Ichiro  Kadowaki

Ichiro Kadowakiさんの My best 2019

シェアする

  • Twitter
  • facebook
1

東京都

韓国料理

Ichiro  Kadowaki

【絶品ホルモン鍋@麻布十番】 「韓国料理店にしました!」と後輩に告げられる。 夜の会食の場所のことだ。 久々に後輩たちと食事会。店は彼らに任せていた。 仕事を終え、タクシーで店の近くまで向かう。 店のある路地の入り口あたりで車を降りる。 少し歩きながら麻布十番の空気を感じて入店。 店はさほど大きくはないが、すっきりとした空間。 シックな色合いでデザインされた店内。窮屈感はない。 事前に予約していたらしく、ブース席的なところに スムーズに案内される。 テーブルの上にはLenovo製のタブレット。 これで注文するようだ。なぜか居酒屋スタイル。 オーダーもすべて後輩たちに任せにして、 食事と会話を楽しむことに。 まずはキムチの盛り合わせ。続いてるチャプチェ。 その後にサムギョプサル。 ここはすべて店が調理してくれるスタイル。 おかげで焼き加減も良い。 そして、どの料理もちゃんと韓国流で美味しい。 お腹も落ち着き、会話の方がメインとなってきた頃、 グツグツと音を立て湯気いっぱいの鍋がやってきた。 これがこの店の名物「ホルモン鍋」とのこと。 見た目からして美味そうだし、程よい赤さ。 早速いただいてみる。 うわっ、ホルモンが柔らかい!マルチョーかな? 脂がいっぱいでめちゃくちゃ甘い。 ハチの巣、こんなに柔らかいのは初めて。美味い。 豆腐やしめじなど野菜たちもいい感じだし、 スープが甘辛で旨味がすごい。見た目より辛くない。 あっという間に鍋は残りわずかに。 ここで、おじやをオーダー。 鍋を一度厨房へ持ち帰って、おじやだけが戻ってくる。 そのおじやが、絶品。 別にホルモン鍋を食べ尽くしてきたわけじゃないが、 これまで食べた中では一番美味い! もっと食べたい。マジ美味い。 絶対再訪。この鍋だけでもいいから食べたい。 後輩たちに感謝。 #ホルモンが絶品 #おじやヤバい #韓国料理

