Koji  Sakamaki

Koji Sakamaki

Rettyはラーメン日記にするつもりです。笑

  • 247投稿
  • 173フォロー
  • 38フォロワー
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Koji  Sakamaki

Koji Sakamaki

good

伊勢佐木長者町駅

ラーメン

特製昆布水つけ麺(1,250円)+大盛(100円)。 #TORIKO さんにフラれ、肩を落として伊勢佐木町を歩いていると目に飛び込んできたこちらのお店。 店構えから、いかにも #はやし田 さんグループと分かります。 グループとは公には言っていないようですが、メニューも鴨があったり、金目鯛があったり、マキシマムこいたまごがあったり。笑 昆布水を食べた記憶がなかったので思わずポチり。 麺は加水率高めの中細ストレート麺。 角ばった麺はかなり長め。太さと喉越しが丁度よく、かなり好みの麺でした。 昆布水は粘度低めでサラサラ。ただ味はしっかり付いているので、シンプルに旨みを味わえます。 麺量は大盛のせいか、かなり多め。食べごたえがあります。 ただそのせいで後半つけ汁が冷たくなってしまいます。温め直しができると嬉しいですね。 つけ汁は鴨と丸鶏でかなり上品な味わい。 すっきりしていて、バランス重視の美味しいスープ。 底にはタマネギのミジン、ネギが浮いてるくらい。 具は大判のレアチャーシュー3枚、鶏チャーシュー1枚、これまた長い穂先メンマが2本、三つ葉、味玉。 レアチャーシューはしっとり、絶妙な温度管理で美味しく食べられます。 鶏チャーシューはちょっと小さく、あまり味が分かりづらい。 味玉はマキシマムこいたまごですが、やっぱり冷たいため残念。 調味料はGABANのブラックペッパー、一味、お酢。 割スープは昆布水推奨のようですが、別で頼むとカツオ出汁が出てきます。 これがかなり良かった!昆布水とダブルで割ると旨いスープが完成します。 全体的には、店の雰囲気も接客もさすがはやし田グループ。高級感の中で美味しいラーメンが食べられます。 今回の昆布水つけ麺も美味しかったですが、次回は醤油らぁ麺にしてみようと思います。

Koji  Sakamaki

Koji Sakamaki

excellent

新川崎駅

ラーメン

海老ワンタンメン(1,000円)+濃口(50円)+大盛(50円)。 平日に休みが取れたので、ワンタンを食べようとコチラへ。 さすがに行列もそれほどではなく、20分ほど並んで入店。 スープはいりこベースの優しくコクのある、とても美味しい清湯。醤油の塩味は控えめでいて、しっかりと麺とのバランスが丁度いい。 特徴的な極太自家製麺は相変わらずうまい。噛み締めるほどに小麦の味がしっかりと感じられ、唯一無二の逸品です。 麺の太さが前よりもおとなしくなった? 具はチャーシュー3個、ワンタン4個、ネギ。 シンプルですが、チャーシューは脂が甘く、チャーシュー麺にしたいくらい。 とはいえワンタンは弾ける海老!これもここならではの逸品です。 なぜチャーシューワンタン麺ができないのか…大いなる謎です。 調味料は相変わらずテーブルコショーのみ。 それにしてもエビスの缶ビールが250円とか、コンビニと変わらないじゃないかと、相変わらず商売っ気のないお店。笑 こちらには車じゃないと来れないのですが、いつかここで飲みたいと思います。 店主の人柄も最高でした。 次回は辛口にチャレンジしてみます。 ご馳走さまでした!

