Shinichi.M

Shinichi.Mさんの My best 2020

シェアする

  • Twitter
  • facebook
1

カリーヤ!コング

店舗情報

北海道

スープカレー

Shinichi.M

札幌スープカレーといえば”カリーヤ!コング” 皆さんどうぞ宜しくお願いします。 ”カリーヤ!コング” 2002年創業の超人気店! 営業時間が15:00までなのでなかなか食べに行く機会がなかったのですが、今日やっといくことができました。 カフェのような店内気さくな店主とっても良い雰囲気の印象です。 駐車場は店舗前に数台停めることができます。 価格帯は平均して2000円台なので、一般的にはハイクラスの価格ですが、”チキンは”知床鶏” 豚肉は”留寿都豚”を使用”とメニューに書いてありました。知床鶏はやきとりの場合一串300円から500円はします。チキン一枚となると...。留寿都豚は流通があまりしていなく私も留寿都にいって買い付けるくらいで、甘く旨味たっぷりの高級豚です。これで2000円台は安い!と感じました。 立地や原価を考えると儲けあまりないのでは? セオリー通り、”チキン野菜カリー”と”ポーク野菜カリー”に辛さ+30、ご飯大盛り+100円を注文しました。 この店のスープは辛さは控えめが特徴で、辛さは+8以上じゃないと辛さは感じられませんが、辛いのがお得意な方は、辛さを+20以上+30以上がオススメというか必須かもしれません。 スープは超サラサラ系スープです。スパイシーな香りが際立ち、後味が甘くてコク深く、すっきりとした味わいの絶品スープ!スプーンが止まりません。 辛さが際立つスープが多い中、旨味を重点に辛さを敢えて抑えるスープ! 辛さ控えめも、辛さを増して飲んでもどちらでもその域のスパイスを味わえる一押しのスープです。 具材のチキンは、香ばしく、パリパリとしっとりの中間で、チキンそのものの素材が活かされていて柔らかく美味でした。チキンだけでも美味ですが、スープに浸すとスープに馴染んでいて美味でした。 ポークは、甘みがあり適度な脂身で噛めば噛むほど肉汁がじわっと旨味が増してきます。スープに浸すとスパイスと肉汁がマッチし旨味に変化をもたらします。 ライスの上にのっている留寿都豚バラもご飯と食べても良いですが、スープに浸して食べるとバラの脂身がまた違った印象を与えます。 オススメは、ポークとごはんにスープを浸して一気に口にいれる食べ方です。病みつきになりますよ!ぜひ試してみて下さい。 野菜は、にんじん、えのき、しめじ、びーまん、じゃがいも、インゲン、トマト、ズッキーニ、パプリカ、ナスの10種類入っています。 じゃがいもは丸ごと1個入っており、他の野菜もかなり大きめで見た目豪華さは◎ですが、食べごたえも◎でした。しっかり油通しされていて、素材の味を活かすために工夫されていて、柔らかいのに崩れず強烈に主張しています。特ににんじん、なす、じゃがいもは強烈に印象に残った食材でお洒落な味わいでした。 ちなみに、ラッシーが食後に付いてきます。 メニュー表は撮影禁止とのことで掲載できませんでした。 価格帯は高めですが、それを差し引いても、スープ、具材、店内雰囲気、店主、コロナ対策全てにおいてパーフェクト!  また伺います。これからも応援してます。 ご馳走様でした。

2

北海道

スープカレー

Shinichi.M

札幌のスープカリーでは知る人ぞ知るスープカリーの王様”KING” リピート間違いないお店です。 札幌に来られた方に”KING”はオススメするお店の一つになると思います。 駐車場は何台でも停めれます。 スープはサラサラ系クリーミースパイス。 サラサラしたクリーミーな味わいに後からガツンと効くスパイス!なのに”すーと”した優しさがあるスープです。 二重三重に絡んでくるスープは、”正にスープカリーの王様に相応しい”と感じながら一気に飲み干してしまいました。 今日は、ラム野菜を注文しました。辛さ+5にご飯大盛り(+50円)、スープの量は多めで、スープ増しは見送り。 辛いのがお得意の方はまだまだ辛さを増しても大丈夫だと思います。 辛さが苦手な方は+1をオススメします。 具材は、大きめにカットされたラム肉、じゃがいも、にんじん、なすび、キャベツ、うずら、かぼちゃ、ピーマン、オクラ、ヤングコーン、しめじ、レンコンでした。 野菜は大きくカットされいてボリューム満点。しっかりと油通しされていて、パリパリ感はありませんでしたが、しっかりとスープに馴染み、素材の味も生かされており、味も美味、また見た目の豪快さも◎です。 なによりも、ラム肉にしっかりと味が染み込んでいるにもかかわらずパサパサ感がなく肉が柔らかく、印象に残りました。 新型コロナ対策は、入店時検温、消毒が徹底されてました。ある程度のソーシャルディスタンスも一応意識していました。 最後に、支払いが現金のみでした。時代が時代なだけにアプリ決済があれば尚良いと感じました。 今日は最高のスープカリーありがとうございました。 ご馳走様でした。 #スープカレー