Ichiro  Kadowaki

【フレンチシェフが監修のカツカレー@虎ノ門】 ®️で見つけて、超行きたかった店。 仕事で午後一虎ノ門アポという絶好の機会。 とは言え、ランチタイムど真ん中に訪問すれば、 間違いなく行列に飲まれるだろう。 となれば…早めの来店しかない。 時間は11:30。 虎ノ門界隈を歩く薄着のサラリーマンが目立つ。 やはり早ランチ組は動き出している。 場所は分かっているので小道に入って加速。 競歩の選手バリに腕を振り脚を投げ出すように前へ。 そして店の前に到着。 店前の告知物に目を通し、すぐにドアを開け入店。 まだ先客は3名。よし、席は余裕で確保だ。 まずは食券の購入。店先の貼り紙で見たアレを。 サービスランチの「ロースカツセット@1000円」 「ちょいがけカレー@200円」を押した。 本当は、大滝さんのレビューを見てオーダーは 来店前から心の中で決めていた。 丸パクリです。すみません… 食券を渡し指定された席へ。 カウンター席のみで、座ったのはほぼ中央。 少し厨房内の様子が見えるベスポジ。 ご飯の量を聞かれたので大盛りに。無料。 テーブルの上には調味料が複数準備されている。 ソースは2種類。ウスターソースにとんかつソース。 ロレーヌ岩塩、ケチャップ、粉チーズ。そして、ガリ。 さらに私には、とんかつの付け合せである、 千切りキャベツの用のオニオンドレッシングもある。 何を使うか、とても楽しみだ。 カウンター越しにトレーがやってくる。 ロースカツ定食だ。カツの衣の色がきれい。 包丁の入れ方、カット具合が一口サイズでいい。 別で “ちょいがけカレー” が 小ぶりのグレイビーボートで届く。 まず野菜ファーストで、千切りキャベツをいただく。 オニオンドレッシング、香りが強めで美味い。 続いても野菜の品、チャプスイ。 白菜、玉ねぎ、ごぼう、大根、人参などが入った 具沢山のスープで優しい味だ。 そしてメインイベント。とんかつ。 最初の一切れはロレーヌ岩塩で。 肉の甘みが際立ち、口の中に旨味が溢れる。 もう一切れ岩塩で(笑) 次は太陽ソースで。濃くてスパイシー。 これは、からし無しでいい。 続いて、とんかつソース。ノーマルだ。 洋がらしをたっぷりで、本当に美味い。 これは白飯も進むはずだ。 とんかつが残り二切れになったとこで、 三分の一くらい残した丼の上にとんかつを乗せ、 満を持して、ここでカレーを投入! ここでガリもピクルス代わりにプラス! カレーはスリランカ?サラサラの黒緑という感じの色。 スパイスが効いて辛さもある。 そして、とんかつソースとしても美味。 ガリがなぜかエスニック感を増す。不思議だ。 なんて贅沢な〆料理だ。しかもランチで。 食べ終わってから気付いたが、 〆のカレーに粉チーズ使うの忘れてた…. いつ間にかカウンターは満席。 もちろん券売機の周りには待ち客が数人。 予想通り、12時前には満席になっていた。 カウンターを改めて見渡すと、カツカレー率が高い。 チキンカレーも足すとさらに高くなる。 でも私はとんかつ。そしてこれがベストチョイスだと、 舌も胃袋も言っている。身勝手な優越感が堪らない。 ご馳走さまでした。また来ます。 神田のポンチ軒にも行こうかなー。 #ちょいがけカレー最高 #衣の色が違う #カットの配慮 #カウンター席のみ

3

東京都

インドカレー

Ichiro  Kadowaki

■訪問時間: 21:00(平日) ■店内状況: 満席で行列あり 4人待ち ■客 層: 老若男女問わず ■訪問人数: 1名 ■着シート: カウンター ■オーダー: カシミールカレー ■価 格: 1000円税込 ■コメント: 御徒町駅から歩いたが、湯島駅や上野広小路駅が最寄り。行列の絶えない人気のインドカレー店。15分ほど並んで着座。一番人気?をオーダー。スープ状のカレールーに大きなチキンとジャガイモ1/2。カレーはかなり辛い。この味、地元のカレーの名店のカシミールと似ている。なぜか癖になる。きゅうりの漬物と玉ねぎアチャールを添えていただく。デミタスコーヒーがほしい。 ■ラベリング: “影響力絶大。カレーの聖地は健在”

4

東京都

カレー

Ichiro  Kadowaki

■訪問時間: 12:25 (平日) ■店内状況: 先客なし ■客 層: OL カップル ■訪問人数: 1名 ■着シート: カウンター ■オーダー: カレー2種 / チーズクルチャ+ミニライス変更 ■価 格: 900円税込 / 300円税込 ■コメント: この店は®️が無ければ絶対に辿り着くことはなかった。看板もない古い雑居ビルの3階。ビルの入り口に立て看板があるだけ。月曜日ということもあったか先客はなく、真っさらなカウンターに座った。オーダーは、辛口の南インドチキンと中辛のポークキーマを選択。忘れずにチーズクルチャへの変更も。キレイに盛られた銀盆。サラダとキュウリと大根のピクルスが付いている。チキンが大きい。そしてスパイスのブレンドが絶妙。辛さもしっかり。キーマはポークが挽肉じゃないのかな?食べ応えがあって肉の甘みもありカレーライスで食べたい。チーズクルチャのチーズのとろけ具合が最高。 後からOLさんやカップルが来店し、店は賑わい始めた。このクオリティでまだ知られてないというのは奇跡。超穴場。 ■ラベリング: “人気店までのカウントダウンが始まっている隠れ家カレー店”

