Yasuhiro Alexander Kitamura

Yasuhiro Alexander Kitamura

高くて美味いは当たり前!#ワンコイン ( ¥500以下のランチ ) がマイブーム ホームは鎌倉 湘南。鹿児島もチョコチョコと。。

  • 955投稿
  • 573フォロー
  • 2735フォロワー

好きなジャンル

  • 焼き鳥
  • とんかつ
  • 丼もの
  • 居酒屋
  • パン

MY BEST

  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Yasuhiro Alexander Kitamura

Yasuhiro Alexander Kitamura

good

逗子になかった中華ダイニング 郵便局のチョット先に飲食店っぽい内装工事をしていたので、どんな店ができるかと楽しみにしていた。 先週、価格ちょっとお高めの「本格中華」 が12月1日にオープンとの情報が入った。 横浜中華街では焼き物で有名な「同發」、そして「聘珍楼本店」では副料理長と、有名店で腕を振るっていた店主が開店と聞いた。 この手の本格中華は逗子には無いので、即行こうと考えていたが、初旬の週末までは仕事も忘年会もドタバタで、明けの月曜のランチにでも軽く行こうと楽しみにしてた。 そして今日、午前のMTGをサッサと終わらせて11:30過ぎに一番乗りで初訪してきた。 カウンター8席で後ろが狭め。白基調の店内はそれほど広くはない。 一番奥の席に座り、先ずはメニューを拝見する。 ワンオペとのことで、基本コースだけで、アラカルトでのオーダーはない。 よくわからなかったので、「おすすめは?」と尋ねて、そのお勧めの「広東式焼き物ランチ」に決めた。 先ずは、らいとん(例湯これなことかな?)と言う「スープ」。 次に出てきたのが、「肉の皿」(説明がなかったので、多分これだと思う。)  ・ハチノス  ・ミミガー  ・釜焼きチャーシュー  ・鶏の胸肉の冷製  ・ターサイの油炒め ここでご飯が出てきて、次に「玉ねぎ焼売」。 量的には肉盛り・焼売に比べて茶碗が小さく、ごはんをおかわりしたぐらい。肉量はそこそこ多い。 皿をウォーマーで温めていたり、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく提供していただけるのだが、その丁寧さが逆にワンオペのてんてこまいを生んでる気がする。 杏仁豆腐は個別の器に作っていただけたら、雑に見えないし、給仕が楽なので良いかな?ここだけとにかく忙しく「やっつけ」に見えた。 まだ開店直後なのでオペレーションはこれからだと思うが、何より味も良く、手を抜かないその雰囲気がこれまで無かった感じなので、温かく見守ろうと思う。 あそこの店と比べる、、みたいなことはするつもりがないが、正直こんな田舎なので、知らずに行くと高めの価格設定に驚く。 だが、素材も含め価値あるものを提供をされていると思うし、そこを分かる方も多い地域なのでそこは良いと思う。 この広さで難しいオペレーションもあるだろうが、全体バランスが早く合ってきたら嬉しいな。。とか生意気に期待してます。

Yasuhiro Alexander Kitamura

Yasuhiro Alexander Kitamura

good

さっぽろ駅

ラーメン

塩 ドロドロに頼らないパイタンスープ。。 醤油 チョット塩分が濃いかな。。 前評判が高すぎて、冷静に評価できないので絶対にリベンジしないと。。 醤油が目的だったので、先に着丼した塩に圧倒されて醤油を見失ってしまった。 あんなドロドロしないのにしっかりした鶏のスープ。もう最高でした。 醤油を上手く評価できないのは、塩に気持ちが言ってしまったことです。 ただ、スープを完飲できないくらいの塩辛さだったのは確かです。(こちらの体調もあるでしょうが…) あっそれと、うんちくを書いてあるメニュー見たいのの写真をお水のポットに立て掛けて撮ってる最中に、バイト君が「自分の仕事優先」で、ポットを入れ替えましたので、4枚目の写真にバイト君の手が写ってしまってます。。 これはどこの飲食店でもあり得ない。全くダメダメなので、大きく減点ですね。。 美味いのは当たり前ですし、オペレーションも一流でないともうダメなんです。だって『Q』さまなんですから… 今後とも応援してます。

