Kazuyoshi Koshiyama TOP USER

Kazuyoshi Koshiyamaさんの My best 2017

シェアする

  • Twitter
  • facebook
1

東京都

串焼き

Kazuyoshi Koshiyama

キリ番2700件目は、これまたスンゴいところでした。 新宿南口の大人気店・鳥茂。「鳥茂」という名なのに、やきとん店という謎。なんと、食べログでは4.25! 9月まで職場が近くだったのですが、ここは普通に行くと正直かなり高そうなので、敬遠していました。だって、串が1本500円とか1000円とかの値段を見ちゃうとね。 が、「常連に連れて行ってもらうと、メチャいいらしいぞ」という情報をGETし、いい子に待っていたら、このたびお呼びがかかり、いそいそと出かけて行ったという次第。 入口からして、高級感が溢れています。焼鳥…いや、やきとんのお店の体ではない。窓もなく、中の様子も窺い知れません。 ところが、懐石や料亭風をイメージして中に入り、2Fの席に通されると、かなりのざわつき具合で、完全に普通の居酒屋。というか、普通の居酒屋より騒々しいくらい(^^;; これには意表を突かれました。そして、店員さん多すぎw 厨房の中が大混雑していて、笑えましたw いきなり、日本酒からスタートしちゃいます。トンボ にごり スパークリング。 今回は、これと、余市のハイボールばっかり飲んでましたね。 料理のコースは各種あるようですが、今回は常連の裏メニュー付きおまかせコースで。6人での宴です。 ■最初に供されたのは、お新香 巨大な皿に、たっぷり2皿。ナイスな漬かり具合です。 ■レバー やばい、いきなりメチャクチャ美味い。食感がハンパなくいい。こんなレバー初めてかも。レモンと和辛子で。 ■豚の胃袋とタンの湯引き だったはず。刺しの感じが残っていてGood。 ■上シロ トロットロ。なんだ、これ! もちろん、これまでのシロで最高です。 ■つくね 奇をてらったものではなく、オーソドックスなスタイル。ふわふわで美味。 ■和牛サーロインのすき焼き 黒トリュフがけ 早くも横綱登場。ヤバい、ヤバすぎる。たまらない。ほっぺた落ちる。下にはご飯が隠れています。 ■ピーマンの肉詰め ここ、元祖のお店なんだそうです。肉がしっかり詰まり、ポーションでかっ! ■こめかみ 珍しい部位ですね。 ■この串、なんだったかな。失念… ■和牛サーロインと雲丹・キャビアの海苔巻き また横綱が来た。海苔の上にサーロインを乗せ、さらに雲丹とキャビアを。美味すぎて、バチ当たりそう…(^^;; ■ステーキ丼 少量のご飯に、ステーキを1切れ。横綱だらけじゃん! 先ほどの雲丹とキャビアも乗せちゃいます(^^) ■トマト フルーツトマトだったかな、すごく甘い。肉のオンパレードだったので、この清涼感が嬉しい。 ■キャビア乗せおにぎり なんだ、このキャビアの量は。ここはもう贅沢に、一口でパクリと。四横綱時代の到来! ■雑炊 出汁は、すっぽん、牛、豚だそうな。いい味。量も多い。真ん中に乗ったのは、肉かと思ったら梅干しでした。 ■煮込み めったに出さないらしいのですが、作ってみたのでと。トロットロ♪ ■アイス エスプレッソ味。オトナの味でした。 なんと、16品! しかも、最初のお新香以外は、全部1人1皿ずつです。 ボリュームすごいと聞いていましたが、ここまでとは。 美味しくてたまらないと聞いていましたが、ここまでとは。 マジ、スゴいです。パないです。 しかも、お値段は超常連の特別価格。いいんでしょうか、ホントに。 誘っていただけて、ホントに感謝です。できれば、また…(^^;; 2017年度のマイベスト10、また1枠埋まりました(^^) #バレンタイン #居酒屋 #もつ焼き