5

東京都

寿司

Ichiro  Kadowaki

■訪問時間: 12:10 (平日) ■店内状況: 8割程度の入りだが基本は予約制 ■客 層: 観光客 ■訪問人数: 2名(会社同僚) ■着シート: 大きなテーブル席 ■オーダー: 島寿司 一人前 9ヶ ■価 格: 1880円税別 ■コメント: 初の八丈島上陸。島内でも人気の寿司店へ。予約無しで飛び込んだが運良く着席できた。本来は予約が必須。オーダーはもちろん名物島寿司。ネタは金目鯛、ヒラメ、カツオ、カンパチなど島で揚がった魚ばかり。ネタはヅケになっているため醤油は不要。お好みで利用しても良いとは思う。私は使いません。甘めの酢飯に絶妙にフィット。美味い。岩海苔がアクセント。 ★オススメPOINT:『名物島寿司』『新鮮なネタ』『明朗会計』

6

東京都

スープカレー

Ichiro  Kadowaki

■訪問時間: 20:20 (平日) ■店内状況: 先客3名 ■客 層: 男性 女性 お一人様 ■訪問人数: 1名 ■着シート: カウンター席 ■オーダー: ハンバーグ野菜カリー/チーズトッピング/ライス大盛 ■価 格: 1250円税別/100円税別/100円税別 ■コメント: スープカレーの本場北海道から人気店が進出。都内では3店舗目となり、4月にオープンしたばかり。神田カレー街食べ歩きスタンプラリーに参加中。オーダーは最初に5種類の中からスープを決める。代名詞のトマトスープで。続いてカリーをチョイス。ここも人気のハンバーグ野菜カリー。その後にトッピング。チーズをオーダー。最後にライスの量。大盛りで。届いた皿には沢山の野菜がキレイに盛り付けられている。人参、じゃがいも、ピーマン、ナス、ヤングコーン、ブロッコリー、カリフラワー、レンコン、アスパラ、オクラ、ウズラの卵……ハンバーグはふわふわ。スープは酸味とスパイスの絶妙か配合。これは相当美味い。 ★オススメPOINT:『絶品オリジナルスープ』『具沢山』『多彩なメニューアレンジ』

7

東京都

魚介・海鮮料理

Ichiro  Kadowaki

■訪問時間: 13:10 (平日) ■店内状況: 5割程度の入り ■客 層: サラリーマン OL ■訪問人数: 1人 ■着シート: 2名掛けテーブル席 ■オーダー: 玄海茶漬け ■価 格: 1000円税込 ■コメント: 八重洲の小径。rettyじゃなきゃ出会えない店。ランチのピークが過ぎた頃、数人のお客様が一気に店を出て、入れ替わるように入店。オーダーはお目当ての品。ネタは3、4種類か。カンパチ、真鯛、イサキあたりか。ゴマの効いたつけダレに浸った刺身をまずはオンザライスで海鮮丼風でいただく。魚がぷりぷりで美味い、そしてご飯が進む。キュウリの漬物、ワカメの味噌汁を挟む。白飯が半分くらいになったところで、残りの刺身とタレを丼に投入し、温かい出汁を回しかけ、ワサビをとく。魚の身の色が変わり、食感と味が変わる。一気にかきこむ。最高のお茶漬けだ。 ★オススメPOINT:『新鮮なづけの刺身』『出汁による味変』『温かい味噌汁と漬物』

