堀田 京助

堀田 京助

食べることが好きで日本全国食べ歩きを夢見て今日も活動中。

  • 1001投稿
  • 85フォロー
  • 158フォロワー

好きなジャンル

  • 洋食
  • 丼もの
  • 海鮮料理
  • とんかつ
  • 天ぷら
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
堀田 京助

堀田 京助

excellent

    神保町駅

    立ち飲み

    神保町で深夜2時まで営業する立ち飲み屋さん。 2020年6月22日コロナの時にオープン。 店長は元々神保町の「どまんなか」で店長をしていたあつのりくん。 飲み物、食べ物はワンオペって事もありキャッシュオンなので、カゴにお金を入れて自分でお釣りを取ります。 価格が安すぎるので「キモ安」って店長は自ら言ってます。安すぎると奥さんから怒られます。 深夜12時を超えると、深夜の呑兵衛のための超絶品ラーメンが裏メニューとして登場。店で出す魚をおろした時に出るアラをベースに出汁を取り作るんだとか。個人的には神保町界隈のどのラーメンよりも美味い!しかし深夜12時まで待たないと食べられないのが難点。しかもある日と無い日があります(私はいつも事前に電話で確認します)。 ウニやイクラが載ってる贅沢なラーメン。 呑兵衛に優しい塩味と麺の量。そして味噌汁のように肝臓へ染みるスープ。どれをとっても最高です。 終電を逃す覚悟がある人のみ食べられる逸品です。 毎日深夜2時までワンオペで営業してるので、2時になってら深酒せずに帰りましょう(笑)

堀田 京助

堀田 京助

excellent

    天史朗鮨

    店舗情報

    小田原駅

    寿司

    相模湾でとれた地魚を出すお寿司屋さん。 前にも来た事があり美味しかったので10年ぶりくらいで再訪。 まずは瓶ビール。 鈴廣の蒲鉾(小田原名物もちろん鈴廣の上物) 太刀魚の焼物(塩とスダチで♪もう最高。日本酒待った無し) そして日本酒(山形の上喜元)と刺身 塩とスダチを追加で 黒むつ 中トロ めいち鯛(この時期だけの限定品) 金目鯛 ウスバハギ(肝入最高♪) 赤貝(追加して大正解) 〆は握り(シャリは赤酢♪) 小肌 平貝 ウスバハギ(本日一番の大ヒット) 穴子(シットリだけど皮はカリカリ) 全て語り出すと論文になりそうなので多くは語りませんが、全て絶品です♪

堀田 京助

堀田 京助

good

    大磯駅

    ラーメン

    仕事で平塚。 平塚駅から山の方向へバスで20分。 前から気になっていた家系ラーメンを訪問。 正直、家系ラーメンって正解が分からない。 元祖の吉村家はいつも行列だし、繁華街にある家系は中国外資の偽物で美味しくないし。 家系風はよく食べるけど正解はどれなんだろ。 さておき満席のカウンターに1席空きが出来たタイミングだったのでラーメン(並)を注文。 出てきたラーメンはよくある家系の風景。 チャーシューにほうれん草、海苔3枚。 まずはスープを飲む。が、とにかくしょっぱい。これは完全に体に悪い塩分濃度。ご飯セットが前提でないと飲めないレベル。 しかし麺はかなり美味しい。自家製麺かなと思うほど。そして海苔も美味い。 仕事なのでニンニクは入れられないけど、代わりに細切りのショウガをタップリ入れる。これまたショウガがよく合う。 全体的にスープ以外はかなり美味しい。 スープも味は良いけど塩分ヤバイ。濃さを薄めにしないとダメ。塩分過多で倒れる。 次回来る事があれば是非スープ薄めにしてもらおっと。 ごちそうさまでした!

