strippoker0926

strippoker0926さんのMy best 2021

シェアする

  • facebook
1

大阪府

フランス料理

strippoker0926

泉佐野、辻調を卒業後フランスの一つ星での修行から東京・大阪のレストラン、リッツはラベを経て独立オープンされた青木シェフのフレンチ・ビストロ。 駅からすぐで伺いやすい。 オープンキッチンだけど、カウンター席はなくテーブル席のみ。ナチュラルでおしゃれな空間。 ランチは¥3100.4400.3日前までの要予約8800、ディナーは基本アラカルトでコースの場合は5日前までの要予約¥8800.11000.16500、飲み放題付きのパーティープランなどもあります。 ランチコース¥4400(税込) ■食前のお愉しみ *ホタテのヴィスキュイとスモークサーモン *お肉のリエット *ホワイトコーンとチョリソー ■戻り鰹の炙り ラビゴットソース ■バタースカッシュとさつまいものスープ ■ホウボウのポワレ 日本酒とバターのソース ■牛肉のロースト ■モンブラン ■コーヒーまたは紅茶 ■小菓子 まず最初に3品。 リエットは臭みなくておいしいし、甘いコーンにチョリソーの塩味・旨味が良い。 前菜は鰹の炙り。ラビゴットソースの優しい酸味が絶妙で、長芋のエチュベやトマトと生姜のメレンゲと共に。 バタースカッシュとさつまいものポタージュはとにかく素材の持つ甘さが印象的で、ピスタチオの食感も良いし、バターのコク、でも優しい味。 お魚はホウボウ、皮目はパリッと身はふわふわの絶妙な火入れ加減。一見重そうなソースもちょうど良い。麦みたいのもおいしい。 お肉料理は鹿肉と牛肉から選びます。このコース金額で牛肉のメイン、コスパいいなぁ。。ソースも重すぎず良いです。 デザートはモンブランで、プラリネのビスキュイにヌガーグラッセ、ブルーベリーのコンフィチュール、キャラメル風味の栗のクリーム。甘すぎずおいしい。 全部、とっても美味しかった♡ 最近ありがちな野菜のソースとかじゃなくてバターも使ってんだけど、重くない。 凝りすぎず抜群の味付け、火入れ加減、複雑すぎないシンプルな組み合わせにさすがの力量を感じる。 器も素敵だったなぁ。 ひとりでも気兼ねなく予約できます。 カジュアルにビストロ利用もできるし、本格的なコース料理も堪能できます。 なかなか来る機会ない場所だけど、また是非伺いたい♡ #ランチ #フレンチ

