Ryo Matsuzawa

Ryo Matsuzawa

都内在住ビジネスマンです。 週1,2回は外食をします。 丁寧な接客とこだわった調理、味付けが好きです。 ガッツリ系(お肉、麺類)のお店へ行くことが多いです。 全国チェーンなるものは言語道断!邪道の極み!会社の飲み会であっても行きません。

  • 75投稿
  • 136フォロー
  • 76フォロワー
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Ryo Matsuzawa

Ryo Matsuzawa

good

    スパイス担担麺専門店 香辛薬麺

    店舗情報

    福島(大阪)駅

    担々麺

    初のまぜそば「香辛薬麺」 福島にラーメンを食べに行ったときに見つけたお店。魅惑的な看板が食欲に突き刺さる。 注文の要領もわからず外の券売機でオススメっぽいセット(1000円)を購入。まぜそばに温泉卵とダイブメシがついてくる。 5分ほど待ってまぜそば到着。見るからに悪魔的。 こいつは危険だと警鐘を鳴らす。 綺麗に盛り付けられたそれを、特有のまぜ音をかき立てながら完成させる。もっちりとした麺と濃い目のタレがよく絡んでいる。 ひと口でわかる旨さ、坦々麺のミンチをしっかり感じられる。しば漬け、玉ねぎ、カシューナッツが食感のアクセント。普通のラーメンにはない。 最後はダイブメシまで突入して完食でした。

Ryo Matsuzawa

Ryo Matsuzawa

good

    四川料理 芙蓉麻婆麺

    店舗情報

    十三駅

    中華料理

    本格四川料理を味わえるお店「芙蓉麻婆麺」 前から気になっていてようやく行くことができた 11時半ごろ、店内空いてました。 メニューをささっと眺めて、よだれどりと麻婆麺はマストかなって感じで、餃子を追加しました。 よだれどり・・・濃い目のゴマだれがしっかり効いていて、奥に辛みを感じます。食べるにつれて辛くなるタイプです。下敷きのレタスと一緒にパクパクいけます 餃子・・・皮がモチっとしています。少し匂いがあります。 麻婆麺(太麺)・・・モチモチの麺が美味です。ひと口目からかなり辛いです。旨味が少なくほぼ辛みでした。激辛を通り越すくらいの辛さを感じました。 本格四川料理、ただただ辛い記憶が残りました(笑)

Ryo Matsuzawa

Ryo Matsuzawa

excellent

    SHIBIRE-NOODLES 蝋燭屋 茶屋町あるこ

    店舗情報

    梅田駅

    担々麺

    辛麺を求めて「SHIBIRE-NOODLES」へ 12時ごろ到着して、待ちが5名ほど。 店内はカウンターが十数席あります。 入店時に先払いです。 もちろん麻婆麺(2辛)です。 ランチだとライスのサービスがつきます。 出てきてすぐわかる、これうまいやつや、、、 こってりとした麻婆餡がもっちり感のある麺にかかっています。柔らかい豆腐と辛シビの餡がたまりません。辛さよりもシビレが強かったです。 もう少し辛味が欲しかったので、机上の唐辛子を追加しときました。ライスとの相性も良く2度美味しいランチでした。

Ryo Matsuzawa

Ryo Matsuzawa

excellent

    夜パフェ専門店 Parfaiteria PaL

    店舗情報

    豊水すすきの駅

    パフェ

    初の夜パフェ「Parfaiteria PaL」 1次会終わってどこに行こうかと悩んでいたところ、夜パフェ専門店の看板を発見。そういえば札幌にシメパフェなる文化があることを思い出した。 既にお腹いっぱいだったので小さめだと助かるなーと思いながら、「ピスタチオとチョコレートのパフェ」にしました。 ピスタチオのアイスが本当に美味しいです。中層にあるナッツも、トップのラスクも、全てが美味!!完全に虜になりました。 この文化を大阪に持って帰りたい!! #夜パフェ

Ryo Matsuzawa

Ryo Matsuzawa

excellent

    スープカレー 奥芝商店 実家

    店舗情報

    札幌駅

    スープカレー

    北海道旅行最後の食事は「スープカレー 奥芝商店 実家」。海老ダシを使ったスープカレーが有名とのこと。 11時半ごろに到着して40分ほど待って入ることができた。北海道にきてザンギを食べてなかった名残惜しさもあって、ボトムザンギカレーにした。メニューの写真を見ただけで分かるジャンクさが売りだ。 ベースのスープカレーはというと、海老ダシがすごく効いている。一口食べただけで香ばしい海老の香りが口の中に広がる。徐々にスパイシーさも効いて来て身体が温まる。 ザンギはやっぱり唐揚げでした。 器一つひとつに違う言葉が書いてあり、「エブリデイエビデイ」と粋な言葉をいただきました。