Hiroshi Irie

Hiroshi Irieさんの My best 2017

シェアする

  • Twitter
  • facebook
1

長崎県

和食

Hiroshi Irie

本店は水が違うからまた銀座とは味が異なると言われていつか来たいと思ってたのが叶いました。確かに違います。出汁がマイルドで特に茶碗蒸しと角煮が。 この番号札を玄関でバンッと鳴らされ赤い絨毯を上がっていくのも良いですね。

Hiroshi Irie

深センの電子街ファーチャンペー。 泊まりはファーチャンプラザここが便利。朝食も1,000円くらいでバイキング美味しい、食材感も高いです。

4

長崎県

ランチバイキング・ビュッフェ

Hiroshi Irie

ハウステンボスの変なレストラン。 ロボットバーテンダーがカクテルやビールを入れて、ロボットシェフがお好み焼きを焼く。基本はビュッフェスタイルです。このスタイルだと人間が裏手に回るのが未来感を感じさせる。 #クセになる

5

北海道

ラーメン

Hiroshi Irie

魚醤、エビ醤ラーメン。名前から想像する臭みは一切なくアッサリコク深いです。

8

宮城県

割烹・小料理屋

Hiroshi Irie

仙台でせり鍋。 セリは意外とクセが強くこれは人によって微妙です。2人でも1人前で充分。しゃぶしゃぶにするよりしっかり雑炊で煮た方が美味しかった。カツオの刺身や鳥焼きはさすが。 店が狭く座敷は窮屈なのでこの点はあらかじめ。

9

神奈川県

精進料理

Hiroshi Irie

北鎌倉であじさい寺とは線路を挟んで逆側。 ランチは2,300円のでも良いですが、3,900円の刺身とは穴子の天ぷらが付いたコースすすめます。落ち着いていただけるので旅館ご飯な気分。