strippoker0926

福島、オテル・ドゥ・ミクニからのアメリカ・イギリス・ドイツ・イタリアなど海外で20年、中でもベストレストラン4位に選ばれたシドニーのテツヤズが長く、料理長を務められた長峯シェフのフレンチ店。 ずっと伺いたくてやっと行けた。 奥様も国際大会で賞を獲られたほどのパティシエでおふたりのイニシャルからとった店名。 入ってすぐにパティスリーがあり、奥にL字のシェフズカウンター。 完全予約制でディナーはおまかせ¥11000、来年から¥12100になります。 ランチはディナーメニューで受けられてるそう。 ディナーコース¥11000(税込) ■ポトフ ■アオリイカ ラッキョ・香草・トマト ■鯖 ルージア キャビア ■フォアグラ ■本日のお魚 ■仔鴨 ディアブル ■デザート ■コーヒー、紅茶、ハーブティー ■上菓子 いつも最初にキャラメルポップコーンを出されてるそうですが、寒くなってきたのもあり仔牛のポトフを。これがまた仔牛の出汁がほっこり染み渡る。 鳥取県産アオリイカの中には海老、そしてイタリア産のキャビアにディルがあしらわれて爽やかな香り。 鳥取産の鯖を〆て、ホワイトバルサミコと穀物酢にビーツなどをあしらって。 西京味噌でマリネしたフォワグラは醤油のソース、和風に仕立てたフォアグラは絶品でした。 本日の魚はマトウダイやったかな?失念。海老の出汁にほうれん草などをあわせたソース。透き通るお魚の美しいこと。そしてこのソースの色から想像できない甲殻類の旨味がつまったソース。 メインは鴨。この王道的なソースがいいなぁ。 デザート2種。特にチョコレートのアイスがめっちゃ美味♡砂糖は使ってないそうですが、控えめで絶妙な加減とチョコレートの美味しさを堪能。 軽やかなお料理でした。 お料理はその日によって。だそうです。 すごく丁寧に説明くださったのですが、最初頑張って覚えてたけど、食材や調味料が他種にわたり覚えられない。 イタリアンのご経験もあるそうでパスタはもちろん、テツヤズのスペシャリテなどもリクエストすれば応じてくださるよう。 海外の食材やこだわりの鳥取産の食材をふんだんに使われ、醤油や西京味噌、酒粕など和の調味料、その組み合わせは無限で自由自在に操るシェフにさすがの力量を感じる。 色んなエッセンスを加えつつもまとまっていて、どのお料理も「おいしい」♡ 物腰柔らで穏やかなシェフは海外での色んなお話をしてくださいました。 パティスリーの営業は金・土のみ。 ゆかりのない大阪にお店を構えたのは奥様が東京を敬遠され、必然的に大阪になったとのこと。 嬉しいなぁ。 また伺います。 #ランチ #フレンチ

3

大阪府

寿司

strippoker0926

北新地、久兵衛出身の大将が営む鮨屋。 銀座久兵衛で17年、帝国ホテル大阪の久兵衛で料理長として18年、あわせて35年も久兵衛でつとめられた大将は物腰が柔らかく気さくな方でした。 以前本町にお店を構えてたときから伺いたかったのですが、なかなか機会がなく。 現在は北新地に移られてます。 カウンター8席。 ディナーのみの営業で¥12000.16500となります。 コース¥12000(税抜き) ■ホタルイカ ■ヒラメ ■焼きはまぐり ■中トロ大根 ■生とり貝 ■帆立貝の大葉巻き ■具なしの茶碗蒸し ■鮨 *とろ *ハリイカ ■ごぼうの浅漬け、茄子の浅漬け *北海道の馬糞ウニ *サヨリ *赤貝 *ネギトロ *車海老 *穴子 *玉子 ■ネギマ *とろたく ■なめこ豆腐のお味噌汁 *玉子と干瓢の巻物 まずガリとワカメ、ワカメ用のポン酢を置いてくださいます。 このワカメもいい箸休め。 最初に出てきたホタルイカは菜の花と共に酢味噌和えで。この酢味噌、マイルドなお味付けですごく美味しい。 ヒラメは醤油で味をつけ、芽ねぎを巻いてます。風味良いなぁ。 続いて焼きハマグリ。当然日本酒が進むやつ。 中トロは大根おろしを巻いていて、共に口の中で溶けますが中トロの脂を大根おろしがあっさりと流してくれます。 生とり貝は山葵と塩、もひとつはわさび醤油で頂きましたが、わさび醤油で食べた方が好みでした。 ほくほくに焼いた肉厚のホタテは大葉と海苔で巻いたもの、こちらはほっこり優しいお味。 具なしの茶碗蒸しには梅干しでアクセント。柚子が効いてます。 ここからにぎりが始まり、とろけるトロ、ハリイカはしっかりめの塩加減に軽くスダチ。 と、ここで箸休め的なごぼうとナスの浅漬けが。 続いて北海道の馬糞ウニ、生姜しっかりめのサヨリ、赤貝、海苔なしのネギトロはダイレクトにおいしさが伝わる。 車海老は塩で、穴子は塩とタレの2種。ふわふわとろける、大好き。 アテで玉子をもらい、細巻はとろたくをリクエスト。 そこから焼いたマグロにネギを刺した本来のネギマと海苔巻きも御相伴にあずかりました。 シンプルに絶妙な手を加えられたアテの数々、嬉しいです。 とにかく全部。とても美味しかったです。それが全て。 小さめのシャリはネタと共に口の中でほろりと。幸せ。 素材の質はもちろんのこと、シンプルながらに熟練の職人技、素敵なひとときが過ごせました。 日本酒は1500円〜数種。 それにしても。まつむらさんでも思ったけれど、一流の職人さんは、目配り気配り心配りがすごいなぁ。 この金額で久兵衛仕込みの鮨が頂けるお店、下駄の音も素敵です。 ひとりでも気兼ねなく、お気に入りのお店が増えました。 #鮨

