Kaduo S

Kaduo Sさんの My best 2021

シェアする

  • Twitter
  • facebook
Kaduo S

「教えたくないけど、誰かにそっと教えたい焼肉屋さん」は意外にも®️初登場‼️ 焼肉激戦区の千葉県市原の中でも常連さんの絶えない繁盛店です。 入ったことがない町の焼肉屋さんってなかなか入り難いが、 しかーし! 扉を開けると笑顔たっぷりでチャーミング✨な女将が迎えてくれる テーブル席、座敷席があり、コロナ禍の今は間隔を空けるために使用禁止の席もあり、大型の換気扇が唸り空気の入れ替えもし、ちゃんと感染対策がされている。 焼肉屋さんなので何よりも肉が肝心! 画像をご覧ください。 必要以上にタレをぶっかけて肉を誤魔化してない❗️ お肉ラバーならこれを見ただけでここのお肉の素晴らしさを想像できるだろう‼️ ●先ずは上タン 「柔らか〜い」女子アナの声が聞こえそうだが、柔らかくて当たり前なんですよ!いいお肉は 歯切れが良くシコした食感で、新鮮な牛肉の旨味を噛むたびに感じます。レモン汁だけで頂きます。 ●ガツの醤油漬け 柔らかく煮込まれていて食べやすい お店のビールのおかわり作戦にはまらによう注意しながら食べました。 ●カルビ 「美味い」の他に言葉が出ない。 カルビは飲み物ではないが飲みたくなる♪ サッと炙り焼き程度でもおいしいー カルビは網焼きでなく、やっぱり旨味は落ちにくいこの焼き肉鉄板がおいしい。 ●ハラミ 鮮度が一番わかりやすいのがハラミ。 独特の血生臭みがなく、弾力もあって食べ応えもあります。 ●ミノ 価値が高い厚いところだけが出てきました! ミノは厚いのが希少だけど旨いんです。 ●ホルモン 和牛のホルモンは「あまーい」と叫びたくなる。 これほどのお肉を繁華街で食べたら、目玉が落ちる価格なのは間違い無いだろう。 ●エシャレットのキムチ このお店の自家製白菜キムチは、地元のスーパーに卸していて大人気だということで、この後スーパーで買って帰ることにして、珍しいこのキムチを注文。 特製ヤンニョンが添えてあるのでたっぷりと付けて食べると、自然とお肉に箸をのばしたくなる。 ●冷麺 韓国麺ではなく盛岡冷麺で食べやすい。 ●醤油ラーメン 既にお腹いっぱいだが、噂でラーメンが人気だと言うことで食べてみることに 鶏がらスープのあっさりスープで、どんどん喉を通る♫ スープまで飲み干してあっという間に完食 何もかもが美味し過ぎるゾ⭐️⭐️⭐️ 思わず長文になりスミマセン(^人^) ひたすら厨房で真剣にお肉に向き合う頑固そうな店主 素敵な女将さんと二人三脚でいつまでも 御馳走様でした

2

千葉県

そば(蕎麦)

Kaduo S

【間違いなく、千葉の隠れ名店】 一等地ではなく、高級店でもない、ましてや行列が出来るほどの有名店ではない 使われる食材や調味料、丁寧な仕事、商売に対して偽りの無い姿勢 店主のこだわりが料理に表れている✨ ◇天せいろ 1750円(税込1925円) 今日の蕎麦は粗挽き蕎麦を選択 幅が異なり乱切りっぽい 粗挽き故にコシが控えめなので、ズルズルっと口に一気にすすり入れる感じでは無く、少量を箸で取りツユを軽く付けて、口に誘い込むように食べた方がいいと思われる 蕎麦の実を丸ごと味わうようイメージし口へ よく噛むうちに甘味を感じ、香りは喉の奥まで到達する 相変わらずここの蕎麦は美味い❗️ ツユの返しは濃口だが、しっかりと寝かせ丸みがある 出汁とのバランスも良く蕎麦の風味を損なう事が無い サア、次はデザートの天ぷら 太白を使っていると思われるが揚げ油の拘りはさる事ながら、低温でじっくりと揚げているようで薄っぺらな大葉さえ色鮮やかに揚げられている 黄金色の自家製の天つゆが添えられているが、間違いなく〝塩〟が美味い おいしい海老天を食べると「プリっプリ〜」と叫びたくなるが、そんな貧相な表現はここの海老天には当てはまらない 噛むとグシュ〜っと柔らかでありながらも海老の繊維を感じる 安価な海老の消毒臭さはもちろん一切無い そのグシュ〜っとした食感はいつまでも続き、濃い旨味はやがて甘みへと変わって、いつしか口の中から行方不明になる 野菜天は生き生きとした力強い野菜自体の美味しさがしっかりと感じる 間違いなく言える事は、半端な専門店よりも間違いなく美味しい 大袈裟か? こんなに長文なのは、これから来店される方にここの美味しさを伝えたいからです。 蕎麦湯は茹で上げた残り湯ではなく、蕎麦粉を溶かしたトロトロ蕎麦湯 天せいろ 1750円 高いか?安いか? 店主の拘りをしっかりと感じればこの価格は絶対にヤスイ 御馳走様でした 手塚治虫のサインは本物

