Yukiko Takayanagi

Yukiko Takayanagi

都立井草高校→関西大学社会学部卒。フリーランスライター、フードコーディネーター。趣味=街歩き、くっちゃべりー麺類、パン、ノスタルジックカフェ、和菓子大好きー 氷上の格闘技観戦。コミカフェの立ち上げ希望。呟いてます。→https://twitter.com/#!/tafroppongi

  • 13投稿
  • 6フォロー
  • 8フォロワー
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Yukiko Takayanagi

Yukiko Takayanagi

good

八 東京 三田田町店

店舗情報

三田(東京)駅

居酒屋

気軽に餃子とビール、一品料理をつまめるお店。2・3Fの店内は清潔な印象。餃子は「しそ」「黒豚一口」「海老」の焼き餃子。1皿5個。食べる辣油をたっぷり絡めて。さっぱり風味の「ピータン豆腐」、続いてぷっくら姿の「揚げワンタン」、ボリューミーな「ニラ玉」も合わせて。お店の陸さんは流暢な日本語で、笑顔の対応。コスパ優秀な使い勝手の良いお店です。

Yukiko Takayanagi

Yukiko Takayanagi

excellent

YEBISU BAR 霞が関コモンゲート店

店舗情報

虎ノ門駅

ダイニングバー

 霞ヶ関ビルのど真ん中、予約なしで行ったので、かろうじてカウンター席をゲット。が、大正解。サーバーから泡をグングン出して、もったいないほど下の容器に落として完成させる1杯を、何度も見ることができた。ビールは捨ててないので、多分ビール煮とかに使ってるのかな?  まずは基本の「エビスビール」で乾杯。泡がま〜〜ったく ちゃうちゃう、うま〜い!アルコール度5%が喉を潤す。ビールってこんなに美味しいんだ〜、と誰もが納得できる店。  あては旬の「アジのカルパッチョ」生姜ドレッシングが絡まってる。「磯の香りの和風サラダ」ノンオイルでヘルシー。トッピングの海苔がいい味出してくれてる。ビールのアンコールは「エビスマイスター」研ぎ澄まされたコクとふくよかな薫りってメニューに記載されてる。次は交互に同時に飲み比べてみたい。確かに美味しかったけどね。  チェダー、ブルーチーズ、スモークカマンベール、ペッパーチーズ「4種チーズの盛合せ」「YEBISU BARのおつまみ牛ヒレステーキ」も、ヒレだから苦手な脂身がなくてパクパク、グビグビ。サラリーマン氏の聖地だから、土日祝がお休みの店。

Yukiko Takayanagi

Yukiko Takayanagi

good

ピッツァ サルヴァトーレ クオモ 西麻布

店舗情報

広尾駅

ピザ

ディナーで行ってみた。広尾から西麻布へ抜ける地中海通り沿い。バジリコの葉っぱとレモンたっぷりの「シトラスバジーリコ」(630円)と白ワイン+ソーダの「アペロールスピリッツ」 (530円)で乾杯。本日のおすすめから「しらすとチーズのパリパリ焼き」(480円)をポリポリ。ついでに「ポテトフリット(580円)も。「海老とズッキーニのクリームピッツア」( S1500円)はとろけるクリームが絶妙です。もちろん、ピッツァお替わりくん。「夏野菜とナポリサラミのピリ辛ピッツァ」( S1610円)はズッキーニ、茄子、しし唐入りだけど、ホントにピリ辛程度。野菜も必要だから「生ハムとアボカドのサラダ」(980円)。女子2名 軽くクリアーのボリュームで、満足した夜でございました。

Yukiko Takayanagi

Yukiko Takayanagi

good

楠公レストハウス 皇居外苑

店舗情報

日比谷駅

和食

 いざ江戸へ! 皇居、楠木正成の銅像が立つ、二重橋前 丸の内駅(って駅名変わってるわ)近くの「楠公(なんこう)レストハウス」。団体で行くと予約できる「江戸エコ行楽重」がおすすめ。豆腐百珍で有名な5色の田楽 (ねり梅、白味噌、青菜、ウニ、黒胡麻)や、芝海老の天ぷら、御紋入りのカステラ卵など、江戸のお味にタイムスリップ。ご飯はたこめし。参の重で1700円(税別)なり。かなり いけてるお味です。菊の御紋のお箸は持ち帰れます。 別腹は、レストハウス脇にある売店でソフト。銀座のハチミツをコーティングしたやつ(右)と、フツーのバニラ。抹茶やチョコもあった。  皇居の散策も楽しいけど、こんな近くに美味しい店があるって知らなかった。行楽弁当以外にも、定食のラインナップも豊富でした。

Yukiko Takayanagi

Yukiko Takayanagi

excellent

レストラン ヴォワ・ラクテ

店舗情報

神谷町駅

フランス料理

 ホテルオークラの前、江戸見坂と霊南坂の間にある、素敵な菊池寛実記念智美術館に併設されているレストラン。戦後の日本の三大億万長者の一人、炭鉱王の菊池寛実氏の三女、智さんが現代陶芸のコレクターで、それらを公開するための美術館で、緑のお庭を眺めながらの、本格フレンチをいただける。ディナーは要予約。  ランチにお邪魔した。ポタージュスープの後にメイン。「ホタテ貝のポワレ」は、ゴロンと食べ応え充分なホタテが3つほど。たっぷり野菜と、丁寧に作られたソースをからめて。3人3様、肉好きの一人は「仔羊のソテー」「本日のお魚料理」をチョイスしたもう1人は「カジキのグリル」。バゲットでお皿のソースまで、綺麗に頂いた。伺った水曜は「レディースデー」。ハーブティーのティーバッグがプレゼントされる。  2回目訪問は、日替りの「ヴォアラクテランチ」2300円(税サ込)を。白味魚、ホタテ、海老を卵白と生クリームでふんわりまとめ、キャベツにくるんだ逸品。やはりソースが美味しくて、バゲットをお替わりして、お皿を綺麗にしましたよ。ちなみに店名は「天の川」の意味。店内の天井を忘れずに観て見ましょう。ディナーではライトアップされるそう。なお、美術館に入館しなくても お食事は可能です。かなり おすすめでございます。https://www.res-voielactee.com