Mitsuaki Mori

Mitsuaki Moriさんの My best 2016

シェアする

  • Twitter
  • facebook
1

caiman table

店舗情報

東京都

イタリア料理

Mitsuaki Mori

2016/12/9。 待ち合わせ案件にて利用なれど、進められるがままに発注したスモークサーモンが激ウマ。 新シェッフーの料理もホント旨く、新たに加わったパンも良い味。

2

根津 日本酒 多田

店舗情報

東京都

居酒屋

Mitsuaki Mori

2016/12/7。 丁度見ごろの六義園の紅葉のライトアップが最終日、寒くなるから鍋でも、と思いきや、目当ての葱鮪が出張中…。 それに代わるなにかを結構考えてみて、バスで繋がる根津・千駄木あたりでと調べると、思い当たるところ水曜休みが多くて難航。最終的にこちら。 器にも箸にも気づかいを感じとれるそんな店の料理が美味しくないわけはなく、つい飲みすぎる…。 店名に冠した日本酒は、奥さまかな?女性が好みや料理に合わせたものを勧めてくれる。 飲まない人をそんなお店に誘ったのは、もちろんお酒と合わせて美味しいものは、そのだけで食べても絶対美味しいから。食べようと思ってた鍋はなかったけれど、満足~

3

香川一福 神田店

店舗情報

東京都

讃岐うどん

Mitsuaki Mori

2016/12/2。 打ち合わせが長引いて遅い時間の昼御飯。流石に多少は空いている一福。 この日は某誌の撮影をしていて、うかがってみるとカレーうどん特集だそうな。 見覚えのある人が立ち合ってて、途中で思い出した、小野 員裕さん!B級グルメ評論家は庶民のみかた。

4

塩生姜らー麺専門店 MANNISH

店舗情報

東京都

ラーメン

Mitsuaki Mori

2016/11/17。 多分、寒かったのか、塩生姜を食べた形跡が散見される。

5

郭政良 味仙 東京神田店

店舗情報

東京都

ラーメン

Mitsuaki Mori

2016 /12/6。 台湾らーめを食べたら、新発売らしいカップ焼そばいただいた。役得なのか、圧力なのか。

6

肉ビストロ&クラフトビール ランプラント

店舗情報

東京都

ステーキ

Mitsuaki Mori

2016/7/8。 何やら突然肉に目覚めたらしい同僚他と、手近なお肉を探してみたところ、こちらがまだ食べたことない「尾崎牛」という牛さんを食べられるということで行ってみることに。 大手町・丸の内は開放的なテラス席がいいお店がたくさん出来ていて、ここもそのうちの一つ。そして、クラフトビール(すべてが生ではないけれど)がすごく豊富。みんなが来る前にガージェリーを一杯。 肝心の尾崎牛は、そこそこのお値段がするものの、謳いに違わぬ美味しさ。そして、フライドポテトが美味しい。 尾崎牛を使ったボロネーゼも食べてみたかったけど品切。

7

京だんご 藤菜美 ジェイアール京都伊勢丹店

店舗情報

京都府

和菓子

Mitsuaki Mori

2016/11/16。 京都のお土産というと定番の商品があるけれど、それもあまり面白くないなと伊勢丹を見て回ると美味しそうなお団子。 よし、これにと思って何の気なしに買ったら、めちゃ美味しい。 ぜんざいだんご、意外となかった発想で、東京駅についてもまだ温かいのもうれしいところ。また買お。

8

うなぎ和友

店舗情報

東京都

うなぎ

Mitsuaki Mori

2016/12/19。 ドック終わりの、考えてみたらただ朝御飯抜いただけのはずにもかかわらずな食欲を、こういうときでなければ行けないところで満たそうと思案した結果、結局うなぎが食べたいという想いに至り、以前テレビで拝見したのだやを調べたところ想像以上の高価さで、量も上品だった場合に痛手が多いということで最近、たまたまrettyで見かけて気になっていた、こちらに決めて。 11時開店とのことだけれどまぁ、1130前についたらなんとかなるでしょう、と思いきや、到着1120過ぎでもう7~8人並んでいる…。 正直、新小岩駅から20分くらい歩いたし、最寄り特にない住宅街の真ん中で、なんたる人気。ただ、きっとそんなジモピー(と思う)からの支持を得ている店に間違いはない。 30~40分ほどならんで店内へ。変な感想だけれど、老舗ではない、モダンな造りの蕎麦屋さんのような、小綺麗な設えで良いお店。 店内では10分ほどでしょうか。注文してから届いたそれは、運ばれてくるときから器から鰻がはみ出ていて蓋がきちんと閉まっておらず、「キタコレ」感でワクワクが止まらない。 果たしてそれは、もう鰻が折り畳まれて折り重なって、縦横にまであってスゴいボリュームで。味はといえば、醤油の立ちすぎない、あまがちなタレは、自分の地元のうなぎの名店(こちらもごく庶民派。)のそれに近く、個人的嗜好にもベストマッチ。 これだけの味と量の鰻があるのならば、祖母がそうしていたように、うなぎ単体でラガーの瓶ビールのツマミとしていただく食べ方でも堪能した上で、ご飯と鰻を共にガッつくこともまた能うという、もう、当初の食欲を237%(当社比)満たすこと請け合い。

9

東京都

ビストロ

Mitsuaki Mori

2016/7/5。 大桝さんで再会した人参のムースが好物で、見つけると行く。 散歩の達人を見ていたら豊洲のKADOYAでもそれを出すらしい。なるほど。 訪れて発注。残念ながら同じく乗っていた鰆のポワレは食べ損ねたけれど、代わりに鮎を頂いた。鮎もバベットも火の入れ方が良い。 肝心の人参のムースの出来は、ムースは人参が強め(といってもやさしい味です。)で、じゅれのコンソメはおそらく野菜じゃないかと思うんですが、さっぱりした味で双方にまとまりがあって、本当に美味しい。 お店によって個性があって、面白い。

10

さば銀 神田本店

店舗情報

東京都

魚介・海鮮料理

Mitsuaki Mori

2016/3/24。 ゴマサバが美味しいさばのお店なんだけれど、この日新たに発見したのがさばサンド。 ごまさば好きの嗅覚はなかなかすごい。 かなり珍しい、〆サバのさばサンド。これがパンに合うから不思議。また食べに行きたい。