Hideki Nachi

Hideki Nachi

食事は基本外食。心斎橋→代官山→四谷→神田→新宿と変遷してきた自分のランチスポットや、行く先々で立ち寄ったお店で感じたことを素直に投稿していきます。まぁ、デート向きのお店はほぼ無いと思いますが…。 こちらを通じて、いいご縁があると嬉しいです。

  • 2343投稿
  • 2090フォロー
  • 1994フォロワー

好きなジャンル

  • ハンバーグ
  • 丼もの
  • 洋食
  • 中華
  • ステーキ
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Hideki Nachi

Hideki Nachi

excellent

アクアシティお台場1階フードコートにある中華料理なお店。 先日寄ったリンガーハットでも良かったのだが、新しいことにチャレンジしよう!ということで、こちらに寄ってみることに。注文直前に目に入ってきた、スモールセット(750円税込)を注文。 例によってポケベルみたいのを渡された待つことしばし。平日午後6時半をちょっと過ぎた頃のフードコートで、いっぱい空いている四人掛けのテーブルに座ったところ、すぐにベルが鳴った。スモールセットは、ミニサイズの台湾風挽肉入りラーメンと、シュウマイかチャーハンのいずれかを選べるもので、今回はチャーハンをお願いした。 出来上がったお膳を見ると、割と小さなラーメンのどんぶりが載っているのだが、タンメンの上に挽肉が載ったような形のミニサイズのラーメンは具材もたっぷり入っていて、なかなかどうして、完食すると、かなりお腹がいっぱいになる。なので、値段に釣られたことに、あまり後悔は感じなかった。いいとこ取りが、安価で出来たな、という印象だ。 客の入りを見ていると、意外と集中しているのがこちらのお店で、いいチョイスだったかもしれない、と感じた。

Hideki Nachi

Hideki Nachi

excellent

東京ビッグサイト駅

カフェ

ゆりかもめ東京ビッグサイト駅の北にあるTFTビル(ワンザ有明ベイモール)2階にあるカフェ。 お腹が空いたので朝ごはんを食べよう、とTFTビルに寄ったところ、時間を潰す必要もあるし、トータルに考えて、こちがコスパ良しと思えたので、寄ってみた。店内は自然光を活かした広々としたレイアウト。電話ボックス風の喫煙コーナーもある。 モーニングのメニューは、3種類あって、そのうちのハムチーズトーストセット(税込583円)をホットコーヒーで注文。すぐにコーヒーは提供されたが、料理が届くのには、10分ほど時間がかかったらしいのだが、これは、ゆで卵かヨーグルトを選べるところを、ゆで卵をチョイスしたことに拠ると思われる。 さて、お姉さんが、ゆで卵にお使いくださいと塩を添えながら提供してくれたプレートだが、なかなかに豪華。トーストに載ったチーズが非常に美味で満足度が高い。サラダにはレタスのほか、赤キャベツのザワークラウト様のものが入っていて、ドレッシングも美味しい。さすがお酒を提供してくれるカフェでもあるプロントならではなのかな?と感じた。 朝8時半少し前の店内は結構賑わっていて、グループだと席を見つけづらいかもしれないくらい。駅にも近いし、なかなか良い寛ぎのスペースだな、と感じた。

Hideki Nachi

Hideki Nachi

excellent

ダイバーシティ東京1階フードコートにある伝説のすた丼屋。 定番のすたみな焼き定食を頼むことにしたのだが、なんと価格が960円税込。出世したなぁ、と思いつつ注文を済ませようとすると、お兄さんが肉増ししますか?と聞いてくる。この日は、29日で肉の日だったため、50%増量が無料のサービスが提供されていたわけである。意外とついてるのかな?と思いながら、提案に乗り、増量してもらった。ご飯は大盛りだったのだろうか?後日写真を見てみると、やけに盛りが多い気がする…。 日曜日だった訪問日は、結構混んでいて、提供までに15分ぐらいかかったような気がするが、期待に違わぬ、塩っぱい、すた丼の具をメインに、キャベツの千切りを合わせたメニューは、頼んで良かったな、と思わせる満足感。お肉もたっぷりいただけて、ぜひ(別店舗で)次回も29の日に訪れてみたいと感じた。

Hideki Nachi

Hideki Nachi

excellent

東京ビッグサイト駅の北にあるTFT有明2階にあるゼッテリアなお店。 ロッテリアの一部がゼッテリアになったのは、ちょっと昔のことだったように思う。ゼッテリアに入ったのは、自分の場合、今回が初めてだ。多分ゼッテリアのZはゼニスから来ているのだろう…。と思ったが、よく考えたら、ゼンショーのZだな、と合点がいった。 と思いつつ、ここならではの飲み物を飲もうということで、バナナシェーキ(290円税込)を券売機で注文。こちらのシェークは、すでに冷蔵保存されているのか、他のオーダーを飛び越えて、即座に番号が呼ばれた。 どうせゼッテリアはロッテリアの流用で名ばかりなんだろう?とたかを括っていたが、なんとパッケージもゼッテリア仕様。ドムドムバーガーもうかうかしていられないな、と感じた。 出てきたシェーキだが、プラスチック製のストローが付いており、どうやって飲むのか、ちょっと迷ったが、フタを剥がしていただくことにした。視界に入る、多分休憩中の店員さんは、フタにストローを突き刺して飲んでおり、他のお客さんも、ほぼそんな感じ。かなり稀有なスタイルで飲んでいることに気付かされた。 お昼過ぎの店内だが、空席も多々あり、かといってガラガラでもなく、( ゚∀゚)チョウドイイ!!感じの人の入り。カウンター席にはコンセントもあって、ネットと電気代を浮かしたいノマドな人にも勧められそうなお店に思えた。

Hideki Nachi

Hideki Nachi

excellent

アクアシティお台場1階のフードコートにあるリンガーハットなお店。 実は同じフードコートにあるウェンディーズのハンバーガーを食べようとやってきたのだが、セットメニューで、単品バーガー類を食べようとすると1000円越え上等なプライシングだったため、お手頃価格の他店に行こうと思い立ったところ、ぎょうざ7個定食が540円で提供されているこちらのお店の前に、倹約家に見えるカップルが佇んでおり、これだ!と思い立ち寄ってみた。 頼んだのは、長崎皿うどん(850円税込)。フードコートにある他店を圧倒的に凌ぐコスパなのが素敵だ。11時の開店直後にやってきたところ、フードコートにもたくさんの空席があり、容易に席を見つけることもできた。テーブルを占拠している人の中には、フードコートで買い物をしてなさげな人もおり、もう少し、どうにかしてもいいのかな?とは感じた。 注文後、ポケベルみたいのを渡されて待っていると、お冷をもらい終わって、ゆっくりしていたら、ベルがなり、料理はすぐに提供された。店員さんは、どうも日本語ネイティブではなさそうな感じで、何一つ認証のプロセスを経ることなく、お膳を受け取ることとなった。 それにしても、レギュラーサイズの皿うどんは、盛りが強烈である。餃子の王将の「バリ」にも劣らないボリュームだ。小分けになっているカラシを3袋ほどもらい、皿うどん用ソースをかけて美味しくいただいた。