堀田 京助

堀田 京助

excellent

    とんかつ 明石

    店舗情報

    新橋駅

    とんかつ

    一番美味しいとんかつ屋さんと知人に聞いて、新橋駅前のニュー新橋ビル4階にある「とんかつ明石」さんを訪問。 特上ロースorヒレか、普通のロースorヒレ。あとはカツ丼というメニュー構成。 今回はお試しだったのでオーソドックスな普通のロースカツを注文。 そして出てきたロースカツの大きさにビックリ!そして脂身も多い!中トロ注文したら大トロ出てきちゃった気分。後で聞いたら今回だけ特別ではなくいつもこのくらいの大きさらしい。 脂身も大きく、赤身と離れてしまっている。 とんかつはカツと戦うための戦略が重要。 この店の武器を確認。とんかつソース、ウスターソース、醤油、藻塩、和がらし、七味、ドレッシング2種。ソース類が多く塩があるのは心強い。 ご飯は固めに炊いてあり、味噌汁は豆腐の赤出汁。お新香もツボ漬けと白菜漬けのWでだいぶ豪華なとんかつ定食。 これは気合が入る。 まずはど真ん中の大きな肉と、その脂身に照準を合わせ、まずは何も味付けをしないで齧り付く。 うん、脂身でもないのに肉の味がしっかりあって揚げることで出る肉汁がとても甘い。何か味を付けてしまうのが勿体ない。 2口目は藻塩を少し掛けて食べると甘みが何倍にも膨れ上がる。脂身は塩多めで食べると更に甘み倍増。一切れでここまで美味いとは。なんたるポテンシャル。 2切れ目はもう一度藻塩で勝負。間違いない美味しさ。ソースなど意味があるのかと思わせる。 しかしとんかつ屋はソースも大事。 3切れ目はとんかつソースを少しだけ肉に乗せて食べる。もちろん衣ではなく肉の断面にソース。これ常識。 うんうん、ソースも美味いじゃないか。塩が一番だと思っていたけど、自家製ソースも十分美味い。ソースが掛かった残りの部分には和がらしを乗せて食べる。味変って大事。これはこれで美味い。 脂身にとんかつソースはクドイのでウスターソースで味付け。 ウスターソース、いい仕事するなぁ。 カツとの相性抜群です。やっぱり下町はウスターでしょ♪ さて、とんかつとの戦いも後半戦。 4切れ目は満を辞して醤油!衣ではなく肉の断面に染み渡るように少量垂らして、醤油が肉に染み込んでから食べる。 とんかつって脂がなんて言わせない。醤油のキリッとした味が肉の断面と口の中を締めてくれる。これこそ本命といって過言ではない。 残ったとんかつはあと2切れ。 どう戦う?一通りの武器は使ってみた。 この2切れに最適な武器を考える。レモンがあればまた違う楽しみがあるのだが、今日は無い。 5切れ目は醤油、6切れ目は漬けソースに決定。 隣のカツ丼が美味そうだったので、ソースカツ丼のソースでしんなりした衣のカツを作るべく、多めのソースを6切れ目に掛けて全面に付けて衣しんなりさせる。その間に5切れ目を醤油で頂く。 ちなみにここまでで多めのキャベツは半量を消費している。最後はソースキャベツを食べたいので残しつつ、ご飯の消費を抑えるためにキャベツを代用しながら食べる。味が強いソースや醤油の場合はご飯の消費が多いのでキャベツを挟む事でバランスをとっていく。 さて、そろそろ良い頃だと思い最後の6切れ目。ソースで衣しんなりでソースカツ丼のそれを彷彿させる。もちろん味の濃さはMAXなのでご飯もキャベツもまだ残してあるけど、この6切れ目でご飯は全て消費。キャベツも1/4残して全部消費。 最後はソースキャベツとご飯で食べたかったが、カツの旨味が強すぎてコントロールが間に合わずご飯を全て消費してしまった。 おかわりはしない。未熟な自身のコントロールに反省。 キャベツにソースを掛けて、皿が綺麗になるよう衣の破片を拾い混ぜながら纏めて食べて終了。 特上でもないのに大トロで多めのお肉、更に肉自体が美味しく武器も優秀。これは確かに美味しい。とんかつは大好きだけど間違いなく個人的とんかつランキングの上位。 次回はもっと早い時間に来て、食べ方に悩まないカツ丼を食べることにします。

堀田 京助

堀田 京助

good

    氷花餃子 開成町店

    店舗情報

    開成駅

    中華料理

    店前の「庶民の値段で貴族の享受」は素敵なワード。 ランチのピークを過ぎているのでお客さんもまばら。ランチメニューはよく見る内容。 昨日のピカタ定食の回鍋肉が美味しかったので、今日は回鍋肉定食に決定。 肝心の回鍋肉の味は、、、 激辛 回鍋肉の具材を動かすと皿には真っ赤な辣油の海。 あれ?四川料理屋に来てしまった?? 店内を見渡すと四川料理とは書いてないけど陳建一とコックが写るA2サイズの写真が飾られている。。。 そりゃ辛いわけだ。何とかご飯とのバランスを駆使して食べ切ったけど、冷んやり冷えた店内で汗だくの私。 こんなに辛くしなくていいのに。。。 メニューにも辛い料理は無かったじゃん。 周辺や駅前にコンビニないけど何処かで甘いものが食べたい。。。 ごちそうさまでした。