2

萬屋 おかげさん

店舗情報

東京都

居酒屋

Kazuyoshi Koshiyama

一度行ってみたかった、ミシュラン1つ星の名居酒屋! お声がけいただき、常連しか座れないというカウンターの「スーパーアリーナ席」で、大将と会話しながら悶絶レベルの和食と日本酒を堪能する機会に恵まれました。 いや~、凄かった。美味かった。さすがだった! お店は、四ツ谷三丁目の雑居ビル地下。新宿通り沿いですが、表に看板は出ておらず、必ず迷いますw ようやく見つけて地下に降りると、失礼ながら「ホントにここがミシュラン1つ星の店?」といった佇まい。全く華美な要素はありません。 店内に入っても然り。狭い店の中は、厨房の周りをぐるりと囲むカウンター席と、テーブル席でいっぱい。 正直なところ、もっと広く高級感ある内装を想像していました…(^^;; 通された「スーパーアリーナ席」は、大将が包丁を振るう目の前のポジション。奥の焼き場もしっかり見え、最初から最後までずっと大将と会話できるという特典付きw 星まで獲得するスゴい店なのに、大将はちっとも偉ぶらずに、フレンドリーに話してくれます。ただ、会話の端々から感じられる、素材と料理、そして酒に対するこだわりは相当なもの。さすが、スゴい店の大将はスゴい! 好きなお猪口を2つ選んで、いざ、開宴! □貴 発泡ニゴリ ■秋田県産 生じゅんさい おろしポン酢 トゥルントゥルン。いきなり、日本酒が進んじゃいます。 ■荒浜産 活あいなめ 煎り酒 煎り酒を使った料理って、初めてかも。コリコリした身がまいう~(^^) □十四代 中取り純米吟醸播州愛山 ■舞阪産 のどぐろ 藁炙り こののどぐろ、キロ8千円だそうな。口の中で溶けます、すぐに。 ■漬け鰹 生本山葵、辛子 漬け鰹を辛子で食べるのも、初めて。相性バツグン。 □屋守 純米中取り直汲み ■篠島産 鱸 からすみがけ 新鮮な鱸も美味いし、からすみも美味い。からすみは一粒残さずw ■鰹とシマアジのなめろう 別注品。大きめに刻まれた鰹とシマアジに味噌が絡み、とろける。なめろう大好き! □白露垂珠 純米吟醸生酒 ■勝山産 活シマアジ 出汁醤油で これはストレートに美味い。 ■気仙沼産 初鰹 藁炙り 藁焼き第2弾は鰹で。 □鍋島 純米吟醸生酒「風ラベル」 ■おから炊き おでん出汁で炊いたおから。普通ではありません。 ■対馬産 活〆穴子の煮付け 甘く煮込まれてホロホロ。絶品! ■とうもろこしの薩摩揚げ 揚げたてフワフワ。 □而今 特別純米 火入れ ■おでん盛り合わせ 別注品。薄味の極上出汁で煮込まれたおでんたち。 ■のどぐろ 兜塩焼き 別注品。反則級の美味さ。身がとろける。シャブりつくし! ■塩むすび 羽釜で炊いたご飯で。ただの塩むすびなのに、ただの塩むすびじゃない! 佃煮と共に。 ■味噌汁 日本に生まれて良かった~、の味。 ■シマアジ漬け丼 これは、レアなメニューらしい。最高の〆でした(^^) まさに、少量多品種。別注品もいろいろ入りましたが。 これだけクオリティの高い料理をずらりと並べられたら、そりゃ酒も止まらなくなりますよ。 そしてまた、合わせてくれる日本酒のどれも素晴らしいこと! お代はそこそこいっちゃいましたが、それだけの価値は十二分にあります。最高でした! 「一度行ってみたかった」店が、「機会あれば何度も行きたい店」に変わりました♪ キヨシ、ホントにありがとう〜! #居酒屋 #ミシュラン #悶絶 #スーパーアリーナ席 #スタミナごはんキャンペーン

