kiyoshi Waki

kiyoshi Wakiさんの My best 2020

シェアする

  • Twitter
  • facebook
1

大阪府

居酒屋

kiyoshi Waki

午後半休を取った今日、、ながらく休んでなかったもんね〜〜^_^、、、 昼間っからゆっくりと、うまい酒が飲みたい、、 久々に来た『明治屋』@天王寺、、、 お店自慢のにごり500円から、、微炭酸、、やや旨口、、うまいなぁ、、あてはどて焼き350円、、 再開発のあおりで、新しいビルの中に入ったけれども、この空気感は、唯一無二、、 平日の昼間だと、さすがにお客さんも少なく、この場の魅力が引き立ちます、、 品書きに見つけました、新政No.6‼600円️、、心を落ち着かせて頼みます、、うまいなぁ!^_^!、、 さすか老舗ですね、No.6が飲める、しかも関西で、、 今日は、天王寺まで来たかいがあったってもんです、、 明治屋で昼酒、、これは、最高かもしれません、、、

2

立呑み処 あべの銀座

店舗情報

大阪府

丼もの

kiyoshi Waki

明治屋を出て向かったのが、ここ『あべの銀座』、、まだ、開店の15時には、30分もありました、、 しばらく時間を潰したけれど、ほぼ諦めかけましたが、森本さんのレビューを拝見しやっぱり行こうと決心、、 これが大正解!^_^!、、家族経営のお店は、年配の常連さんが多くて、落ち着いてのめますな、、 梅焼き130円に、生レバー焼き380円をにごり酒官兵衛350円でね、、、最後にメンチカツ130円で、〆て990円、久々のセンベロ達成、、、 ごちそうさま〜〜、、、

3

上田温酒場

店舗情報

大阪府

居酒屋

kiyoshi Waki

久々に大学のクラブの同期と呑めて幸せ、、 東京で、3年前に呑んだきりの同期が、関西に赴任しているって情報が入ってのサシ呑み、、選んだのはここ、大阪を代表する古酒場、、、 佇まいが素晴らしい、、女将さんの凛とした立ち姿が素晴らしい、酒は忠勇、、これ東京ではみませんね、、、 飲んで食べて、飲んで、飲んで、最後は女将さんに止められるとこまで行ってしまいました^_^、、 学生時代の友だちは、かけがえがありませんね〜〜、、、

4

もりわき酒店

店舗情報

大阪府

立ち飲み

kiyoshi Waki

どこか新しい酒場、見つからないかなぁ、とテクテク、阿波座まで歩いて結局『もりわき酒店』さんへ、、 ここは日本酒の品揃えが良くって、コップ1杯450円で呑めるご機嫌な角打ち!^_^!、、 キングオブモダンライトは、新潟の峰乃白梅酒造ってとこのらしいっス、 私の好きな旨口タイプ、普通なら1000円超えると思います、、、 常連さんと少の会話、、場所柄皆様スマートに呑まれてますね、、 串カツ100円×2に、コロッケ 100円、日本酒2杯で、1300円、 ご馳走さま〜〜、、やっぱり、ここは素敵です!

5

酒場 元木

店舗情報

京都府

居酒屋

kiyoshi Waki

薄ハリに注がれた下町ハイボール380円‼️、、、これが京都で呑めるだなんて〜!^_^!、、、  日の丸酒場を彷彿とさせるビジュアル!、素敵すぎます、、、 念願の初訪、『湯元』は北大路、、ハムカツも分厚くてカリッと揚っててサクッ、、 カウンターオンリーで13席のお店ですが、伏見でボタニカルにもこだわり蒸溜されたジン、季の美が呑めるお店でもあります、、、 2杯目はそれをロックで、、さて、予約も入ってるようですので、帰りますか、、ご馳走さま、、 ハリヤに三河屋、、次に酎ハイ街道に呑みに行けるのは、いつだろう?!、、

6

ラ・カマルティーナ

店舗情報

京都府

イタリア料理

kiyoshi Waki

北大路からひとつ筋を入っ隠れ家なイタリアン、、日曜日のランチで嫁さんと再訪、、オーナーシェフがひとりでなされているので、基本予約制のようです、、、 2800円のランチがとても美味しく、リッチな気持ちにしてくれます、、前菜から始まって、パスタに、メイン、デザートにコーヒーまでついてます、、 まずは、白ワインか600円から、、赤ワインはちょっと贅沢にフルボディ1000円、、 12時から約2時間、、素敵な時間をいただきました、ごちそうさま~~、、 何度でも来たいお店、、、 ランチ 2800×2 グラスワイン 600×2 グラスワイン1000×1 プラス消費税 〆て8580円