3

Beyond Age

店舗情報

北海道

スープカレー

Shinichi.M

本当に美味しいです。 絶対に一度は行ってください。 リピート間違いありません。 ダントツ”ベスト”でした。 (KINGに出会ってしまうまでは) 投稿が遅れてしまいました。 先月遂に!以前から気になってはいたスープカレー屋さんに行くことができました。 札幌南19条の環状通り沿いにある”beyondage”です。2回目です。 1回目 メニューを開くと野菜が種類があり美味しそうでしたのでベジタブルカレーにソーセージをトッピング、辛さ+5、ごはん大盛り、オリジナルスープを注文しました。 2回目 ランチの牛すじ煮込みカレーに、辛さ+6、かぼちゃとなすをトッピング、ごはん大盛り、オリジナルスープを注文しました。 3回目 お盆時期のためかランチはやっていませんでした。 通常メニューで”ラムベジタブル”にオクラ、しめじ、温玉マイナストッピング。ブロッコリー(110円)とマイタケ(160円)をトッピング。スープ大盛り、ごはん大盛り、パクスープにチャレンジ!辛さ+7を注文しました。 スープは、サラサラ系でスパイスの薫りがぷんぷんしていました。味はブラックペッパーが効いてとてもスパイシーでしたがスパイシーさの中にまろやかさが見え隠れしている印象のスープでした。 ガツンと二重にも三重にも効く強烈なスパイスにもかかわらす、クセが全くなくスッキリした味わいで、野菜よりもスープが一気になくってしまいました。これは最高に美味しい! スープカレー全般にいえますが、beyond ageさんのスープは特に、前半と後半とでスープの甘みが変わります。前半熱々のスープは、甘さというより辛味が先行しその後にまれやかさが効いてきますが、後半少し冷めてきた時に飲むと辛いというより、甘みが先行してまろやかさが増してコクが深まります。 パクスープはサラサラ系でブラックペッパーの辛さが先行し甘みがなく後味に若干酸味があるスープの印象でした。 よりエスニック感が増します。 パクスープは⭐️3つです。 個人的にはオリジナルスープの方が好みでした。 辛さ+7は、ピッキーヌの辛さがより増します。辛さが大丈夫な方は+8でもOKだと思います。 具材は、スープが多めでスープ増しにしているせいもあり、具材が沈んで見た目の豪快さはありませんが、ある程度大きめにカットされた野菜が次から次へと顔を出してきます。見た目からは想像出来ないほどボリュームがありました。 具材は、しっかりと油通しされていて、スープに馴染んでいて具材も美味しかったです。 野菜は、ブロッコリー大きめ3個、かぼちゃは薄くスライス、なすは大きめ2個、キャベツ、にんじん中ぐらいでした。 牛すじは、かなり煮込まれいるのに硬くなく非常に柔らかく味がしっかりスープに馴染んでいます。 3回目 油通しはされていましたがかぼちゃがかなり固かったですね。 舞茸はばっちり油通しされていてスープに馴染み舞茸の香りと旨味が最高でした。 ラムは薄切りスライスでした。臭みがなく柔らかくスープにちゃんと馴染んでいました。 beyondageさんは、3回来てみて札幌を代表するスープカレー屋さんの一つだと確信しました。 さすが”スープカレー発祥の地札幌” このお店を上回るスープカレー屋さんと出会えます様に。 beyondageさん、また来ます。 #スープカレー

4

西屯田通りスープカレー本舗

店舗情報

北海道

スープカレー

Shinichi.M

札幌を代表するスープカレー屋さんです。 このお店は皆さまに自信を持ってオススメできます。 ぜひ、一度とは言わず何度でも足を運んで下さい。リピート間違いありません。 西屯田通りスープカレー本舗は、南9条通りを中島公園方向に向かい西12丁目を左折すると西屯田通りの商店街ななります。西屯田通りの左角にあります。曲がるとすぐにわかります。 駐車場は店舗裏斜の路地にあります。 結構遅くまで営業していますので、残業帰りでも十分間に合います。(午前様はさすがに営業していません。) 3回目です。 ハンバーグを注文しました。あっさり旨スープに辛さ+7 流石に辛くなってきました。 3回目はオーダーミスはされた挙句に、ご飯、スープ、かぼちゃにハエは止まり散々でしたが、オススメ店には変わりありません。 またリベンジしたいと思います。 2回目です。 スープが4種類選べれます。 大きく分けて”あっさり旨スープ”と”濃厚コク旨スープ”に分けられます。あとの2種類は別物のスープに切り替わってしまうため... あっさり旨...超サラサラ系でブラックペッパーをガツンと効かせたかなりスパイシーな味わいのスープです。後味に野菜の旨味が優しい味の印象を植え付けます。 濃厚コク旨は、トロトロ系スープです。スパイシーな味わいながら、あっさり旨よりもクリーミーでまろやかな味わいのスープです。 個人的にはあっさり旨が好みですが、あくまでもどちらかというとですので、どちらも最高のスープです。 今回は辛さ+5にしましたが、辛さがお得意な方は、野菜の甘みが+されるので+6以上をオススメします。 前回は角煮、今回は”とり野菜”を注文しました。 チキンは”ほっくほっく”スプーンでほぐれます。しっかり油通しされていて、スープにも馴染んでいます。これは最高に美味しいチキンですね。 角煮は忘れてしまいました、次回もう一度食べてみます。 基本野菜は、キャベツ、紫キャベツ、オクラ、ニンジン、じゃがいも、かぼちゃ、レンコン、ピーマン、しめじが入っています。 なかなかのボリュームです。 しっかりと油通しされていて、スープにも馴染んでいますので、全体的に素材の味が生かされて美味でした。 ご馳走様でした。 #スープカレー #西屯田通りスープカレー本舗