3

東京都

焼き鳥

Kazuyoshi Koshiyama

2017年最後の投稿はこちら、念願の初訪問が叶った、三軒茶屋・床島。 まだ2017年訪問分のレビューが40件ほど残っていますが、ここはどうしても2017年マイベスト10に入れたいので、最後に順番飛ばしの投稿です。 この日は、常連のキヨシに誘われ、4人での宴。 □乾杯は、スパークリングワインでオシャレに。 ◾️お通しは、ササミのなめろう、ブロッコリーの酢和え、鳥モツの八丁味噌煮の3点セット。 いやはや、お通しからヤヴァいね。これだけで、ここはいい店だと分かっちゃう。 ◾️農園の野菜盛り ◾️ポテトサラダ 盛りがカラフル! 味噌と塩をつけて、ポリポリと。 早くも、日本酒にチェンジ。 □而今 特別純米おりがらみ生 口開けいただきました(^^) □五十嵐 純米大辛口直後汲み 常連のキヨシは、実は五十嵐という姓なので、ここで瓶を持って記念撮影するのが慣例なんだそうなw ◾️またまた3点セット。フランス鴨のたたき、レバースモーク、軟骨の佃煮。 もうこれで終わってもいいくらい素晴らしい(^^) □澤屋まつもと 純米吟醸「守破離」 □鳳凰美田 純米吟醸初しぼり生 ここから暫く、串タイム。 ◾️ささみ山葵 ◾️丸ハツ 普通の店と異なり、膜付きのハツ。初めて食べました。かなり前作業が面倒なんだとか。 プリプリ具合がハンパなく、マジヤヴァス。 □醸し人九平次 純米大吟醸雄町 ◾️とうがらし(ふくらはぎ) パリパリに焼かれた皮と、ジューシーなふくらはぎなコラボ。 □鍋島 特別純米生酒 ◾️手羽先 ◾️血肝(レバー) なんだ、このレバー。美味い、とろける! ◾️つくね コリコリ食感! □花邑 純米吟醸雄町 ◾️皮 皮大好き♪ ◾️フランスうずら(シャントゥーカイユ) 太もも、首肉、ふくらはぎ、手羽先、胸肉という5種の串焼き。丁寧な仕事ぶりが伝わってくる一品。 ◾️みたらし うずらの卵の醤油付け焼き。見た目がみたらし団子の様なのでこの名前がついたらしい。 うずらの卵は、なんと半熟! 串は終了、ここから怒涛の〆ラッシュ。 ◾️スカモルツァチーズ トロトロに溶けた燻製チーズ。たまりません。 ◾️卵かけご飯 メレンゲ状になるまで泡立てた卵白、それに卵黄、鰹節、青葱を添えて。レベルの違うTKG。 ◾️そぼろ丼 軟骨のたたきが、ナイスなアクセント。 ◾️スープ麺入り 鶏出汁たっぷりなトロトロ濃厚スープに、冷麦が。 あまりの美味しさで、やや食べ過ぎました(^^;; 自分の中の、焼鳥の価値観が変わったような気がします。焼鳥という単純に見える料理でも、ここまで昇華させることができるんだ、という感覚。とにかく、いろいろスゴい(^^) マイ焼鳥ナンバー1に決定です!