4

大阪府

フランス料理

strippoker0926

北新地、ワインを主役に楽しむカウンターフレンチ。 雑居ビルの3階、L字カウンター7席のこじんまりした店内。 お料理はコース¥14300.17600、も少しライトなコースもあるのかも。洗練されたお料理をつまみながらワインバー的にも利用できると思います。 菅沼シェフはとても物腰柔らかい方で、男性のスタッフとおふたりで切り盛りされてました。 なんとこの地で20年。すごいなー。 コース¥17600(税込) ■なめたけのポタージュ ■前菜 *丹波産黒枝豆のシェリー蒸し *桜海老のグジェール *サワークリームとウニのじゃがいもクレープ *ナツメヤシ・フォアグラ・ピスタチオ ■洋なし ブッラータ ■ブリとトンブリのセビーチェ ■里芋ごはん キャビア添え ■本マグロ赤身のゆっけ ■難波ネギと白子のアヒージョ ■松茸とイカと猪肉の椀もの ■鹿のカツレツ 自家製たるたるソース 天然原木のなめたけにたっぷり削ったパルミジャーノ、そこにアマニオイルを垂らしてます。野性味溢れるナメタケの旨みがしっかり加わったサラッとしたポタージュで、優しくほっこりとおいしい。 梨にとろっとろのブッラータ。 ブリには自家製柚子胡椒と和えたトンブリがたっぷりで、柚子胡椒の風味が良くブリに合う。 そして里芋ごはんにキャビアをたっぷり、別添えのマグロゆっけには白トリュフの香りが爆発。直接食べなくてもゆっけに香りが強くついてる。それぞれを一通り頂いた後、キャビアごはんにトリュフゆっけをのっけて贅沢卵かけご飯に。 白子のアヒージョはパンと。 そして腕ものには松茸、イカ、猪肉が。 メインは牛か鹿とのことでしたので、鹿に。 うすい衣、たまご感強めな自家製たるたるにアンコールペッパーとブリーチーズ。 あのこじんまりしたキッチンでよくこれだけのものが出せるなぁ。。。 ジャンルにとらわれない自由な発想で、"高級"というより"スペシャル"な食材を、シェフの感性でシンプルに滋味深く仕上げておられます。 個性ある洗練された大人のフレンチ。 ワインを数杯頂いて26400円でした。 また軽く飲むにも訪れたい名店です。 #フレンチ

