Hidehiko Nogita

Hidehiko Nogitaさんの My best 2015

シェアする

  • Twitter
  • facebook
1

神奈川県

うなぎ

Hidehiko Nogita

青うなぎの ホクホクとした 柔らかい「上うな重(肝吸い、お新香付)」(4000円)。 身が分厚い。 「しら焼き御膳」(4200円)も 頼んで、妻とシェア。 ワサビ、葉山椒、柚子胡椒 の3種類を つけて食べる。 とろける味。 11時の開店時刻には、お店の前の駐車場はいっぱい。 道を挟んだ 反対側の駐車場に入れる。 予約客でいっぱいだが、相席で やっと入れた。 夏は予約客でも 2時間待ち することが あるらしい。 この値段、この味なら、納得。 (2015/02/22 昼食) #うなぎ

2

静岡県

魚介・海鮮料理

Hidehiko Nogita

丸々一匹の金目鯛の煮付けに刺身が付いた「煮魚と刺身でお食事」(2700円)。 蟹椀付き。 長男とのグルメ旅 第2弾。 25cm以上ある 大振りの金目鯛で、白く ふっくら しっとりと していて 濃い目の味付けの煮汁をつけて食べると 美味い!! ご飯を お代わりしてしまう。(有料)。 頭やエラの裏にある、旨い身も もらさず 完食。 金目鯛だけで、満腹に なりました。 お土産屋で これより 小さいサイズで 2800円していたから、かなり お得かと。 (2015/11/22 昼食)

3

東京都

うどん

Hidehiko Nogita

久しぶりの「慎」。 「野菜天ざる」の大盛り(950+0円)を頼む。 ランチタイムは 行列ができているので 他のお店に流れていたが、今日の列は短かった。 初めて入店した時に比べて うどんのコシが 柔らかくなったが、それでも 麺の艶 喉越しのツルツル感は 私の うどんナンバー1。 夜の地酒も お勧め。

4

東京都

ラーメン

Hidehiko Nogita

「札幌風 味噌ラーメン」(830円)の「大盛り」(+100円)。 新宿では、「海神」と1位を争う塩ラーメンのお店。 今日も行列ができている。 たまたま 週に1回だけ 「味噌ラーメン」のある日だった。 塩も捨てがたかったが 味噌にする。 麺は 中太 縮れ麺。 一口 スープを飲むと 独特の味。 生ニンニクが 効いている。 大盛りを完食してお店を出ると、行列は 更に長くなっていました。 (2015/03/11 夕食) #ラーメン #塩ラーメン

5

東京都

牛料理

Hidehiko Nogita

今年 就職した息子に買い物に付きあって貰ったので、「牛かつ もと村」で ご馳走する。 1時半を過ぎていたが、日曜日だったので、「もと村」の行列は、渋谷川の橋の向こう側まで続いていた。 「もと村」は回転が早いので 列に並んだが、意外と進まず 3時間以上待ってしまった。 最後は意地である。 待たせてしまったので、息子には「ビック牛かつ とろろ麦飯セット」(180g 1600円)をおごり、私は 普通の「牛かつ とろろ麦飯セット」(130g 1300円)にする。 息子は「牛かつ」を食べるのは 初めてなので 「旨い!」と言って喜んでくれた。 3時間以上並んだのに、食べるのは10分もかからなかったのではないか・・・

6

東京都

とんかつ

Hidehiko Nogita

記念すべき1000投稿目は目黒の老舗トンカツ屋の「とんき」。 昭和14年創業なので、76年の歴史がある。 2階にテーブル席があるらしいが、少人数なら お勧めは厨房をコの字型に囲む1階のカウンター席。 厨房のキビキビした動きを楽しめる。 最初に注文をして、適当に空いているカウンターの後ろの席に座って待つ。 それなのに、お店の人が順番を間違えずに覚えているのには驚き! 同僚に誘われて「とんき」に来たが、同僚が「ロースかつ定食」(1900円)、私は脂の少ない「ヒレかつ定食」(1900円)にする。 ご飯と、豚汁、キャベツが お代りできる。 少々待つが、席に着くと すぐにトンカツがでてくる。 衣が独特で薄くカリッとしていて、お肉が柔らかく、待つ価値のある味だった。 同僚と一切れ交換して「ロースかつ」も食べたが、脂がジューシーで この「ロースかつ」なら私でも食べられる旨さだった。 後から同僚と話したのだが「串カツ(2本)」を単品(800円)で頼んで、分けて食べ比べてみればよかった。 常連さんも、一人客も、近くのホリプロらしい人もいたが、ひとり金髪のきれいな外人がいた。 同僚は「あれ、レディ・ガガじゃないか?」と言っていたが、真偽はわからない。

7

東京都

ステーキ

Hidehiko Nogita

999投稿目は、美味しいものが好きな先輩と、念願の「ミート矢澤」に。 比較的 早かったので 外の待ち行列は3人。 折角だから 奮発して 「フィレステーキ」(5800円〜)を頼むか、ブログで よく見る「黒毛和牛100% デミグラス ハンバーグ」(1680円〜)にするか 迷う。 店員に聞くと「ハンバーグを注文されるお客様は結構多い」とのこと。 ハンバーグにする。 出てきたのは 厚みのある 丸々した ハンバーグで、切ると肉汁が溢れだす。 表面はカリッと、中はレアの状態で、肉を味わった。 今度は、妻を連れて行きたい。

8

東京都

そば(蕎麦)

Hidehiko Nogita

創業明治17年、年越し蕎麦で、年末のテレビで紹介されるほどの 有名店なのに、「もり」650円と 庶民価格。 つけタレも「もり」と「せいろ」で、異なっている。 コシのある手打ち蕎麦で、タイミングがあうと、店内で蕎麦を打っているところが 観られる。 同僚と、「燗酒」(700円)4本と、つまみ 3種に、「もり」をそれぞれ たぐって 一人 3000円くらい。 お店を出たら、表に行列ができていました。 (2015/01/14 夕方) #そば

9

東京都

中華料理

Hidehiko Nogita

急に夕飯を外で食べることになり「泰興楼」に行く。 妻が「担々麺」、私が「蟹炒飯」を頼む。 名物の「焼き餃子」も 忘れない。 ここの餃子は ジャンボサイズで、2個で普通サイズ5個分はある。 途中で、子供達が合流し、「広東麺」と「中華粥」、「春巻き」を追加したが、どれも美味しかった。 「泰興楼」は安定した、旨さがある。 ビール5杯 飲んで、約8千円だった。