4

割烹・小料理屋

Kazuyoshi Koshiyama

住所・電話番号非公開の、秘密の割烹。 完全紹介制なので自分の力だけでは行けないお店ですが、権利を持っている会員さんに連れてきてもらえました。きっと、普段の行いが良かったからだw お店には看板も暖簾も出ておらず、まさに秘密の隠れ家。入口に椿の花が刺さっていたので、なんとか分かりました。粋ですね~(^^) 店内は、カウンターのみで11席。白木のカウンターに落ち着いた照明で、オトナな空間。 料理は、お任せのコース。お酒も、料理にあったものを出してくれます。日本酒中心ですが、お願いすれば焼酎などもあります。 料金にはお酒も込み込みなので、安心ですね(^^) □出羽桜 吟醸 にごり とび六 ■先付:アオイリイカの酢味噌かけ □一白水成 特別純米 良心 □田酒 特別純米 □紀土 純米吟醸 夏ノ疾風 3種飲み比べ。 ■八寸:ウニ軍艦、ササミの握り、アスパラ肉巻き、生シラス、なす田楽、鯵の南蛮漬け、出汁巻き玉子 上品かつ豪華。これだけでずっと飲んでいられるくらい。 □黒木本店“球” 焼酎をお願いしたら、これを出してくれました。名前の通り、味に丸みがあり、まろやか。芋なのにフルーティーな感じもします。 ■お造り:マグロ、カツオ、ホタルイカ □蒼空 純米 □飛露喜 吟醸 ■お椀:トマトとメカブのお椀 トマト丸ごと一個入り。これは驚きの一品。酸味もまろやかに。 □黄金澤 山廃 純米 ■焼物:牛タン味噌漬け しっかりした味付け。折り重なっているので、結構な量がありました。 □飛龍 純米大吟醸 ■揚物:春野菜の天ぷら盛り合わせ 天つゆには温玉入り! これで一段とまろやかに。 □鬼山間 赤 純米 無濾過生原酒 □結 純米吟醸 夏吟風 □仙禽 無垢 2017 □東京 純米吟醸 無濾過原酒<限定品> □三芳菊 純米吟醸 吟のさと LED夢酵母 □都農ワイン ホワイトマスカットベリーA 日本酒5種+ワイン1種飲み比べ! ■食事:炊き込みごはん、アサリの赤味噌汁、香の物 ■デザート:ゆずのシャーベット ■が料理、□がお酒。どれもこれも、飛び切りの絶品。ボリュームもたっぷり! お酒もどんどん進めてくれて、こんなに飲んじゃいました。 これだけ飲み食いして、なんと会員価格の7500円。これはもはや、CPがいいというレベルではない(@_@) 和食って、やっぱりいいな♪ 紹介された形で会員になれたようなので、今度また行ってみよう~! #秘密 #隠れ家 #会員制 #タグで教えて!キャンペーン

5

ジランドール

店舗情報

東京都

フランス料理

Kazuyoshi Koshiyama

西新宿・パークハイアット東京41Fにある、フレンチをベースとしたオールデイダイニング。 数日早めですが、自分の誕生日お祝いランチで訪問してきました(^^) 実は、半年ほど前まで、ここの真ん前にあるビルで勤務していたので、このパークタワーピルは勝手知ったるもの。でも、半年で早くも懐かしいわ~(^^;; パークタワービルの39F以上が、ホテルフロア。38Fまでとは、エレベータも全く別の場所にあります。 41Fで降りて廊下を進むと、左手に大きく広がる空間がジランドール。扉もなく、天井も吹き抜けで高く、開放的で贅沢な空間です。 高い位置の壁には、ヨーロッパのカフェで寛ぐ人々のモノクローム写真が隙間なく並んでいて、かなり個性的。 通されたのは、奥まった位置の窓に近い席。 店の入り口近辺の席はガラ空きでしたが、奥まった位置は結構な埋まり具合です。子連れの家族も多く、高級フレンチにあるようなシーンと静まり返った雰囲気ではなく、結構ザワついていて気兼ねなくおしゃべりできる感じです。 この日のコースは、某サイトから予約した「ルート トゥ リーフ」5000円。旬の春野菜を堪能するランチコースです。 まずは、スパークリングワインで乾杯♪ □サステナブルサーモンの炙り 焼き野菜 オレンジヴィネグレット 炙られたサーモンは半生で、塩加減がこのうえなくバッチリ。周囲に添えられた焼き野菜は、空豆、ウド、菜の花、新玉ねぎ、アスパラ、小カブなど、まさに春野菜のオンパレード。 □パン □新玉ねぎのブルーテ 濃厚、クリーミーで美味。 □牛頬肉のキャラメリゼ 根セロリのピューレ 赤ワインで煮込まれた牛頬肉は、ナイフを入れるとホロホロと崩れるくらいの柔らかさ。めちゃめちゃ美味い! □桜とアーモンドのダコワーズ キルシュ風味のディプロマットクリーム 自分のお皿には、お祝いメッセージのチョコが。自分で自分を祝うのもちょい恥ずかしいので、控えめに(^^;; □コーヒー おかわりは種類を変えられるとのことで、カフェオレを。 一流ホテルだけあり、サービスはさすがのレベルで抜かりなし。ゆっくりゆったりと、お祝いランチを堪能(^^) よく通っていたこのパークタワービルでも、初めて入ったジランドールは、期待通りのお店でした。 #春ごはんキャンペーン #フレンチ #ホテル #高級 #記念日

