Hiroyuki Fukuma

Hiroyuki Fukumaさんの My best 2020

シェアする

  • Twitter
  • facebook
1

フランス食堂 Naru

店舗情報

千葉県

フランス料理

Hiroyuki Fukuma

®️初投稿。成田のフレンチのメゾンドナルが佐倉に7月に出店したとの事で初訪問。 お気に入りだったYasai STYLEだった場所。Yasai STYLEが成田に移転してしまい、早くいい店が入らないかな〜と思っていた。フレンチの超人気のブレゼンテスギのすぐ近くにフレンチ食堂。意欲的だ。 ランチコース1800円税別とデザートを頼む。 成田と同様、飾らず寛げる空間。気取らず過ごしやすい。 フレンチのランチとしては値段は高くはないが、いずれも手が込んでいる。前菜から虜になる。メインで僕が選んだ錦爽鶏ムネ肉のグリエはムネ肉とは思えない柔らかさ。柚子胡椒のクリームと抜群に合う。旨いな〜。連れが頼んだワラサの魚料理も豚肉のソテーも旨そう。ボリュームもある。 そして成田の店と同様、パンが抜群に旨い。普段は好んではパンを食べないのだが、ついついお代わりを頼む。 連れに合わせて頼んだチーズケーキも甘みを抑えてあってクリームチーズの旨味が味わえる。接客も良く、いい店だ。隠れ家的に使いたくなる店。気に入った。ディナーも行ってみたい。ごちそう様でした。 #隠れ家的なフレンチ

2

割烹 さいとう

店舗情報

東京都

魚介・海鮮料理

Hiroyuki Fukuma

さいとうの最強海鮮丼。高評価で大人気の割烹さいとうを初訪問。 開店前の11:25着。列びは10人程。と思ったら既に開店前に店の中に通されていて、かなり待つ。待っている間にメニュー渡される。当然、人気の海鮮丼具大盛り1150円をどんぶりで酢飯ご飯大盛りを頼む。 店に通されたのは12:10分。座ってお茶を注いでいる間に運ばれる。ドーン!これは凄い。海鮮が山盛り。一体全体、何種類の具が盛られているのだろう?鮪のすき身、鰹、サーモン、スズキ、ブリ、イクラ、タコ、かまぼこ、赤えび、貝ひも等。具だくさん。人にもよるが、僕の場合はご飯を大盛りにして助かった。ご飯大盛りでも刺し身が余る盛り。旨いな〜。満腹満足。 別盛りも出来るが、この刺し身の量なら僕はどんぶりの方が好きだ。夜は、どんな料理がでるのだろう?と思いつつ、ごちそう様でした。 #具だくさん海鮮丼 #ご飯大盛りのW盛りも出来ます

3

弓田食堂

店舗情報

千葉県

そば(蕎麦)

Hiroyuki Fukuma

青のりのかかった極厚の勝丼。近くまで行く用事があったので、かつ丼が旨いと評判の弓田食堂へ。 看板にも天丼、かつ丼と書いてある。メニュー見ながら、天丼とかつ丼のどちらにするか悩むも、勝丼と書いてあったかつ丼950円税込を頼む。 食堂との名前から昭和の店を想像していたが店内は比較的新しい。女性の店員さんが元気良く好感がもてる。 ドーンと勝丼が運ばれる。青のりがかかっているかつ丼は初めて。肉を持ち上げる。デカっ!厚い。この厚さで火を通したらパサパサかなと思いながら一口。柔らかい。玉ねぎは細目のシャキシャキ感が残るタイプ。玉子は火が通っている。タレは甘めだが青のり、玉ねぎとのバランスがいい。勝丼の名前に恥じない。旨いな〜。 次から次へと客が来る。田舎なのに待ちも発生。へ〜。次は天丼だと思いつつ、ごちそう様でした。 #デカ盛り勝丼 #青のりのかかった勝丼 #田んぼの中の人気店