8

千葉県

ハンバーガー

Ichiro  Kadowaki

■訪問時間: 20:10 (土日) ■店内状況: 先客2組4名 ■客 層: 若年層 ■訪問人数: 1人 ■着シート: 2名掛けテーブル席 ■オーダー: 佐世保スタイルバーガー ■価 格: 1350円税込 ■コメント: 柏駅から徒歩5分ほど。食べログのハンバーガー部門百名店に選ばれたお店。土曜の夜ということもあり、席は空いていた。オーダーは看板メニュー。アメリカンか店内にはQueenの曲が流れる。まぁいいか。カリカリの固めのフライドポテトとピクルスの横に、長めの串で支えられ、いくつもの具材が縦に重なったハンバーガーが運ばれてきた。ベロンとローリングストーンズのようなベーコンとトマト、グリルドオニオン、溶けたチェダーチーズにレタス、そして肉肉しいビーフハンバーグ。味はBBQソースとマヨドレ。用意されているバーガー袋にハンバーガーを入れ、佐世保バーガー的に両手でハンバーガーを潰す。口を開けてカブりつける厚さまで圧縮してから食べる。溢れ出す肉汁とともに具材の奏でるハーモニーは絶妙。すべての具材の味をちゃんと感じることのできるハンバーガー。途中でピクルスをかじるインターバル。東京の有名店に比べコスパも良く、そして美味い。大好きな店だ。 ★オススメPOINT:『これぞハンバーガーの旨味』『コスパ』『雰囲気』

9

東京都

カレー

Ichiro  Kadowaki

■訪問時間: 13:20 (祝日) ■店内状況: ほぼ満席 ■客 層: カップル グループ ファミリー ■訪問人数: 1人 ■着シート: カウンター ■オーダー: ワンプレート「ミールス」 ■価 格: 1700円税込 ■コメント: 大阪の有名店が東京に進出と聞いて、近くに行く用事を利用して来訪。予想はしていたがほぼ満席。行列じゃなかっただけ良かったと。カウンターに若干の空きあり。オーダーはカレーの選択の後、ライスの種類を決める。カレーは定番メニューのチキンマサラ、ライスは追加料金を払いレッドマッタライス。ミールスは日本で言う定食のようなもの。主菜に副菜が一皿に盛られ、混ぜ合わせながら食べる。こちらの店は南インドのケララ州のアレンジとのこと。味は色んなスパイスを使っていて、独特の味付けで、それをさらに混ぜ合わせるとなると、複雑過ぎてよく分からないが、とりあえず楽しい。食材や調理法にも拘りがあり、ヘルシーな仕上がり。身体が少しポカポカするのが分かる。南インドを感じました。また来たい店。 ★オススメPOINT:『本格的南インド料理』『ヘルシー』

10

東京都

おでん

Ichiro  Kadowaki

■訪問時間: 11:40 (平日) ■店内状況: 10人程度の行列あり ■客 層: サラリーマン OL カップル 観光客? ■訪問人数: 2人(会社同僚) ■着シート: 4名掛けテーブル席で相席 ■オーダー: とうめし定食 ■価 格: 700円税込 ■コメント: 11:30開店のお店だが、すでに店の前には行列があった。さすがの人気店。しかしここは回転が速いので、少し待てば大丈夫と寒い中だったが、後輩と共に待った。10分強で二階に案内され無事に着座。オーダーはもちろん看板メニュー、大正12年創業の老舗の味を。まずは大根サラダを野菜ファーストでいただく。そしてとうめしへ。豆腐は優しい味付け。そこに七味をかけ薬味のネギを乗せる。硬めに炊かれた茶飯に出汁が染みて最高のバランス。途中で煮物も追トッピング。大根、煮卵、牛スジ。これまた茶飯との相性抜群。もう胃袋にかきこむしかない。しじみの味噌汁でインターバル。またかきこむ。壺漬けで口の中を整えて、またかきこむ。満腹感が襲う至福の時。あっという間に平らげた。まだ外で寒い中、待ってる人がいるだろう。すぐに席を立った。必ずまた来る。そう確信した。 ★オススメPOINT:『老舗の味』『唯一無二』『立地・日本橋』