Shotaro Peter Tomoishi

Shotaro Peter Tomoishi

この度Retty多国籍料理担当になりました(^^)地元中野の投稿、コスパ良い居酒屋とエスニック系のお店の投稿が多めです。

  • 568投稿
  • 666フォロー
  • 287フォロワー

好きなジャンル

  • 居酒屋
  • 焼き鳥
  • タイ料理
  • 海鮮料理
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Shotaro Peter Tomoishi

Shotaro Peter Tomoishi

excellent

NEW・NANAY’S

店舗情報

六本木駅

その他

【多国籍料理担当活動記録2020年2月編】 今回は個人的にソウルフードでもある「フィリピン料理」! フィリピン料理の美味しいお店を探すことについて、難しい点が2つあって、 1.どうしてもパブやスナックに行き当たってしまうこと 2.フィリピンという国柄料理は基本大衆向けなので差別化が難しいこと があります。 でも今回のこちらのお店はどちらもクリアできているめちゃめちゃ優良店です! 店員の気さくな雰囲気もそうだが、コミュ力がめちゃめちゃ高い人がいるので 初めてのフィリピン料理でも安心して、 料理の特徴とか聞けば教えてくれます。 そもそものフィリピン料理の特徴の前に歴史を語ると、 食べ物の歴史は支配者の歴史とイコールと言われていますが、フィリピンは如実に支配者の食文化が反映されています。 フィリピンの場合は特にスペインとアメリカの影響が強く、現地に行った人ならわかるかもしれないですが、 料理名にはスペイン語と英語の名が多くついてます。海を挟んだ中国や台湾と同じ料理もあります。 日本との近いところとしては、フィリピンは沖縄と気候が近く、さらにフィリピンは琉球王国と交易があったためか、 沖縄の料理と錯覚するようなフィリピン料理や素材もあったりします。 本題に戻って、フィリピン料理の特徴をまとめると、 1.オイリーです。油分が多いので太りやすいです笑 2.米が主食です。よってご飯が進む料理が多いです笑 3.辛い、スパイシーというより酸っぱい、酸味が強い味付けが多いです笑 今回頼んだメニューはこちら(写真掲載順に)。 1.シニガン フィリピンの家庭料理(これを目当てにきた!)です。今回頼んだメニューの中で一番オイリーじゃないです笑 日本では珍しいタマリンドというマメ科のフルーツを用いた酸味のあるスープです。トロピカルフルーツです。 タイやインドでは定番のフルーツのようです。 「タマリンド」は整腸作用・アンチエイジングにいいことでも有名で、 美容健康に効果的な栄養素が満載だと言われているため、スーパーフルーツとも呼ばれています。シニガンのスープのベースはまさにこれで、 食べるとなんか疲れが取れた気がするんですよね〜。 かつトマトや玉ねぎなど野菜も豊富で、お肉(地域によって肉の種類が違う、セブ島は豚肉が多く、マニラは牛肉が多いなど)も がっつちり入っていますので食べごたえ抜群です。 2.シシグ ビールに合う!豚の細切れ肉,玉ねぎ,を醤油、ビネガー、にんにく、唐辛子で炒めた料理。ご飯も進んじゃいます... 3.レチョン 今回は豚肉のフライwithちょい辛のスパイシーソースでした。レチョンにも色々ありますが、ここは日本向けにアレンジしてるのかな?と思いました。 現地では基本的にお祝いのときに、豚または鶏の丸焼き(丸焼きがレチョンという意味)で出てきます笑 なので今回は丸焼きで焼いた豚肉をとりわけたものって感じでしたね。 4.エビとアスパラ、マッシュルームの炒めもの 素材は日本でも用意できますね!味付はフィリピンそのものという感じで、辛くなく、酸っぱすぎず、しょっぱすぎずにんにく強めです。 5.ルーガウ フィリピンのお粥です。現地では軽食扱いです笑 骨付きの鶏肉からゴリゴリに煮だした濃厚なスープに玉ねぎ、にんにく、生姜などの香味野菜をふんだんに効かせてます。 6枚目の写真とセットですが、酸味の強いソースをかけて食べました。 7.フライドチキン フィリピンのフライ料理って、脂ぎっているというよりかは素焼きに近い感じです。 油っこさでいうと、フィリピンのフライ料理>ケンタッキーのフラウドチキン>とんかつみたいなイメージです。 8.フィリピンプリン めーっちゃ甘いです笑 日本で食べるようなプリンとは違って、ケーキに少し寄ってるかな? 9.カサバケーキ ココナッツとでんぷんを使って作ったケーキです。もっちもちの食感が食後のデザートに抜群に合います! フィリピン料理でよく使われる調味料は、 スーカ(酢)、トゥヨ(醤油)、にんにく、生姜、玉ねぎ、パティス(魚醤)やバゴオン(発酵エビ)など。 ハーブや香辛料の使い方は、他の東南アジアの国と似ていますね。 比較的少ない調味料で料理を作るので、素材の味が活かされているだけでなく料理も作りやすいです。 逆に言えば、上記の調味料が苦手な人はフィリピン料理も相性悪いと思います。 でも米もよく食べるので文化(フィリピンはもともと稲作文化だったと言われてる)のため米と相性の良い料理が多く、 日本人がフィリピン料理にハマる可能性はとても大きいです!