HIIRAGI Kenji

HIIRAGI Kenjiさんの My best 2017

シェアする

  • facebook
1

栃木県

中華料理

HIIRAGI Kenji

赤ちょうちんが吊るしてあるが、中華料理店でした。 とりあえずラオチュー380円と餃子240円。のち、カレー炒飯510円。 三角形ぽい餃子。具は柔らかく肉汁ジュー。 カレー炒飯はカレー粉かなり多く使ってて、かなりアジアンでした。

2

東京都

丼もの

HIIRAGI Kenji

席は最大で6席ぐらい。なので、店主夫妻とマンツーマン状態に。ほぼ予約制のきりたんぽ鍋のお店。きりたんぽは自家製で、太くて長い。陽気な店主ご夫妻との会話がはずむ。

3

東京都

居酒屋

HIIRAGI Kenji

鳥勝だけど、鳥はなく、豚と牛のお店です。そいえば、鳥茂系列も鳥ないですね。 とりあえず青リンゴハイと生野菜シングル、ミノ刺し。 もつ焼きは、醤油味で。 その後、おしんこだの、焼酎ナカお代わり、日本酒だの、ハラミステーキだの頼んでお勘定。2690円なり。 オススメは断然ミノタタキ。

4

北海道

ラーメン

HIIRAGI Kenji

すすきの駅でドニチカ切符を買って福住駅へ。福住駅から平岡営業所行きバスで少し。朝食をホテルオークラでガッツリ食べたばかりなので、つけ麺(小、1玉)750円と味付玉子100円にしました。 それにしても、土地柄なのか、北海道はビーパル購読率高いですね。昨日の江別の喫茶店にも置いてありましたもん。 麺は太い平打ち。冷やもりにしましたが、もちもち感もあり、すばらしい。大盛りにすればよかったと後悔。

5

栃木県

ラーメン

HIIRAGI Kenji

チャーシュー麺850円と餃子3個320円。 麺は手打ちの太麺。スープはあっさり。チャーシューは3枚ですが、厚切りででかい。餃子はいわゆるジャンボ餃子。 5個だと450円になり割安ですが、5個にしていたら食べきれなかったでしょうね。

6

東京都

ラーメン

HIIRAGI Kenji

閉店間際は行列もなく、すんなり入れました。迷いに迷って、ネギそば830円にしました。ピリ辛とカッコ書きされていたので、白髪ネギかと思って待っていたら、青ネギがどっさり載って出てきました。輪切りの鷹の爪がいいアクセントに。 (2017年3月15日訪問)

7

東京都

洋食

HIIRAGI Kenji

エビス生ビール500円、的矢カキの塩辛680円、和牛煮込み580円。カキ塩辛は自分でも作れたらいいのになあ。煮込みは牛すじとスネあたりのお肉かな? 眞澄純米吟醸300mlボトル1100円、林SPF串カツ780円。串カツは根元だけ玉ねぎで、あとは全部肉でした。トンテキとラーメンは次回の楽しみに取っておくことにしました。締めて、税が乗っかって3930円也。

8

東京都

中華料理

HIIRAGI Kenji

お洒落な店内。とりあえず白酒の中から一番安くて度数の高い二鍋頭酒(アルコードシュ)56°グラス490円。 湖南式トリッパ880円は甘辛で酒が進むが、一人にはすごい量。大量の唐辛子は、餃子といっしょに少しかじった程度で、ほぼ残しました、 大餃子4個520円はいわゆるジャンボ餃子。 締めに福建チャーハン(海鮮あんかけ添え)をハーフサイズ1040円で。甘めのあん。チャーハンはふっくらしてます。 白酒だけでほろ酔い、お腹いっぱいにつき2杯目は不要でした。

10

北海道

寿司

HIIRAGI Kenji

JRの帰りの東京行き乗車券をなくしてしまい、函館空港からLCCで帰ることに。時間つぶしで、ベイエリアのハセガワストアのやきとり弁当を買い、スタバへ。文学館と北方民族資料館を覗いた後、空港行きバスの待ち時間に、駅前のこちらへ。一番安い握りのセット2200円と麦焼酎「青鹿毛」、追加の握り5個(イカ醤油漬、サーモン酢締め、コハダ、すじこ、ニシン酢締め)で、5400円。握りは煮切り醤油が塗ってある私の好きなタイプのお寿司。 店内は撮影禁止です。すみません、箸袋と焼酎は撮っちゃってました。