Kazuhiro  Watanabe

Kazuhiro Watanabe

お店の名前を覚えるのが苦手なので、備忘録としての活用。好物はお酒と尿酸値が上がりそうなもの全般。長年住み慣れた三軒茶屋を離れ、港区に引っ越したので近所のお店を新規開拓中。

  • 551投稿
  • 11フォロー
  • 94フォロワー

好きなジャンル

  • おでん
  • 和食
  • ホルモン
  • 居酒屋
  • ダイニングバー
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Kazuhiro  Watanabe

Kazuhiro Watanabe

excellent

上本町 チエちゃん

店舗情報

谷町九丁目駅

居酒屋

シェラトン都大阪に滞在し、隣の上本町ハイハイタウンへ。ニュー新橋ビルを思わせる雑多な雰囲気で、昼から飲める店がわんさかあります。 魅力的なお店が多く、どのお店にしようか迷ってしまいますが、ホッピーの看板を見つけてこちらのお店に。関西でホッピー飲めるお店って少ないですよね。 ランチタイムの時間ですが、既に飲み始めている先輩多数で安心。 メッチャ元気な接客で居心地もよし。 まずは生ビール。ジョッキがデカくて480円は嬉しい。 メニューの中にある「食べて欲しい一品」のコーナーから、煮込み、ねぎれば、あみれば、つくね、特選馬刺しをオーダー。 生ビールは秒で飲み干し、白ホッピー。 ねぎれば、あみればが後引く美味しさ。 馬刺しも良い感じ。 最高。 こういうお店が家の近所に欲しい。

Kazuhiro  Watanabe

Kazuhiro Watanabe

good

白金 シェ・トモ ナチュラル キュイジーヌ

店舗情報

広尾駅

フランス料理

銀座のシェ・トモに行ったのは何年前だったか記憶が定かではありませんが、スペシャリティの無農薬野菜の盛合せは鮮明に覚えています。 今回は白金。 フリーフローが付いたコースを頂きました。 乾杯はスパークリングワイン。 自家製のパンとフランスの工場から冷凍で届くというバゲット。オリーブオイルが美味しい。 あまりパンのお代わりをすることがないのですが、自家製パンが美味しくて迷わず追加。 野菜の盛合せと並ぶスペシャリティ、生ウニの貴婦人風。濃厚なウニと卵が好み。 前菜はパテカンをチョイス。 ここで赤ワイン。 目にも美味しい山梨県産の無農薬野菜は28種。 白ワインに戻す。これだけで小一時間飲めますが、お店に迷惑なのでサクッと。 28種類の食べる順番で性格診断とか出来そう。 メインは和牛のステーキ(追加料金あり)。 フリーフローを言い訳に赤ワインと白ワインを行ったり来たりしながら、ガブガブと。 料理の説明も丁寧で気持ちの良い接客。フリーフロー込みで7200円というお財布に優しい価格設定。勝負デートには向きませんが、カジュアルに楽しめる素敵なお店でした。 写真には同行者のお皿も含まれます。

Kazuhiro  Watanabe

Kazuhiro Watanabe

good

中国料理 四川 シェラトン都ホテル東京

店舗情報

白金台駅

四川料理

シェラトン都ホテル東京宿泊時のランチ利用。 13時で4組の先客がお待ちなので部屋で待機。 瓶ビールで乾杯。 百菜百味ランチというコースメニューを注文。 冷製盛り合わせ(3種) アオリイカの青ジソ炒め 北京ダック 牛肉と菜の花の柚子胡椒炒め 干し貝柱と白菜の上湯スープ 麻婆豆腐とライス デザート というラインナップです。 苦手なメニューが一品入っていたので、他のメニューに変えてもらえないですか?と相談するも叶わず。 アルコールが中々のお値段なので、酒量の多い方はご注意を。私も早々にワインのボトルに切り替えました。  アオリイカの青シソ、牛肉と菜の花の柚子胡椒炒め、麻婆豆腐が美味しかったので写真UP。 特に柚子胡椒炒めがお気に入り。 ※写真は取分け後の一人前です

Kazuhiro  Watanabe

Kazuhiro Watanabe

excellent

クラブラウンジ ザ・リッツ・カールトン大阪 

店舗情報

西梅田駅

ラウンジ

帰省に併せてリッツ・カールトン大阪に宿泊。 大晦日ということもあり混雑しているようで、通常の34階クラブラウンジではなく臨時のラウンジへ。普段はスイートルームとして利用されているお部屋だそうです。 ゆったり出来て悪くないです。 5回のフードプレゼンテーションの中には、 年越し蕎麦にお節も。 朝からシャンパン飲める幸せ。

Kazuhiro  Watanabe

Kazuhiro Watanabe

excellent

鮨結う 翼

店舗情報

恵比寿駅

寿司

恵比寿駅近。 素晴らしいお店でした。 前菜が3種に焼き物と鮨11貫のコースに飲み放題がついたコースが13,200円と衝撃の価格。 飲み放題のお酒も、これが飲み放題のメニュー?と驚くラインナップ。 この値段でこのレベルのお鮨とお酒がいただけるのが信じられません。 若手の職人さんが多くカジュアルな雰囲気。 ミシュラン星付き「鮨由う」プロデュース云々の話抜きで、また行きたいと思えるお店。 このコスパは本当に衝撃。 カウンターの席間が狭いといったマイナスも全て笑って許せる。