4

たんぽぽ

店舗情報

千葉県

パスタ

Hiroyuki Fukuma

®️初投稿。採りたて野菜と大自然で食べる薪窯PIZZA。 酒々井アウトレット近くのPIZZA店。近くなのだが細道を行かねばならず知らなかった。評判を聞いてどうしても行きたくて公式ページ見て電話予約。曲がり角に立ててあるよく見なければ見落とす看板に従いながら到着。ログハウス風の佇まい。感じのいい若いご夫婦。本日のパスタとメニューにないと説明された生ハムのビザとマルゲリータとクワトロフォルマッジのハーフ&ハーフを頼む。サラダは地元の採りたて野菜のバイキング。生野菜以外にも焼きジャガイモや大根の煮付けもある。ドレッシングは手作りの様で葉物にピッタリ。本日のパスタはシラスと野菜のパスタ。細麺のパスタの説明。はじめて食べる細さでソースによく絡む。これは旨い。パスタを食べ終えた所でピザ。食事の様子を見ながらタイミング良く焼いてくれる。厚手のタイプでモチモチの食感と生ハムの食感が絶妙。野菜食べ過ぎもあり次のピザの料理の前にお持ち帰りも出来ますとの気遣い。マルゲリータもクワトロフォルマッジも絶妙。半分残してお土産。風景もよくのんびりとした時間を過ごす。店の雰囲気、料理、心遣い共に気に入った。これからが楽しみにしな店だな〜と思いつつ、ごちそう様でした。 #アウトレット近くの隠れ家 #採りたて野菜のバイキング #薪窯PIZZA

5

亀戸 養生料理 高の

店舗情報

東京都

居酒屋

Hiroyuki Fukuma

これは知らなかった。亀戸名物の護摩蕎麦。 団地の一階の蕎麦屋。団地の入口から奥まった場所にあるので行った事がなかった。暑かったので盛り蕎麦でもと初めて訪問。 メニュー見たら、あれ〜?盛りもざるもないぞ。店主から投汁蕎麦のみとの説明。投汁蕎麦とは鍋にくぐらせて食べる蕎麦との説明。よく分からなかったので、取り敢えず鴨なべそば1200円を頼む。 外観とは異なって中は打ちっ放しの小洒落た店内。店主の奥さん?の丁寧な接客。食べ方を一人一人に説明してくれる。 運ばれた鴨なべ蕎麦は豪華。とろろご飯は最後におじやでとの説明。鍋が沸くのを待っていたら、ふろふき大根を作ったのでとサービス。雰囲気、接客を含めいい店だ。 蕎麦を鍋にくぐらせて一口。極太の黒い田舎そば。鴨鍋の味にそばの香りが負けない。鴨肉も大きめでプリッとしている。ネギは焦げ目がついていて香ばしい。これは旨い。サービスのふろふき大根も程よい味加減。最後にとろろご飯と玉子を鍋に投入しておじや。満足感に満たされる。 焼酎の取り揃えもよく、夜は軽く飲んで締めにそばで楽しそう。今まで訪れなかった事を後悔。唐揚げも旨そう。再訪を誓って、ごちそう様でした。 #亀戸名物護摩蕎麦 #投汁蕎麦 #接客が丁寧

6

大阪府

ステーキ

Hiroyuki Fukuma

トンテキ!高評価で人気の豚々亭。 大阪出張。以前から気になっていた豚々亭へ直行。相変わらずの並び。並んでいる間に注文を聞かれる。大トンテキ定食1050円、連れは腹ペコのポスター見てトンテキ&生姜焼きセット1100円を頼む。大トンテキは300gのボリューム。 事前に注文聞かれていたので着座してからはそれ程待たずに運ばれる。勝手にグローブカットを想像していたが綺麗にカットされている。断面はピンク。柔らかい。ソース味ではなく醤油ベースの甘辛。これは旨い! ついついご飯が進んでお代わり。満腹満足。自分のトンテキ経験の中では味、値段共に最高ランク。生姜焼きも水煙蒸しも気になる。並んでも食べる価値あると思いつつ、ごちそう様でした。 #トンテキ #並んでも食べる価値あり

7

やまよ食事処

店舗情報

千葉県

和食

Hiroyuki Fukuma

ふわとろの穴子重。滅多に行かない木更津で仕事、と言うより穴子重食べたくて無理やり仕事を作って、やまよ食事処へ。 一番人気の穴子天重と穴子重と悩む所だが、初志貫徹で穴子重定食1100円を頼む。運ばれている穴子天重を見るとデカッ。やっぱり天重だったかなと思っている間に運ばれる。 お〜っと。これは旨そう。穴子にタレがかかり艶が食欲をそそる。一口運ぶと口の中でとろける。旨い!臭みもなくふわとろ。 これは絶品だ。タレは少な目にかけてあり、好みで追いタレする。このタレが旨い。甘目のタレにふわとろの穴子。口の中に広がる幸せ。途中から山椒を振りかける。お代わりしたくなるのを我慢。 今まで来なかった事を後悔。再訪決定。満足感にひたりながら、ごちそう様でした。 #ふわとろの穴子重 #口の中にでとろける