6

ビオディナミコ

店舗情報

東京都

イタリア料理

Kazuyoshi Koshiyama

めでたし、2800投稿目! キリ番回のお店は、サローネグループの大人気イタリアン、食べログ4超えのビオディナミコ。 前から行きたかったお店に、嫁さんの誕生日お祝いランチで訪問してきました。 渋谷と原宿の真ん中あたりにある、雑居ビルの2F。外階段を昇り、何も書かれていない青く塗られた木のドアを開けると、もうそこはいきなりテーブルが並ぶ店内。 席数は全部で16。すごくこじんまりしたお店です。 もっと豪華で瀟洒なお店かと勝手に想像していたので、正直なところ、あらら…という印象ですが…(^^;; ま、良く言えば、飾らないアットホーム感w ランチもディナーも1コースのみしかありません。ランチは、税サ込みで4180円なり。 サローネグループはどこもそうみたいですが、少しずついろいろな料理が出てくるので、目でも舌でも楽しめます。 ◾️ズッパ ディ フィノッキオ ◾️前菜の盛り合わせ ◾️ランプレドット ◾️ノケッテ ◾️アロッスト ディ ポッロ アッラ カラブレーゼ ◾️スパゲッティ ポモドーロ ◾️ローザ エ フラーゴラ ◾️カフェ メニュー見てもなんだかさっぱり分からないので、何がでてくるかもお楽しみw どの品もすごく手が込んでいて、丁寧に作られている感じが伝わってきます。 一番印象に残ったのは、4品目のノケッテかな。こんなの初めて食べた。前菜盛り合わせも良かったな。いやー、さすがですね(^^) スパゲッティポモドーロは、量が自由に選べるサービス。乾麺ベースで、普通の女性は4〜50gとのこと。以前の自分なら300gくらいはいったと思いますが、ただでさえ糖質制限中の身なので、150gにしておきましたw ちなみに、過去最高は500gだとか(@_@) デザートには、定番のサプライズプレートが。 料理の説明の他にも、ちょいちょい話しかけてくれたり、フロア係の男性もシェフも、とてもフレンドリー。シェフには、最後に、どの料理が印象に残ったかを一人ずつ発表させられたりw 豪華で瀟洒ではなくても、味と接客で温かく楽しい気持ちになれ、良い記念日を送ることができました(^^) #肉の日 #イタリアン  #記念日

