∀゚*)と感動。 定番の骨付鳥はアツアツ、スパイシーながらもジューシー、しかも一口サイズにカットしてくれている所が嬉しい(*≧∀≦*) おにぎりも頼んでタレにつけて食べました…絶品(*´◒`*)つぎ骨付鳥食べるならまたここでたべる… 箸休めで頼んだ小松菜のお浸しも上品でサッパリする… 鳥のお汁も出汁が効いててもうこれはリピートするしかないやつ_(:3 」∠)_ 最高の隠れ名店でした(*≧∀≦*) ◎メモ◎ 住宅地の中にポツンとひっそりと佇んでいるけれど、次から次へと人が来るのですぐいっぱいになります。 ★お店の座席数や、家族で営まれているため早々にキャパオーバーで断られること多し。また、不定休のため電話☎︎等で空席確認必須 アクセスはJR丸亀駅から歩いて行ける距離のため徒歩推奨。 駐車場があるか不明なので、車で来る方は丸亀市市営の福島駐車場が近いかな?という感じ。 けど呑みたい人が多いと思うので車以外がオススメです◎

3

北海道

カフェ

Miki.H

北海道屈指のカフェで味わうパウダースノーのようなフロマージュ* 2022.1、美味しいグルメと雪を体験しに北海道へ✈︎ 事前に観光雑誌やsnsで調べて気になっていた「森彦」さんへ。 円山公園に行く手間、道を少しそれた住宅街の中にあります(細めの道で、冬は雪で道路標識が見えないので車に注意) 掻き分けられた雪の中に佇む雰囲気のある木造二階建て。 戸を開けると風除室のような空間があり、更に扉を開けて中に。 扉が二つある所が雪国らしい。 中は暖房と木の暖かさが身に沁みる…! 落ち着いた暗さの素敵なカウンター席で注文。 ・ガトーフロマージュ ・スノーホワイト(コーヒー) …私は今、北海道を味わっているΣ(-᷅_-᷄๑)‼︎ ガトーフロマージュの衝撃たるや。 一口口に入れるとさらさら溶ける、まるで北海道の雪のような食感。 しっとりしたものや、ふわふわしたものを食べたことがあるのですが、しっとりめではあるけれども、さらさらと軽く溶けていく感触は初めて。 けれど切ってもボロっと崩れないのは、シットリしているからか…不思議な食感。 食べ物と気候は相関関係あるのかしら(*_*) 森彦はコーヒーの有名なお店なので、コーヒーをついでに一杯。ただ、私の場合お腹を壊すリスクもあるので甘めのコーヒーを。(外も寒いしね(TT)) スノーホワイトはアーモンドの香り漂う甘いコーヒー。猫舌なので熱さに苦戦しつつも、こちらも美味しく完食✨ 日中でも凍れる寒さの北海道で、ほっこり暖かな時間を過ごせました(*´∀`*)

4

香川県

魚介・海鮮料理

Miki.H

ごきげんな大将が営むコスパ最強のマグロのお店! 香川県の瀬戸大橋のお膝元・宇多津町で今1番バズっているお店が「マグロ食堂 てん」さん。 Instagramで情報をゲットして早速Go! 夜6時過ぎに伺いましたが、既に満席… 大将「今日はもうキハダ(マグロ)ないよ!本マグロだけだよ!」 と開口一番に言われましたが、美味しいマグロが食べたかった私には特に問題ナシ✨ 海鮮丼(本来はキハダと半々)と握り(これも本来はキハダと半々)を注文。 …めっちゃ美しすぎる!! こう、肉厚でツヤのあるマグロなんて美味しいに決まってる!!絶対うまいやつ!! 勿論美味しい。 美味しい以外に語彙が出てこない。 旦那が頼んだお寿司を少しお裾分けにいただきましたが、とろける…本マグロの握り12巻なんて最高じゃない? そしてお会計の時、回るお寿司屋さんと(本マグロの特別価格のやつ)値段がそんなに変わらなくて白目剥きました( ゚д゚) もう少しお金を取るよう価格設定しても良いのでは…? この日もかなり人気で、本来は8時までなのですが、本マグロ自体もなくなってしまったようで、7時には大将がお断りをしておりました…予想以上にギリギリセーフだった:(;゙゚'ω゚'): ◎アクセスは車推奨(おか泉の近く) ◎人気すぎてネタ切れて閉店が早くなることが多いので注意。お早めに ◎海鮮丼は酢飯、甘味がしっかりしてるので苦手な人はお刺身定食(白飯か酢飯か選択できる)がオススメ

Miki.H

「自然との共生と調和」がテーマの複合施設* 自家焙煎のコーヒーや農家さんの野菜で作ったランチ、beans to barのチョコレートetcが田んぼの中の大きな建物の中にギュッと詰まってます✨ 軽く食べたかったのでランチの気分で来店。 ランチは ・カレー2種 ・ホットサンド2種より選択。 ※これとは別にお惣菜ランチがありますが、3日前から予約必須 ちょっとヘルシーに 鶏ハムとキャロットラペのホットサンド¥1,200 を注文。 待ちの間に店内をぐるぐる、ぶらぶらできるのがいいところ✨ 待ちに待ったランチはアイアンのバスケットにて提供。 外も色んな所があるので、持ち運びに便利ということなのね(´⊙ω⊙`)と感心。 肝心の内容は パン部分は薄くカリッカリ✨ キャロットラペは優しくサッパリして美味(о´∀`о) 特に美味しかったのがカボチャのスープ✨ かぼちゃそのものの甘みのみの濃厚なスープで、単品でも欲しくなる程(*゚▽゚*) ランチも満足しましたが、コーヒーとチョコもすごかった…‼︎ コーヒーを飲んだ母曰く 「いつもミルクを入れるけど、何も入れなくても飲める」 と目を見開いてました。 母は毎日コーヒーを数杯飲まないと気が済まない人なので、美味しさの説得力がめちゃくちゃある…‼︎( ゚д゚)ヤッパチガウゼ… チョコはお試しでお店の方に頂きましたが、こちらも濃厚で美味しい(*´◒`*) お土産としてチョコのスイーツを渡した旦那からも大好評だったので、次回はスイーツを堪能したいです♡ ◎アクセス 車必須、推奨は軽自動車 まんのう公園やレオマワールドがあるような場所なので香川県の中でも少し奥まった場所にあります。道中はそれなりに余裕のある道ですが、最後に山手側に登っていく時は田舎道のため、軽自動車でも対向車があると厳しい。 ◎その他 定期的にワークショップ(例:稲etc農業的な体験、バリスタ体験といった食に関するもの)を開催しています。興味のある方は調べて申し込んでみても良いと思われます