5

アジアンスープカリー べす

店舗情報

北海道

スープカレー

Shinichi.M

味、具材、コスト全てにバランスのとれたお店で 文句なしベスト! このスープは、きっとリピートするはず! そんなお店です。 昨日は、白石区にある毎回満車&行列ができる店”べす”に行きました。実は2回目です。 郊外ということもあり駐車場は裕福にありますが、なかなか停めれません。 店内は、アジアンテイスト風に仕上がっていて雰囲気は少しは味わえます。 BIGハンバーグカレーをチョイス(1080円安い❗️)。基本野菜が6種類と少なめなため、かぼちゃ、れんこん、ブロッコリーをトッピング(各120円)、辛さ+4.5(無料)、ごはん大盛り(+50円)を注文しました。 メニューにスープ大盛りはないですが、注文時に”スープ大盛り”と伝えるとOKしてくれる時があります。ダメな時もあるみたいですので、スープをたくさん飲みたい方はダメ元で伝えてみて下さい。 スープは比較的多目の量で、スープ大盛りにすると結構な量になります。器はスープ普通盛りは陶器、スープ大盛りはステンレスになります。 脂が多目の超サラサラしたスープで、最初はガッツとスパイスが効いてきますが、そのあとすーとした優しい味に切り替わります。ベース自体が辛さのあるスープでしたが、かなり飲みやすいスープです。また、ゴマの香りが旨さを引き立てコクもしっかりあります。美味でした。 基本野菜が少なめで食べたい野菜が基本野菜に入っていませんでしたので、トッピングしましたが、なんとブロッコリーは8個、れんこんは3枚、かぼちゃは2枚追加になりました。それに基本野菜とメインの200g?くらいのハンバーグで物凄いボリュームでした。これだけ頼んでも1480円です!コストパフォーマンスが最高! 揚げじゃがいも以外の野菜は野菜のカットが小さめですが、スプーンですくうとスプーンに入る大きさで考えられています。 野菜はきちんと素揚げされておりサックサク感はありませんがスープに馴染んでいます。 ハンバーグはとてもジューシーでスープにも馴染んでいて美味しかったです。 札幌市郊外ですので、車が必須な立地にありますが、一度は足を運ぶ価値は大いにあります。 ご馳走様でした。

6

Dutch-Oven

店舗情報

北海道

カレー

Shinichi.M

これは美味しいお店です。 隠れた名店運良く見つけることができました。 羊ヶ丘通りにあるぼくぜんとなごやか亭に隣接していますが、意識しないと通り過ぎてしまうくらいあまり目立たない位置にあります。駐車場は2台ほど停められます。 メニューはシンプルでわかりやすいです。 野菜は少なめで5種類程度で野菜などのトッピングはありません。かろうじてごはん大盛り(+100円)とスープ大盛り(+250円)がありました。 牛マルチョウを注文しました。 脂が多めのスープを一口飲んだとたんガツンとしたスパイシーさに後味に甘みがやってきて、これがまた美味。一気にスープを飲み干してしまいました。 また、土鍋風?の器なためあっつあつのスープが一段と辛さと甘みを増します。 具材は、牛マルチョウ、ピーマン、にんにく芽、じゃがいも、にんじん、なすび、ブロッコリー、たまごでした。なすびやブロッコリーはスプーンにのる大きさに刻まれており、食べやすく、油通しされており、しっかりとスープに馴染んでいました。 牛マルチョウはプリプリで、スープカレーに合う具材ですね。 野菜、牛マルチョウともに美味しかったです。 ですが、ここのお店で美味しいのは、チキンです。柔らかくしっかりと煮込まれておりスープに馴染んでいて今までのチキンの中で一番美味しい。 このお店にきたら、まずは”チキン”で期待を裏切りません。 ご馳走様でした。