7

喜多酒店

店舗情報

大阪府

角打ち

kiyoshi Waki

今や観光地と化した感があるジャンジャン横丁ですが、こちらは同じ恵美須町界隈ですが、すこうし離れた大通りから一本入ったところにある角打ちです、、、 ですので、地元の方でないと知らない、来ないそんなお店です、、、早出のシフトで16時に会社をでて一目散で訪問しました、、、まだ5時前で、暖簾は外に出されていませんでしたが、声をかけると入れてくれました、、、 酎ハイにかっぱ煮込みを注文、、かっぱって何?って聞いたのですが、高齢の女将さんは、今日はドテ煮込みになるとの返事、、、結局かっぱが何かわからずでした(笑)、、 しかしトロトロに煮込まれた牛筋がほんと美味しい、、、酎ハイをチェイサー代わりに日本酒を注文、、さすが売るほどにある銘酒が1合400円程度でこれもご機嫌ですな、、 鉄なべ餃子を頼みながら、二杯目はにごりを注文、、奈良は喜多酒造のものだそう、、 ここ喜多酒店はその分家なんだそうです、、、 すっきりとした飲み口は、アテのじゃまにならず、立飲みにぴったりでした、、、 うまく言えませんが、ちょっとしたやり取りの際に感じる女将さんの一本筋の通った所作がとても魅力的です、、、 少しブレーキが外れかかった私はもう一杯におでんを注文、、さて、ここらあたりが潮時ですね、、、ご馳走様~~~、、こんな角打ちが最高です、、、

8

大阪府

コーヒー専門店

kiyoshi Waki

超変態な美味しいカレー屋さんがあると教えてもらいやってきました、、『七番館』@九条、、、 頼めるカレーは、訪問回数で決まっています、、最初はビーフカレーかその辛口、注文が決まると、最初にお皿に乗せたご飯の量を見せてくれて、『ご飯の量はこれでいいのか?』を聞いてくれます、、これが普通盛りですが、一般のお店の大盛以上のがっつりとした量です、、 漬物も訪問した回数で、出てくるものが違っています、この日はこのお店の常連の旧友といっしょだったので、らっきょうを頂くことができましたが、これは、お母さんの思いやり(笑)、、、 しばらくすると、銀色の器でカレーが出てきました、、が、これもご飯の量以上にたっぷりです、、、 写真を許可されるのかここまで、お母さんのこだわりで、ご飯にカレーをかけたところの写真はNGです、、、 しかし、ビーフのたっぷり入ったカレーはスパイシーで、かなり美味しい、、これ、こんな値段で売っちゃいけないレベル、、 コーヒーもこだわられているようで、一番上のクラスは2000円、、、これも一度飲んでみたいものです、、、 いや~~、お店を出た後も尾を引いています、、ごちそうさま~~

9

仲野酒店

店舗情報

大阪府

立ち飲み

kiyoshi Waki

「酔っちゃん」を出て、この界隈だとやっぱり寄りたい『仲野酒店』、、この界隈で最も渋い角打ち、、かつてこのあたりに活気があふれていた頃に思いをはせることができます、、 冷蔵庫から明太子を取ってきて、選んだのは吟醸「いちょう並木」、聞いたことないにほんしゅですね、、製造元の三宅本店って広島は呉の酒蔵でした、販売元が大阪酒販協同組合ってこれまたしぶいなぁ、、 呑むと、これまた立飲みでは十分以上に美味しい、、しっかりと吟醸香がありました、、 ハムエッグを頼むとハムが切れててベーコンエッグになりましたが、カリカリに焼いてくれたベーコンがうまい、、、 女将さんの話だと、その日の給料を懐にした日雇い労働者でカウンターがいっぱいになってたそうです、、 給料が振り込まれる日に、振り込まれる時間まで待つことができずに飲んでて、ここでタクシー代を借りて、銀行にお金を引き出しに行って帰ってくる猛者もいたそうです(笑)、、 いや~~、ここはやっぱり最高です、、ごちそうさま~~~

10

有限会社小西酒店

店舗情報

大阪府

居酒屋

kiyoshi Waki

14時前に到着~~、地元の方でほぼ満員、、この時間から飲んでるって、皆さん人生の先輩方ですね!(^^)!、、、 奥へと長いJ型カウンターの中は女将さんに娘さんかな、、常連さんとのやり取りが優しく気遣いにあふれてますね、、、だからとってもいい空気感、、 まずは、見たことない瀬戸田レモン酎ハイ300円におからを頂きました、、おから好きなんですよね~~!(^^)!、、、 サクッと呑んで2杯目は燗酒280円で関東煮~~、、〆はやっぱり地酒は花垣、、すっきりとした辛口ですね、、うまい、、、 壁に貼ってあるコピーにどうも見覚えがあると思って眺めていて思い出しました、、 「角打ちに憩う」って酒場本にのってる店でした、、 大正12年創業の老舗の角打ち、、朝から呑めるとっても居心地のいい酒場でした、、 ごちそうさま~~ #大正12年創業