Shigeki Minowa

Shigeki Minowaさんの My best 2020

シェアする

  • Twitter
  • facebook
1

静岡県

寿司

Shigeki Minowa

【2020年No.1確定】 硬めのシャリはとても好みで、口の中でサッと解けるような絶妙な握り方。 シャリだけでも大満足だが、その上に味付けされたネタが乗せられるので、かんざきさんでは、大大満足を得ました。 1品目:マツカワガレイ(3.5kg)昆布〆 適度な歯応えがあり、ほのかに香る柚子が良い役割を果たしている。 2品目:三保 釣りアジ 透明度があるとても綺麗な身。 3品目:ブリの炙り 大根おろしに隠しアクセントあり 4品目:マグロ漬け 濃厚でとてもまろやかな食感が旨すぎる。 絶妙な熟成具合に、思わず、おかわりと言いたくなった一品でした。 5品目:カワハギ 柔らかい肝とのマッチングが味わい良い。何より身の歯応えが嬉しくなる。 6品目:タコ この辺りで大将と仕事の話を夢中でしていたため撮影失念していました。 タコもとても綺麗な色をしていて、絶品と言える一品でした。 7品目:中トロ 中トロ特有のまろやかかさ、口中ではチョコのように自然に溶けゆく、その時間がとても贅沢なひと時でした。 8品目:金目鯛 炙りの香りがとても芳ばしかったので、暫く香りを楽しんだ後に食しました。 9品目:巻もの そろそろ終盤で少し悲しい気持ちになりつつ、美味しくいただきました。 10品目:タマゴ シャリの2.5倍程ある巨大なタマゴ、まるで黄色いアーチ橋のようなフォルム。程良い甘味、これまた絶妙な一品でした。 茶碗蒸し、サラダ、赤だし味噌汁が付いて2500円。 優しい表情の御夫婦、素敵な店内、職人としての大将の腕、BGM、ガリまで美味くて完食。 終始此方のペースに合わせてゆっくりと丁寧に一つずつ提供くださったことも印象的でした。 何一つ足りないものはない、そんな素晴らしいお店に巡り逢えたことに感謝します。 12月のランチ営業は23日まで。 休みは月曜日及び2日,13日,14日,15日。 なお28日の月曜日は営業。

2

京都府

日本料理

Shigeki Minowa

【こんなに美味いブリがあるとは‼︎】 魚の美味しい季節がやってきましたね! この日は、11kgの「佐渡一番寒ブリ」を仕入れられたとのことで、このブリを堪能しました。 佐渡一番寒ブリとは、北海道から南下する際、氷見の富山湾より先に佐渡島の両津湾に入るブリ達。船上で血抜きをして海水でしっかり締められた、10kg以上・脂質15%以上の選ばれしブリのみが「佐渡一番寒ブリ」と呼ばれます。 先ずは脂がシッカリと乗った腹身を刺身にて。 血抜きをされているため臭みは全くなく、またスジがないので口中で溶けてゆく食感。 脂が乗りに乗った部位だけと、とてもさっぱりしているいくらでも食べられる。 その後、綺麗に丸皿に盛り付けられた身を2〜3回しゃぶしゃぶして食べると、特有の甘味を感じた。 まったりとしたブリには、芳醇系日本酒の英勲、ほろ酔ひネコラベルとあわせながら食すと、至福のひと時を過ごせれました。 日本酒と美味い魚を堪能されたい方は是非‼︎

3

京都府

割烹・小料理屋

Shigeki Minowa

【笑みが溢れる心配り】 滞在時間2時間程の利用でしたが、 心温まる接客とお料理で心を満たしてくださり、徐々に顔が綻び笑みが溢れだしました。 この日のオーダーは、 一品目、みかんの器のジャガイモスープ 二品目、刺身盛り、トロ、シマアジ、 サンマ、焼き霜、タイ、カマス、 プリッとした甘エビ。 三品目、焼雲子 四品目、ホタテの味噌焼き 上記は全て一人前。 大切な方と素敵な時間を一緒に過ごす 時には必ず利用したい! そんな素晴らしいお店でした。