strippoker0926

北新地、数々の名門ホテルで腕を磨いたベテランシェフが作る西洋料理店。 藤本シェフは東京の帝国ホテルやホテルオークラ神戸、ガーデンホテルス関西など30年に渡り経歴を積まれ、天皇の料理番である秋山徳蔵氏が作っていたような、かつて華族や貴族が楽しんだ"西洋料理"を目指し独立されたとのこと。 一昨年あたり現代の場所に移転されたそうですが、カウンター8席、4名テーブル2卓、広くはないけれど窓もあって開放的、ジャズが流れるシックな大人の空間です。 息子さんかな?昼間はおふたりで営業されてましたが、夜はソムリエさんもいらっしゃるそうです。 ランチは洋食ワンプレート¥800(オムライス、自家製カレーライス、ドライカレー、ビーフピラフ、和風魚介ピラフ)などのご飯ものにサラダとスープ。¥200〜400でトッピング(白身魚フライ、チキンカツ、スクランブルエッグ、とんかつ、天然エビフライ)もできます。良心的なお値段。 もちろん西洋料理を謳っておられますのでコース料理も提供されていて(おそらく要予約)、ランチコース¥2500.4500.6200、ディナーはオムライスやナポリタンなどの洋食アラカルトはもちろん、ディナーコース¥5000.8000.10000。(一休予約より) ランチコース¥4500(税込) ■イタリア産生ハムと柿のサラダ ■ミネストローネのグラタン仕立て ■鹿児島産黒毛和牛のロティ ソースボルドー ■ 「ふじもと」特製カレーライス ■バナナのガトーショコラ ■紅茶 最初に出てきた生ハムサラダ、パルメザンチーズにドレッシング、バルサミコ酢かな?新鮮で豪華なサラダ。生ハムの熟成加減、ドレッシングがおいしい。 そして、ミネストローネのグラタンって、、 とろとろ焦げ目が入ったバゲットにチーズの香ばしさとコク。単なるミネストローネじゃなくグラタン仕立てになることで華やかでご馳走になる。 メインは愛媛産鯛のポアレ アクアパッツァ仕立か、特選和牛ステーキから選べます。 鹿児島産黒毛和牛のモモ肉。赤身なので重くなく、食べ応えある食感にこの正統派なソースが良い♡ 付け合わせのシンプルさも王道な感じで良いなぁ。 カレーライスは深いコクあるホテル欧風カレーのそれ。 デザートのガトーショコラはしっとり、軽い。 丁寧に仕込まれたのがひしひしと伝わる、さすがの風格あるお料理はどれも間違いないお味でした。 凝りすぎずシンプルに、素材と確かな経験と惜しみない手間によって作られたお料理。 藤本シェフはとても謙虚なお人柄で、夜のアラカルトメニューも新地価格ではなくリーズナブルな価格帯。 ただランチ時のコースはもちろん、夜はアラカルトでも予約を希望されてました。 仕入れの関係もあり、おいしいものを提供したいというシェフの強い思いで、当日のお昼までとかでもいいのでご連絡頂けたらとおっしゃってました。 ワインと共に軽くつまむもよし、オムライスやナポリタンなどのオーソドックスな大人の洋食を堪能するのももちろん、フレンチとはまた違った古き良き時代の‘西洋料理’のコースもまた頂きたい。 #ランチ #洋食 #西洋料理