7

焼肉苑 うまい

店舗情報

東京都

焼肉

Kazuyoshi Koshiyama

2900投稿目の肉山に続き、2929投稿目は更に2929しいこちら! 場所は、西武新宿線・新井薬師前。 ビーフカツや肉の舟盛りで、すでにRetty内では人気爆弾に着火している、焼肉苑うまい。今宵は座敷を12人で占拠して、山形牛を悶絶堪能するためのキヨシのセルフプロデュース誕生日会です。 ■キムチ盛り合わせ ■ナムル盛り合わせ ■サンチュサラダ そして、さっそく登場した山形牛の舟盛り! これはスゴい(@_@) この船に乗ってみたい。家に持って帰りたい~w ■ハバキ ■上ロース ■ヘレ(ひれ) ■サーロイン ■上カルビ ■ランプ ■ツキンボー ■しいたけ ■ピーマン ヤバイっす。どいつもこいつも柔らかすぎで、29があまりに2929しくて、ヤバいっす(^^) でもやっぱり、サーロインが一番かな。生まれ変わったら、サーロインになりたい。 ■ビーフカツ これは、ランチタイムしか出勤しない若女将しか作れないらしく、わざわざこのために出勤してくれたんだそうな。 レアだけど、しっかり美味い。サンチュに乗せてもGood、ライスに乗せてもGood。 ■カツサンド これは、水曜日のランチでしか食べられない品。これも今宵は特別に作っていただき、お持ち帰りのお土産に。 専用のパンに挟まれた分厚いカツ、そしてソースも専用。一口だけ食べましたが、とてつもない旨さでした~(^^) 極上の肉たちのお供は、焼酎・レモンサワー・ウーロンハイなどをほぼ飲み放題状態で。 お店からの差し入れで、スパークリングワインもいただきました♪ 2929記念回にふさわしい、素晴らしい悶絶会でした。 キヨシ、いつもありがとう~♪ #焼肉 #山形牛 #肉の舟盛り #ビーフカツ #カツサンド #激旨 #ディナーキャンペーン

8

東京都

焼肉

Kazuyoshi Koshiyama

29日に2900投稿目。そのお店は、吉祥寺の名峰・29山! これまで何度か機会はあったものの都合が合わず、実は恥ずかしながら初登頂(^^) この日は平日夜でしたが、予約はなんと7ヶ月前に取ってもらったもの。いや〜、ありがたい。4年越し?くらいの夢が叶いました! しかし、相変わらずの人気ぶりですね。もはや、説明不要の名峰か…(^^;; 1種類だけのおまかせコースは5000円。ドリンクはアラカルトで。 ◾️プチトマト ◾️キムチ ◾️パテ ◾️豚ロース ◾️アスパラ ◾️サルシッチャ ◾️エリンギ ◾️内モモ ◾️牛カツ ◾️シンシン ◾️前脚 ◾️味噌キュウリ ◾️イチボ ◾️玉子かけカレーライス ◾️プリン □メーカーズマークハイボール □芋焼酎 □赤ワイン(フランク三浦) いや〜、美味かった! 次から次へと、これでもかと出されるお肉たち。噂通りの圧巻のボリューム。自分はまだ余裕でしたがw でも、食べ切れなかったらどうしようとちょいビビりながら来たのはナイショです(^^;; 部位による違いを味わいながら、お肉を堪能できました。赤身肉は低糖質で、身体にもいいしね。カレーライス食べちゃったけど…(^^;; その〆は、玉子かけご飯かカレーライスですが、合わせ技もできちゃうなら、それ頼むでしょう。赤身肉を贅沢にオンザカレーライス。濃厚で美味〜! そしてこの日は、特注のプリン付き。 名峰は、やっぱり名峰でした。二度目の登頂チャンスは、やってくるでしょうか。他力本願で待ち続けてみようと思いますw #名峰 #予約困難 #7ヶ月待ち #肉のオンパレード #タグで教えて!キャンペーン