8

花澤三友

店舗情報

千葉県

居酒屋

Hiroyuki Fukuma

最旨の鶏の半身の唐揚げ。 念願の花澤三友。千葉県最大の繁華街の栄町のディープな裏にひつそりと佇む花澤三友。以前行った時は満席。やや早めにダッシュ。 揚げるのに時間が掛かる半身を先ず頼んでからラガーを中ジョッキ。胃の調子を整える為に玉ねぎのスライスと枝豆をつまみながらブツを追加。ブツと言ってもマグロではない。鶏のブツ切りの唐揚げ。何とも鶏の揚げ物つくし。 お母さんが白い皿を厨房脇で並べ始める。そして半身をドーン!これを運んでくる。 デカっ!これで840円。とこから食べるか悩む。手羽、胸、ももオールインワン。大きくても細部まで唐揚げ粉が丁寧についている。表面はカリッと揚がって身は柔らかい。塩気も控え目で手が止まらない。これは旨い。過去、食べた唐揚げの中で味も値段も最強。 ブツはスパイス系の味付け。口直しに合わせて注文が正解。満腹満足。 家族に食べさせたくなるが、場所が場所だけに出勤前の接客業の方もチラホラ。ここは大人の隠れ家と思いつつ、ごちそう様でした。 #鶏の半身の唐揚げ #オールインワン #大人の隠れ家

9

さすけ食堂

店舗情報

千葉県

魚介・海鮮料理

Hiroyuki Fukuma

高評価で超人気のさすけ食堂。絶品の根付きの金アジ。並んでも食べるべきアジフライ。 土日は待ちがすごいので平日に有給を取って訪問。9:40着。すでに店内に客がいる。リストに名前を書くと18番目。10時から開店だと思っていたら最近は9:30からの様だ。 待っている間にメニューを見て注文を決める。この店はアジフライとかじめラーメンが名物なのでフライ定食1300円とかじめラーメン800円に決める。店に入る前に注文を聞かれた際に告げたら今日は麺が届いておらずラーメンはないとの事。ガーン。 カウンターに通される。予め注文を聞かれているので提供は早い。フライ定食はアジフライが5枚。アジは3枚おろしを前後にカットしたもの。相当に大きなアジを使っている。 何もつけずに一口。おっー!ふっくら。身も厚く臭みもない。これは旨い。大きなアジを使っているからこそのふっくら。アジポン、塩で食べ進め最後はソース。旨いな〜。人生の中で一番旨いアジフライ。 味噌汁はかじめ入りでトロッとしてアジフライのふっくら感との相性は抜群。 今日は食べ損ねたかじめラーメンを食べに再挑戦を誓いつつ、ごちそう様でした。 #根付きの金アジ #人生最高のアジフライ

10

とみ食堂

店舗情報

千葉県

ラーメン

Hiroyuki Fukuma

昭和の食堂。まさにのポークソテーのエアーズロック。 新橋に絶メシ食堂という絶滅危惧の名店の味を再現した面白い食堂があると聞きHPを見ていたら、何と木更津の大衆食堂の味が再現されている。この店はテレ東の絶メシRoadでも放映されたとの情報。ならば絶滅する前に行かねばならないと休みをとって訪問。 外観はまさに昭和の食堂。中に入ると昭和感がぷんぷん。メニューが壁一面に貼られる。 お目当てのポークソテーライス1100円を発見迷わず頼む。 動いているか分からないJackPotや漫画の棚の下はかつてのインベーダーゲーム機。待っている間にRetty見ると交流あるOotaさん含め投稿してる。見落としていた。 それ程待たずに優しそうなお母さんが運んでくれる。デカっ!厚っ!ポークソテーのエアーズロックや!ソースの照りも良い。 端の脂身部分から。おっ〜、下茹でしてから焼いている。脂が程よく落ちていて身もふっくら。ソースも醤油ベースのチャーシューのタレ、焼きチャーシューステーキと言ってもいい味。これは名物だ。たっぷりとソースを絡めてご飯でバウンドさせ口に運ぶ動きが止まらない。タレが染みたご飯がまた旨い。ついつい半ライスをおかわり。旨いな〜。満腹満足。 先客の女性が頼んでいたタンメンも盛りが良い。気になるメニューも多々。心から応援したくなる店。ベスト登録。ごちそう様でした。 #ポークソテーのエアーズロック #極厚ポークステーキ #絶メシ食堂