6

大阪府

寿司

strippoker0926

北新地、今はなき福喜鮨にて40年以上も務めてらしたベテラン鮨職人が握るお店。 去年の7月にオープン。 コロナ禍で大変だったろうなぁ。 美しい白木のU字カウンター11席、6人テーブルの個室がひとつ。 洗練されててデートにもオススメ。 本来は通しで営業されてるみたい。 ランチは¥2750.5500.8250、ディナーは¥16500。 ほんとは握りのみの¥5500のコースにしようかと思ったけど、値段だけ考えるとランチにしては一見高額ながら鮨含めてお料理も楽しめると思うとリーズナブルやんとその上のコースは予約。 ディナーのつもりで。 鮨の数は同じで(ネタは若干違うのかな?)、お料理が+2品になります。 ランチコース¥8250 ■春野菜の飯蒸し ■焼き筍、焼きアスパラガス ■クレソンの酒粕汁 ■にぎり *淡路島産の鯛 *気仙沼産本マグロの大トロ *熊本産のコハダ *和歌山県産のカンパチ *長崎県産のクエ *湘南の黒ムツ *気仙沼産本マグロの中トロ *愛媛県八幡浜産の白甘鯛 *富山県産の鰆 醤油漬け *千葉県房総産の金目鯛 *大分県産の車海老 *根室産の生ウニ *淡路島産の穴子 *巻物 ■ニッキモチ 最初に出てきた春野菜の飯蒸しはそら豆や菜の花などの春野菜、そこにやさしい餡が。 もちもち、ほっこりあったかくておいしい。 次に焼きタケノコと焼きアスパラガス。 このタケノコのホクホク具合といい、アスパラガスのみずみずしさといい心が豊かになるおいしさ。 素材の良さとシンプルながらも調理の良さが際立つ。 3品めはクレソンたっぷりの酒粕汁。 ここから握り。 事前にシャリの大きさやワサビの量を聞いてくださいます。 江戸前なのでもちろん醤油つけずにそのまま。 全国各地から集められた選りすぐりの豪華なネタと熟練の職人技。 赤酢を使ったシャリは口の中でほろっと崩れます。 穴子は塩とタレの2種。 手渡してくれた巻き物はとろたく。 そしてデザートにはニッキモチ。 ニッキて苦手でしたが、優しい風味と手作りならではのもちもち感。美味。 終始、お客さんの細かいところにも目を配られているところもさすがの余裕。 色々気遣って声をかけてくださいました。 丁寧に仕事された鮨はもちろんのこと、アテの野菜がとにかく美味しかったです。 ランチだと2000円代からメニューがあって、5500円のコースでは小鉢&握りの内容になってますが、鮨だけ堪能するならそちらで十分すぎると思います。 内容考えるとすごくコスパ良し。 あとこちらも昼間からゆったりと上質な鮨を楽しめるのが嬉しい。 あんまりないんですよね。 また伺います。 ---------------- R3.3月、甥っ子連れてランチ再訪。 ランチコース¥5500 ■菜の花の辛子和えと焼き筍 ■にぎり *淡路島産の鯛 *気仙沼産本マグロの大トロ *佐賀県呼子産のヤリイカ *富山県氷見産の寒ブリ *千葉県房総産の金目鯛 *和歌山県産すさみカツオ *長崎県産の黒ムツ *赤出し *和歌山県産のカンパチ *島根県産の赤甘 *佐渡産の鰆の醤油漬け *島根産ののどぐろ *淡路島産の穴子 *淡路島産の穴子 *巻物 この日は小鉢は、タケノコほくほくで菜の花の辛子和えは上品。相変わらずおいしいです。 今回はすぐににぎりのコースを。 カツオとかにのってるネギおろしポン酢も美味しいなぁ。 全体的に美味しかったけれど、トロけるトロとカンパチの歯応え、2品目のワサビとタレで食べる穴子は特にお気に入り。 手渡してくれた巻物はシャキシャキ食感が美味。 覚えててくれて嬉しい。 また伺います。 #ランチ #鮨

7

大阪府

創作料理

strippoker0926

天六、名店カハラで20年も森シェフを支えた小須田シェフが11月に独立オープン。 6番出口からすぐ、路地裏の古民家2階。 この中に入って良いのかな?と悩みながら、右側に入口がありました。 カウンター5席のほんとにこじんまりした店内は不思議な空間。 お料理はおまかせ¥10000のみ、今はインスタなどのSNSで予約を受付されてます。 おまかせコース¥10000 ■大根のスープ ■春鹿 ■卵黄とからすみ ■北海道牡蠣、信州の鞍掛豆のマスタード添え ■吉田牧場カチョカバロの海苔巻き ■モッツァレラ・ディ・ブッファラ ■タラの白子 ■マッシュルーム、カチョカバロ ■ビーフン いくらがけ ■焼きフカヒレ ■大葉のスプラウト ■和牛フィレ肉 ■蟹ごはん ■金柑のコンポート 最初に大根のスープ、シンプルやけど染み渡る。 食前酒として、裏返したライムの皮をおちょこにして春鹿を。 またそちらを器にし、半熟の卵黄にからすみ。なんとも洗練されたひとしな。 北海道産牡蠣と信州の鞍掛豆にはタスマニア産のマスタードと。牡蠣の旨味と出汁が最高。 モッツァレラはシンプルに生胡椒で。うまー。。 カハラさんでも頂いた吉田牧場さんのカチョカバロ、海苔巻きにして頂きます。至福♡ 香ばしく仕上げたタラの白子、こちらもマスタードと生胡椒で。 たっぷりのイクラをトッピングしたビーフン、めっちゃ美味しかったな、ビーフン自体に絶妙な味付けがしてあります。 めっちゃ大きなマッシュルームはソテーにしてカチョカバロをたっぷりと削ってくださいました。旨味が凝縮。 焼いたフカヒレは香ばしく、和な味わい。 箸休めに大葉のスプラウト。 そして低温調理したお肉はあけがらしや山葵、生胡椒と。 ここでごはんが供され、その後たっぷりのセコガニを土鍋の中へイン。 蟹の風味と旨味たっぷりの蟹ご飯。おにぎりにして持たせてくださいました。 そして金柑のコンポートにあったかいお茶でフィニッシュ。 名店のDNAを受け継がれたお料理は和の要素が強く、食材の味が最大限に活かされ、シンプルでいて一本筋があって洗練されてました。 しみじみおいしい。 そして、淡々と話す小須田シェフはとても不思議な存在感。 既に予約困難店ではあると思いますが、是非また伺いたい。 #イノベーティブ