3

千葉県

ビストロ

Kaduo S

このランチコースはいくらだと思いますか❓ フレンチと聞くと敷居が高い気がするが、気兼ねなく入れるカジュアルフレンチ ランチ時間は、ローストビーフ丼や和牛ハンバーグランチが人気だが、ゆっくりと楽しめるランチコースがおすすめ☆ グラスワイン、ビール、気の利いたソフトドリンクを2杯選べる ◆前菜の盛り合わせ クスクスのサラダ、カレー風味のキッシュ、ローストビーフ、トマト煮込み、レバームースはパンで、ピクルスとオリーブ 前菜と言うのが失礼なほど、しっかりと手間をかけられたものが丁寧に盛り付けられている どれを食べても美味しいー ◆サラダ ◆スープ はセルフ コース用では無いが一杯だけ頂いてみた この日は国産牛のスネ?から出汁をとったスープ ◆コースのスープは、じゃがいものスープ ココのこのスープはぜひ飲んで欲しい 夏は冷製スープだが、この時期は温かく濃いめの味付けだがホッと癒される美味しさです♪ ◆メインは数種類の中から選べる +料金で、真鯛のソテーに 〜ん香ばし〜い パリパリに焼かれた天然真鯛の皮からフワッといい香り 聞くと「前菜を食べられている時から、皮目だけを弱火でじっくりと焼いていました」 さすが大使公邸料理人と噂のシェフ たかがランチだがお客の食べ進め具合を見ながら作っていたようだ! ソースはオマール海老を出汁に使ったクリームソース 添えられている帆立は、冷凍で無いフレッシュな北海道産で甘くしっとりとジューシー 有頭海老は殻まで柔らかく丸ごと食べられた 茄子はとろとろ、そのほかの野菜は歯応えを残して加熱されそれぞれの食感のアクセントも楽しめた チームリーダーのソースは、主張し過ぎずにしっかりと全体をまとめている 『美味しい』 表現が貧相な俺には、 その言葉しか思い浮かばない オイシイ ◆2種のデザート ◆コーヒーor紅茶付 さあ! おいくらでしょうか❓ 1980円  +メインを真鯛のソテーに変更料金 さすがでした。 御馳走様

4

千葉県

中華料理

Kaduo S

【全国町中華グランプリ】があるならば、絶対に推薦したい名店❗️ この日はピークを避けて1時半に行ったがまだ満席。 1時半に行ったのには訳がある!? この店の名物〝餃子〟5個で550円がお目当て♪ チェーン店では価格競争で安く提供をしているので、550円は高く感じる方も多いだろうが、常連さんのほとんどが注文をするのがこの餃子。 実は、大量に作り置きをしていません。 ピーク時間用には作ってあるが、その分が無くなると 「なんと!注文を受けてから餃子を目の前で作り始めます。」 小麦粉の煉玉から皮一枚分をひねり取って、 麺棒で薄く広げて餃子の皮を作り、冷蔵庫から餡を取り出して、手早く見事に包みます!!! ご主人の後ろ姿は五光が見えるほど(画像) ✨✨✨✨✨ その味はもちろんサイコウーーー 作りたての美味しさは食べられた方だけがわかります。 貼り紙メニューの〝野菜カレーそば〟も注文 中華、和、インドの三味一体だがサッパリ味で、サイコロ大の肩ロース肉がゴロゴロ入っていました。 付け合わせのキュウリの浅漬けは、口の中を爽やかにして、油っぽい中華がいくらでも食べらるスパイラル♫ 器は昭和からの時の流れをも感じさせられる 電話番号の局番は2桁 厨房のフードもピカピカに磨かれ、食器も整列されていて衛生的。 黒電話のリンリンがタイムトラベルへ誘う 年配のご夫婦が二人だけで忙しそうに働いている姿を美しく感じました。 いつまでも元気でお過ごしください。 「仕事が終わったら、鯛の刺身でビールを飲むのが楽しみだよ」 そう言われたご主人の笑顔がカッコ良かった❗️ ご馳走様 感謝

