HIDENORI HASEGAWA

HIDENORI HASEGAWA さんの My best 2024

シェアする

  • facebook
1

埼玉県

ラーメン

HIDENORI HASEGAWA

【 悲報 : 卓上のラー油の壺をぶちまかす 】 3ヶ月に一度の浦和のクリニックでの診察を終え、ランチで訪問したのは『娘娘(にゃんにゃん)』。 “埼玉のソウルフード”とも呼ばれる、《 スタミナラーメン 》で有名なお店。 カウンター席に座り、卓上にあるラー油の壺を棚に戻す際に、悲劇が…。 (完全に言い訳ですが)壺に付いていた油で手が滑り、カウンターにラー油をぶちまけてしまいました… 直ぐに女性の店員さんが飛んできてくれて、事なきを得たかなぁと思いつつ、右隣を見てみたら… 何と、隣の大学生くらいの若者のパーカーに、飛び火しているではないですか⁉️ 「ごめん、ホントごめん」と謝ると、その若者は「大丈夫です!」と言ってくれました。 その後、片付けもあったので、私は別の席に移動したのですが、せめてクリーニング代は渡したいと思って、女性店員さんに声掛けしたところ、「お店の方からクリーニング代を出します」というまさかの返答。 「私が負担する」と言っても、「お店の決まりですから」と返されてしまいます。 ならばと、もう一度、その若者のところに行き、謝罪しつつ、「クリーニング代はお店が出してくれるということなので、今日の食事代は私に出させて」と言って無理矢理に渡しました。 食事を終えて、あらためて女性店員さんに謝罪し、退店しようとしたところ、店長がわざわざ出てきて… 既に退店していた若者から「逆にご馳走になってしまってありがとうございます、と言付けを預かっております」と伝えられました。 何てステキな若者なんでしょう! そして、何てステキなお店なんでしょう! やらかしたのは私ですし、場面によってはモメるケースだとも思うのですが、こんなステキな結末になるとは夢にも思いませんでした。

2

北海道

魚介・海鮮料理

HIDENORI HASEGAWA

【 問答無用、うに丼ダァ‼️ 】 家族旅行で、函館へ。 ランチは、事前に『うにむらかみ』さんを予約。 《 無添加生うに丼 》¥7,260-税込 《 うにイクラ丼 》¥5,940-税込 《 三色丼 》¥5,060-税込 約10年前に札幌店で食べた時の、ほぼ2倍の価格。 しかし、物価高・気象の変化による漁獲量の減少等を鑑みれば、受任するしかないです。 それよりも、ミョウバン不使用の無添加生うに一箱(80g)がのった丼ぶりを、かき込むことができる喜びの方が、断然に上回りました! 丼ぶりは、写真で観ると小さく感じますが、決してそんなことはなく、満足感は充分。 インバウンド等で混んでいたらイヤだなと思っていましたが、シーズンオフの平日だったからか、落ち着いてゆっくり食事できました。 これから、また値上げがあるかもしれませんので、早く食べた者勝ちかと思います。

3

北海道

居酒屋

HIDENORI HASEGAWA

【 函館の海の幸を水槽からダイレクトに 】 24年3月末の家族旅行、ディナー時に予約して訪問。 函館市場の入口(海側)にある大箱の居酒屋さんで、店内外には大きな水槽がズラリ。 お昼に[ウニ]を食し、翌日朝はホテルで[イクラ]が待っていますので、ここでは[活イカ]を中心に組み立てました。 水槽から掬い上げられたヤリイカは、時価でしたが¥3,000-程度とリーズナブル! 刺身と天ぷらをたらふく頂きました。 その他、タラバガニや刺盛りなどを注文、ビールも結構飲んだつもりですが、家族4人で¥17,000-程度。 お昼より安く済んでしまいました(笑) 閑散期だったからか、インバウンドも少なく、料金もリーズナブルで、大満足でした。