8

大阪府

居酒屋

strippoker0926

上六から鶴橋の途中、お昼から通しで営業されてる割烹店。 席も厨房もゆったり広々としたL字カウンター、奥にはちょっと半個室風なテーブル席がある店内は、明るくて開放的。 以前に鶴橋で、"正義の味方"という焼鳥屋さんをされてた大将が湯布院にある宿の料理長を経て、ホテルフレンチで経験を積まれた義弟さんと切り盛りされてるお店。 なので、割烹だけど洋メニューもあります。 そしてランチメニューはなく、昼からお酒と共に夜のメニューを頂けます。 個人的にすごく重宝するし、最高♡ ■「明石」たこ旨煮¥800 ■「湯布院」クレソンとベーコンのサラダ¥1300 ■卵黄つくね¥500×2 ■下仁田ねぎのアヒージョ¥900 ■かにみそクリームコロッケ¥800 ■エビカツサンド¥1000 ■オムライス デミグラスソース¥1000 メニューはふたりで食べるにちょうど良い量らしいですが、アヒージョ以外はオーダーしたものをそれぞれに盛り付けて提供してくださいました。こういう気遣い、嬉しい。 タコ柔らか♡柚子の風味と辛子がアクセント。 サラダはふたりで分けてこの量!?どの野菜も新鮮さがわかる。シャキシャキ感、ベーコンの旨み、甘いトマト、ドレッシング美味♡ つくねはおっきめ。パン粉?カリカリで、卵黄絡めたらもうたまらんです。これはひとつの値段だったのでふたつオーダー。 アヒージョには小さなパンが添えられていて、かにみそクリームコロッケはトマトソースで。 エビカツサンド、めっちゃ美味。一枚の食パンを半分に切って具材を乗せてパンを重ね6等分に。ぷりっぷりのエビにこのたるたる。。たまらん美味しさ。これ、絶対毎回オーダーしたい。 オムライスはひとつオーダーしたけれど、なんと1人ずつ小さめのサイズで提供。嬉しい。和を感じる渋めのデミグラスソースで大人のオムライス。 全部美味しかったなぁ。もっと他にも色々食べたかった! お店の雰囲気とか素材の良さとか技術とか営業スタイルとか接客とか価格帯とか、色々ツボで居心地良くてリピ確定。 友人は今は飲めないのでノンアルコールビール、わたしはワインや日本酒をそこそこ頂き、ふたりで一万弱。 ゆったり昼間から腰を据えて飲めるのが最高。 次もまた明るい時間に伺いたいと思います。 #ランチ #和食 #洋食