Koji  Sakamaki

Koji Sakamaki

good

黄金町駅

ラーメン

叉焼麺(1,100円)+焼き餃子(420円)+雑炊セット(150円)。 久しぶりの訪問。 昼ピークを過ぎていたのですんなりと入れましたが、その後も続々と客足が途絶えないのはさすがです。 スープはクリアな清湯でありながら、しっかり豚骨を感じる、クオリティの高い逸品。 もはや貫禄さえ感じさせます。 麺もこちらならではの細ストレート神麺で、喉越しと歯切れのバランスが秀逸。 麺量が少し少なく感じましたが、今日は雑炊セットを追加したので無問題。笑 具はチャーシューが6枚、メンマ、ネギ。 意外とシンプルでした。チャーシューは肩ロースがホロホロになるまで煮込まれており、これはこれで旨いのですが、ワンタンの感動ほどはなかったかも。 調味料は黒胡椒、お酢。 餃子はビジュアルに圧倒されますが、ほぼ羽根付きの羽根で、食べられるのは半分くらい。笑 でも皮がもちもち、餡もたっぷりでとても美味しい餃子です。 雑炊セットはご飯に角切りチャーシュー、とろろ昆布、柚子胡椒がついています。 鍋のセットじゃないので玉子は付いていません。 シンプルで素直にスープの美味しさを楽しめました。 接客含め、やはりいいお店です。 値上げしたとはいえ、この値段で提供できるのが素晴らしい。 次回はやはり雲呑麺にすると心に決めた日になりました。

Koji  Sakamaki

Koji Sakamaki

good

赤丸1996(1,050円)+替え玉(150円)。 あの銘店をもう一度シリーズで、まさかの一風堂登場。 かつて関東で猛威を奮った一風堂旋風時代の味が蘇るということで訪問。 スープは優しくまろやかで滑らかな豚骨。背脂と赤味噌がこれぞ赤丸、現在のチェーン味とは明らかに異なります。 麺はこれまた現在とは違う、さらに極細、シルキーで滑らか。バリカタにしたこともあり、少しポキりとした食感も楽しめます。 麺量はやはり少なめ。ぺろっといってしまったので思わず替え玉(カタ)を。 具はネギ、キクラゲ、チャーシュー。 チャーシューは分厚く食べ応えがありますが、やはりボリュームがもう少し欲しい。笑 調味料はラー博スタンダードのホワイトペッパー、紅生姜、生ニンニク。 ニンニクはいつもの一風堂と同じくクラッシャーで潰します。 全体的には期間限定だけあって、普通じゃ食べられない味を楽しめます。 手間もかかっているので、通常店で出すのは難しいでしょうね。 レジェンド河原社長にも会え、個人的にも嬉しかったでさ。

Koji  Sakamaki

Koji Sakamaki

good

つけそば中(850円)+葱めし(200円)。 横浜市役所内にある#維新商店 さんの支店。 数多く訪問のチャンスがあったにもかかわらず、なかなかタイミングが合わなかったため来ることが出来なかったお店です。 カウンター席のみだったり、デジタル券売機だったり、ソバポが対象外だったり、その代わりにmostaというポイントアプリ対応だったり、色々違いますが一番はここ限定のつけそばがあるということでしょう。 麺は加水率高めの中細平打ち麺。 これもまた本店とは違います。ツルツルと喉越しがよく、またボリュームもしっかりあって美味しくいくらでも食べられそうな感じなのですが、冷水の締め方が甘く、下の方が若干くっつき気味だったのが残念です。 つけ汁はキリッとした生姜醤油ベース。代名詞ともいえる背脂がたっぷりと浮かんでいます。 つけ汁の中にはその他に葱くらいしかなくシンプルですが、ちょっとしょっぱかった…。 具は麺の上にチャーシュー1枚、長い穂先メンマが2本。 チャーシューも本店と違ってスモーキーさがなく、本店で昔使っていたようなチャーシューだったのが、少し残念。 調味料は胡椒、一味、生姜とラインナップは同じ。ただ生姜は空に近く、水っぽい汁が残っていただけだったので、スタッフオペレーションの問題かもしれません。 葱めしは値段のせいか(本店では150円のイメージ。値上げしたのかも?)量が多く、しっかりした食べ応え。チャーシューも多く満足のサイドメニューです。 スープ割りは熱々の出汁スープが徳利に入って提供。 このスープはやっぱり美味しく、しょっぱかったつけ汁の角が取れて美味しく飲めました。 大好きなお店の支店ということで、期待値を上げすぎていたかもしれませんが、やや物足りない印象。 多店舗経営の難しさを感じてしまいました。 次回はきちんとデフォの中華そばにしてみます。