Shigeki Minowa

【和牛を堪能できる焼肉屋】 近江牛をメインに、常により良い肉を仕入れられていて、時にはあか牛も提供されることもあります。 肉の提供スタイルが基本的に塊なので、 インパクトも食べ応えも満足させてくれます。 この日のオーダーは、 ・逸品menuの炙りユッケ  こだわり卵の卵黄と絡めることにより濃厚さが   増し増しのこの逸品だけで、生ビール3杯‼︎ ・極上menuの黒毛和牛極上タン ノギスを忘れたため数値はあくまで目測です  が、タンの厚みは2cmの極厚 ・極上menuの黒毛和牛ハラミ  綺麗にサシが入ったハラミは、  まさに極上な逸品 ・極上menuのシャトーブリアン  まな板に載せられ運ばれてきた肉塊を、強火で  育てること10分。  肉は柔らかすぎて、まるで砂糖菓子のように口  中で溶ける食感 ・ホルモンmenuの上ミノ 柔らかくあっさりなので女性にお勧めです。 こちらの店舗は、草津駅東口から出て南西方向に徒歩3分。 新築タワーマンション「クロスアベニュー草津」の敷地内の中通路に位置する1階です。

5

鳥取県

そば(蕎麦)

Shigeki Minowa

【大切な人を連れて行きたい店】 11時30分の予約時間通りに来店して、 まずは、笹茶と朝取れ胡瓜の浅漬けが運ばれてきました。 若主人から、今朝は少し肌寒かったので、優しい香りを持つ笹茶は人肌に温めましたと、心のこもった一言をいただきました。たった一杯の茶も、一言添えると更に素敵になりますね。 しばらく庭や建屋内を眺めていると、揚げたての天婦羅と熱々の焚き込みご飯が運ばれて来ました。農業を兼業でされているこちらの若主人が育てた野菜達。中でもピーマンは糖度が高く全く苦味が無いので、大切に育てられていることが分かりました。また、玉ねぎも凄く甘く印象的でした。 どちらの野菜達も美味しいため、せっかくご用意いただいた天つゆを使う機会は訪れなかった。。 本日の天婦羅は、ピーマン、タマネギ、ブロッコリ、人参の葉と身のかき揚げ、ミニトマト、茄子、大葉。 焚き込みご飯は、これまでの人生で最も美味しかったため、大満足の一品でした。 そして最後に運ばれてきたこちらの蕎麦の配合は、ツナギ一、蕎麦九。 大山の麓で取れる蕎麦は粘りが強く十割だと麺状になりにくいため、蕎麦の風味を損わぬように、ツナギは最低限の一割だけにされておられます。 蕎麦自身の香りが良かったので、しばらくつゆ無しで、蕎麦のみで楽しんでいました。 若主人から辛口が得意ならと、辛味大根をサービスくださいました。こちらの大根もただ辛いだけでなく、甘味を含んでおり、とても美味しい辛味大根でした。 優しさが滲み溢れている若主人に、また会ってゆっくりと話をしたい。そして何よりも美味しい料理を食すため、必ず再訪したいお店にランクインしました。 補足情報 ・駐車場の場所は、店舗北側駐車場ノボリが目印 ・予約連絡は前日16時〜20時頃がベスト(当日の場合は朝9時迄だが準備出来ない可能性あり)

6

愛知県

定食

Shigeki Minowa

【あたりまえを自然に提供される良店】 交差点を曲がると人だかりがあったので、テレビの撮影でもされているのかと思いながら近づいて行くと、なんと、平日11時30分で15人も並ばれている。苦渋の決断をして、行列の最後尾へと向かいました。 並んで直ぐに店員さんの行列客への一言声掛け行動を見て、繁盛店である理由が見え出した。 入店すると多くの店員さんが、私に挨拶や気遣いをくださって、ランチを口にする前に既に心地良さを体感をさせていただいた。 着席とほぼ同時に、水とお茶とおしぼりを提供される素早い接客に食事前から笑顔が溢れる。 オーダーは、塩海鮮丼。 塩昆布で絡めた色取りどりな魚貝達。薄味派の私にはピッタリな味付け。味付けを追加出来るように、塩、すだちを提供くださるこんなサービスも嬉しい。 魚貝もさることながら漬たまごが、とても美味しく、魚貝に絡めて食すと、旨い‼︎と、思わず言葉が出てしまう。 ゴロゴロ野菜がてんこ盛りの豚汁は、汁までなみなみで、男心をくすぐっている。 名古屋に来た際は是非とも再訪しよう!