9

大阪府

イタリア料理

strippoker0926

堺東、リーガロイヤルホテルで腕を磨いたシェフが営むカジュアルイタリアン。 住宅街のほうにあるアットホームな雰囲気で、カウンター6席、4名テーブル2卓の明るい店内。 ランチはパスタランチ¥930.前菜ランチ¥1100.前菜+パスタランチ¥1380.ランチコース¥2500.3000(要予約)、カフェタイムもあり、ディナーはアラカルトメインでの提供ですが、いまは火水木はひと組貸切りで¥3500.5000でディナーコースを提供されてるよう。 せっかくなので予約してコースでお願いしました。 ランチコース¥3000(税込) ■前菜盛り合わせ ■じゃがいもポタージュ フォアグラ添え ■きのことポルチーニのクリームパスタ ■鰆のポワレ サザエのレモンバターソース ■カイノミのミラノ風カツレツ ■デザート まず前菜盛り合わせ。パテ、フリッタータ、カルパッチョ、タコのマリネ、キャロットラペ、はまぐり、鶏ハム、生ハムサラダなどなど。どれも丁寧に作られ、オリーブオイルのフルーティーさも際立つ。 素朴なフォカッチャはカリッとふわふわ。 ポタージュにフォアグラって新鮮でしたが、野性味溢れる風味がスープに広がっておいしい。 そしてポルチーニなどのキノコを使ったクリームソース。間違いないおいしさ♡ お魚料理は鰆、身はフワッと皮目は絶妙にパリっと仕上げられサザエ・ドライトマト・ケイパーをあしらったソース、これもめっちゃ好み。 お肉はカツレツでトマトソース。デザートはタルトでした。 このクォリティとお値段で肉も魚もついたコース、めっちゃ満足♡ 堺といえどCPめっちゃ良い。 今回のフルコースは全ておまかせですが、日常使いにちょうど良いパスタランチは常時オイル、トマト、クリーム、今の時期は+料金でグラタンも選択できます。 昼飲みとして、前菜ランチとワインなんかの組み合わせもありだなぁ。 カフェタイムもあるし、スイーツの販売もされてます。 シェフと男性スタッフさん3名で切り盛りされてましたが、シェフは調理だけでなく、料理やドリンクのサーブまでとても気遣いある方でした。 地元ランチの定番になりそう。 ------------ R4.3月ランチ再訪。 前菜ランチにするなら更にパスタもついたBランチが絶対お得。 Bランチ¥1380 ■前菜盛り合わせ ■春キャベツのポタージュ(追加+¥120) ■フォカッチャ、ツナと長芋のピザ ■鶏ミンチとほうれん草のクリームパスタ ■デザート盛り合わせ ■コーヒー、紅茶 ■フォカッチャ(テイクアウト¥300) 前菜にはフリッタータ、キノコや海老のマリネ、スパイス効いたキャロットラペ、カツオのカルパッチョ、カポナータ、バゲットとリエット、パテ、生ハム、鶏ハム、フレッシュサラダと相変わらず豪華。 追加でお願いした日替わりのポタージュは春キャベツ。 そして本日のピザはツナと長芋でカリカリと美味。 パスタはイカとブロッコリーのオイルソース、ベーコンと菜の花のトマトソースなど3種から選択。 クリームソースにしましたがサラッとしたソースで鶏ミンチにケイパーなどが加わり、おいしい。 前菜の豪華さ、ピザもデザートもドリンクもついてこの価格はやはり良心的♡ ------------ R4.3月ランチ再訪。 Bコース¥1380 ■前菜盛り合わせ ■ポタージュ(+120) ■フォカッチャ、生ハムとごぼうピザ ■イカとブロッコリーのオリーブオイルソース ■デザート盛り合わせ ------------ R4.4月ランチ再訪。 Bコース¥1380 ■前菜盛り合わせ ■フォカッチャ、ベーコンと筍のピザ ■鶏もも肉と椎茸のクリームソース ■デザート盛り合わせ ------------ R4.8月ランチ再訪。 Bコース¥1380 ■前菜盛り合わせ ■カリフラワーの冷製ポタージュ(追加+120) ■フォカッチャ、ベーコンとキノコのピザ ■鶏ミンチと白菜のオリーブオイルベース ■デザート盛り合わせ 本日もたっぷりの前菜。 パスタは鶏ミンチがごろごろ、ケイパーが効いてます。 お味はしっかりめ。 トマト、オイル、クリーム、冷製パスタから選択可。 #ランチ #イタリアン