Yasuhiro Alexander Kitamura

Yasuhiro Alexander Kitamura

excellent

銭函駅

ラーメン

『付き合いが深いからって、仲良しだからって、味の評価だけは大目に見たくない…』 そんなポリシーなんです。。 頑張ってるんだから、、これぐらいの評価で、、とか、、、 いやーーザガットサーベイでないんだからおれは、、な〜んて考えと、不安な気持ちを抱えたままで足を運んだ仲良し店主麻美の店。 不安いっぱいだったけど、一口目のスープで不安は取り除かれ、逆に流石!と思えるぐらい頑張って作り上げた一杯で美味しかった。 鶏のスープは臭みもえぐみも感じなかったし、魚介系は酸味がうまく立ってて俺好み。 北海道ではいまだにスープの絡みやすいチリチリ麺が主流だろうが、番手が違ったストレートも選べるようにしているのもありがたい。 札幌と小樽の間にある銭函のバイパス沿いにあるので、地元の車持ちで無いと、行き難くとてもハードルが高い店なのだが、こだわり持った麺選びと、手を抜かずに仕込んだスープのバランスは美味いので、機会を作ってまた食べに行きたいと思えるほど、価値は高いクオリティ。 市内からはかなり遠いいのでお客様はわざわざきてくれてる。。と思うあたりを考えて、遅めのランチにも、早目の夕食にも合わせられるように中休みを入れずの姿勢… そんな店主の人柄とこだわりを強く感じる。 店主と仲が良すぎるので、個人的にはウザさにも感じるのだが、このホスピタリティが麻美らしく良い面が出てせる店で、兄的立ち位置のおれは安心した。 また、客数が落ちる中休み時間をうまく活用して作り上げられてる、大皿に盛られた「おばんざい」の数々。。 毎日メニューを変えるこだわりと、ラーメンの仕入れで使わない魚介系を毎日仕入れに通い、来るお客さん層に味のバラエティを広く提供する辺りにも頭が下がった。 どこかで長く修行したわけではないのにラーメンもおばんざいにも素人っぽさを感じないし、味は堂々としてるのにとても優しい。 これ以上書くと、身内褒めになるので、やめとくが、たくさん人が並んで行きにくくなる前に行くべき店です。今後も期待してます。

Yasuhiro Alexander Kitamura

Yasuhiro Alexander Kitamura

excellent

西線9条旭山公園通駅

ラーメン

そう三年越しの念願叶って、、木曜日に木曜日。。 口当たりは鯖の酸味なのかな?パンチがありながらにして、するする入っていく喉越しが良い自家製麺。最高の一杯でした。 『ワンコイン』にこだわりを持って、今までも海苔や麸の別価にさせて頑張ってこられたようです。 増税後も価格は変わらないとのお話を聞きました。とても素敵なマスターでした。 さっき確認したら伺ったのは『金曜日』…驚

Yasuhiro Alexander Kitamura

Yasuhiro Alexander Kitamura

good

豊橋駅

寿司

折角豊橋まで着てるんだから、些少高くてもコンビニの弁当よりもエッジの効いた地元の弁当が良い。 と探したらアルアル。。壺屋さん。 えーースーパーだったら半分で買える。。とか思いながら出張の朝を楽しんだ。 味は もちろんエッジがバリ効きで、甘くてどこかおばあちゃんの味がする。添加物を使わずに日持ちをさせる弁当ってこんな味なんだよな〜。。とか考えながら窓の開かない車窓も楽しんだ。 『空箱を車窓外にお捨てになることをご遠慮ください。』って、包装紙に書いてあったが、開いても捨てる人聞きたことないわ。。親切だけどね。。