9

もつやき処 うめづ

店舗情報

東京都

串焼き

Kazuyoshi Koshiyama

久々に、美味くて身震いするほどのやきとんに出会いました! その店は、国分寺にある「うめづ」。界隈では有名なお店らしいです。 国分寺駅の北口を出て、西にずっと進み、人気がなくなってきた辺り。日本家屋風な造りで、2Fもあるようです。 水曜日18時半過ぎで、すでに店内は大盛況。1Fはほぼ満席で、唯一空いていた6人用テーブルにとりあえずということで通されました。で、すぐにおっさんが2人来て相席状態に。 とりあえず、酎ハイ450円をオーダー。 お通しは浅漬けで、後で逆算したら300円でした。 串が焼けるまでのツナギとして、煮込み450円を。塩味の煮込みで、ネギがたっぷり(^^) と、ここでカウンターが1席空いたとのことで、「移動されますか?」と。 いつまでもおっさんたちと相席よりは、気兼ねしないカウンターのほうが良いので、そそくさと移動させてもらいました。狭いけど、焼き場の目の前の1等席です(^^) そのうち、串が焼き上がってきました。 塩で頼んだ、はつ、かしら、はらみ。ちなみに、串は全部1串130円です。 食べてびっくり、どれも塩加減がバツグンで、噛り付くと肉汁が垂れてくる! ヤヴァいこれ、めちゃめちゃ旨い! 相当の数のやきとん店を食べ歩いていますが、これだけの衝撃を受けるほど美味いと感じたのは、久しぶりかも。 バイスサワー450円をおかわり。 そして、塩がこれだけ美味いのなら、タレも食べたくなるのが人の常。 塩で食べるほうがウマいと思っている、がつ、ちれを、あえてタレでもらってみました。 うん、やっぱり旨い! 最後に、ウーロンハイ450円をおかわり。 ここのサワー系の中はちゃんとキンミヤらしく、これまた高評価。 〆て、2750円。 「めちゃめちゃ美味しかったです」と、店を出る時にかけた言葉には、嘘偽りありません。 美味しいやきとんを食べたかったら、ぜひ訪れてみてください! #もつ焼き #居酒屋 #衝撃の美味さ #オススメ #食欲の秋キャンペーン

10

麺屋 優創

店舗情報

東京都

ラーメン

Kazuyoshi Koshiyama

ここ最近、一番旨いと思ったラーメン店! この店の謳い文句は「蟹・海老・魚介を贅沢に使用した南仏スープ」「中華麺とフィットチーネときしめんとの融合新種麵」。どうですか、聞いただけで垂涎ものの魅惑的な言葉じゃないですか…? こちらは、大久保駅から高田馬場寄りにある、元フランス料理のコックによる独創的なラーメン店。 看板に書かれた「本気のラーメン」の文字にも期待値が上がります。 店に入ると、右手がL字型カウンター席、左手は小上がりでテーブルが2卓。ラーメン店なのに小上がりとは、居酒屋の居抜きなんかなんですかね。 最近食券制に変わったようですが、入り口近くではなく店の奥に券売機があるので、客の動線がちょっと変(^^;; メニューは大きく魚介系と豚骨系に分かれていて、各々ラーメンとつけ麺が。 今回は初めてなので、もちろん魚介系をチョイス。魚介系のラーメンには味噌と醤油があり、店のイチオシっぽい、魚介味噌ラーメンをポチッと。900円。あと、味玉も。100円。 麺は1.5倍で+150円、2倍で+300円ですが、減量中なのでここは普通盛で。 5分ほどで着丼。 スープは、普通の味噌ラーメンよりさらに濃いめの焦げ茶色。 一口すすってみると… 南仏ブイヤベースのような、蟹・海老・魚介の出汁がドンと襲って来る。ただ、かなり濃厚だけど、味噌がうまい具合に全体を整えていて、素材が協調し過ぎておらず、めちゃめちゃ旨い! 融合新種麺は、平太の縮れ麺。濃厚スープとしっかり絡みます。 具は大きめのチャーシュー、海苔5枚、メンマ。スープが主役のラーメンなので、もはやこれらは脇役です。 追加した味玉は、しっかり味が染み込んでいて、黄身がトロトロ。これもまた旨し。 あまりにもスープが旨いので、つい半ライスを追加。50円。 残ったスープに投入して雑炊風に。最後の一滴まで残さずいただきました(^^) かなり個性が強いので、好き嫌い分かれるかもしれませんが、自分的には大ヒット。これは、魚介醤油も食べてみたい。 久々に感動モノのラーメンに出会えて、大満足なランチになりました♪ #GWキャンペーン