5

千葉県

定食

Kaduo S

禁断症状を克服⁉️ 来店客のほとんどが注文する〝豚バラニンニク醤油焼〟 ®️ootaさんは唯一無二の〝最強豚バラニンニク〟と表現するほどの強者フードがコイツだ‼️ 時々猛烈にこの店のコレが食べたくなり禁断症状になり酒々井町に向かってしまう 柔らかく焼かれたデッカい豚バラ肉に、仕上げに特製のニンニク醤油ダレ 『あの焼音、あのビジュアル、あの食感、あの味、あの匂い』 まさに五感を支配されている・・・ 私は負けない! 今日は絶対に違うメニューを喰らふぞー ◇A:オムカツカレーかけ(ナポリタン、キャベツ添)  B:ウインナーフライ  ライス、味噌汁、お新香、ドリンクまでが付いて 880円 えっ❗️ 結局、あのデカいバラ肉をカツにしてるのが見えました バラカツを揚げながら、カツンっと卵をボウルに割って、シャカシャカっとかき混ぜ、ジューっとフライパンでオムレツを作り、揚げ上がった肉の上にプルンっと乗せて、更にその上にドロ~ンとカレーがかけれてる♫ 「ひゃーー」 ①バラカツ・②とろ~りオムレツ・③カレー  うまいもの3層構造、3重奏、仕上げはスリー合体攻撃でノックアウトz 大将のいつものリズムカルナ動きから生まれる久留実の味 今日はバラニンニク醤油を我慢できたが、 またもや禁断症状が出てしまうのが恐ろしい~ 「お腹いっぱいになりましたか?」 ありがとうございましたと言う言葉よりも嬉しく感じました 大将 いつもロックな黒Tが似合ってますよ。 ご馳走様でした

6

千葉県

とんかつ

Kaduo S

約15年ぶりにも関わらず何も変わっていない! 老舗豚かつ屋さん お昼時にも関わらずカウンター席は常連さんがツマミでビールや酎ハイをチビチビ飲んでいます。 小上がりに座り、勿論「上ロース定食」を注文。 厨房から絶え間なく聞こえる〝揚げ音〟が食欲をいっそう掻き立てる! 待つ事15分、、、それ以上かもしれない 揚げ音が細かくなるのをじっと我慢。 揚げたてをサッと店主自ら運んで来られる! 「お待ちどう様」 定食のご飯、漬物、味噌汁は奥様同時に! ナイスな連携◎さすが老舗 肉厚なことは間違いないが、衣が薄いのでトンカツを表現するサクッて感じでは無い。 肉に春物の上着を着せたほどの厚さなので、ロースの部位でも全く脂っこく無い! ソースじゃもったいない。 レモン汁を振りかけ、醤油で頂きました♪ 白菜漬けももちろん自家製でちょうど良い塩梅。 こうゆうのも嬉しいナ この旨さを伝えるのに書き足らないほど 何も変わらない、何も飾らないお店 いつまでも続けて欲しい ごちそうさま

7

千葉県

洋食

Kaduo S

BEST連投⭐️⭐️⭐️ 「ありがとうございました❤️」 奥様の気持ちの良い送り出しで、午後も頑張って仕事ができました。 感じの良いご夫婦お二人で、この地で長く営業をされている洋食屋さんは、 私の中の『教えたくないけど、誰かにそっと教えたいシリーズ』にランクイン店 「今日こそは!」と 選べるおすすめステーキランチの1000円か、ビーフシチューランチ1450円を注文をしようとしたところ、 つい、つい 悪魔の囁きで今日も780円の日替わりランチを注文してしまった、、、 悪魔の囁きとは価格の安さだけでなく、ご主人の作るソースに虜になるほどの美味しさで、頭の中の悪魔が「ここのソース美味いんだよね〜」って言ってくる 皆さんもそのような経験はありませんか? 日替わりランチのエビフライとチキンソテーにかけられている自家製デミグラスソースの虜になっている✨ 野菜をじっくりと煮込んであり甘味がある フルーツを思わせるような香りがするが酸味は穏やか 添えてあるマカロニサラダも美味しい 完熟したリンゴかな?僅かに果物の酸味と甘味を感じて付け合わせにはピッタリ 完食後の美味しさの満足感が半端ではない テーブル毎に小さな生花が置かれているのも優しさ お店に外壁も綺麗になりました 扉もピカピカ ご馳走様

8

千葉県

寿司

Kaduo S

絶嬉⭐️⭐️⭐️ 9点盛りの刺身定食が940円で食べられる奇跡 しかも数だけじゃ無い‼️ 盛り付けられている魚はどれも絶品で鮮度もイイ ・真鯛 ・カンパチ ・ブリ ・こち ・さわらは炙り ・アトランティックサーモン ・メバチマグロ赤身(中トロに近い) ・高級魚の金目鯛 ・帆立貝柱は冷凍でない生 煮物はうま過ぎるし、漬物の一つはこれ何?菊芋かな ご飯もうま過ぎる〜 以前に、『教えたくないけど、誰かにそっと教えたい店』として紹介した店は、その責任に於いてその後も食べに行くことにしている。 奢らず、気取らず、相変わらず 御馳走様♡ えーちゃんとイチローに挟まれた肝焼 分厚い無垢のテーブルが居心地いい

9

千葉県

中華料理

Kaduo S

是ぞ、地元に馴染む町中華ッ‼️ 〜この日の出来事〜 ご年配の女性が来店(ここは初めてらしい) メニューを見て自身の食べたいメニューが見つからなかったようで、 女将さんに 「あんかけで、ラーメンで、○○が乗っていて、、、云々」 食べたいラーメンのイメージを伝えていた。 女将さん:「わかりました!お任せください。」 どうやらメニューに無いラーメンを作るようだ。 カウンターから作る姿を覗いていると、丁寧に味見をしながら女性好みになるよう一生懸命に作っている。 暫くすると 「お待たせしました〜 ごゆっくりお召し上がりください。」 その時の女性客の嬉しそうな笑顔が印象的✨ 〝こうゆうの素敵だよね〜〟 このお店の味は、既にSNSで多くの方々が評価をされているので、今日はこの心温まるやり取りを投稿しました。 本日のおすすめ定食より ◇やわらか牛焼肉 ライス&半ラーメン 800円税込 愛想の良いご夫婦と、ぽっちゃりな息子さんのご家族で営業をされています。 退店の際は、忙しくても顔を上げて 「いつもありがとうございます。」 最高の後味が添えられます。 感謝 ご馳走様でした。

10

千葉県

中華料理

Kaduo S

『レバ炒の達人✨はココに‼️』 fukumaさん!よくぞココを、コレを紹介してくれましたァー 感謝(._.) ◇ネギレバ定食 850円税込 迷わず注文 町中華の〝アルアル〟天井テレビで夏の高校野球を観ていると、波波に注がれた熱々中華スープは溢れながら、炒め香が漂うレバー炒め、冷奴、お新香が到着 ネギレバ炒め? ネギとレバーを炒めたものを想像していたが、そのちゃっちい想像は超えた! スーパーで売っている1パック分の量はあるであろう沢山のレバーと、キクラゲ、ネギ、椎茸、シメジ、人参、小松菜の野菜が炒められ、レタスが添えられている fukumaさんの言う通り、甜麺醤と豆板醤が塩梅よく合わせられた味付け 《ココが重要》 レバーの炒め方が凄えーー絶妙⭐️ 火を通し過ぎず、しっかりと加熱 レバーは一歩間違えるとボソボソになってしまいがちだが、レアでもなくちゃんと火は通っている フワフワしっとり、レバーでない程の柔らかく滑らかな食感で、もちろん生臭みは一切感じない しっとりとさせるための片栗コーティングはほとんど未使用 ライスは大盛りにすべき この地で40年以上も営業されている町中華には レバ炒の達人がいます 本当にこのレバーは美味ウマい‼️ もう一度試してみたい。 ご馳走様