Koichiro Nagata

Koichiro Nagata

3ヶ月の断酒を経て、もう一度酒の飲み方を学び直します。 適量のお酒と料理のマリアージュを楽しみます。 自宅の市川周辺と勤務先の都内のお店を中心にぼちぼち投稿していきます。

  • 1239投稿
  • 3898フォロー
  • 2018フォロワー

好きなジャンル

  • 中華
  • 和食
  • 丼もの
  • 居酒屋
  • とんかつ
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Koichiro Nagata

Koichiro Nagata

excellent

    行徳駅

    焼き鳥

    緊急事態明け、家族で久しぶりに外で夕食。 7歳の娘は焼鳥がいいと言う。 気になっていたこちらへ。 土曜の夜、5時半開店に間に合わず、6時に飛び込み入店。 家族3人、入口側のテーブル席に通される。 カウンターもテーブルも常連さんで賑わっている様子。 お通しは里芋の好物の煮付けでこの上ないスタート。 サッポロのビールで乾杯。 偏食の娘も焼鳥のもも肉をタレで、あとは唐揚げと鮭おにぎりと白身魚チーズフライで満腹。 大人はレバーを塩で、ささみわさびに獅子唐を焼いてもらう。 あとは鳥由サラダに鶏わさ(ささみの刺身)、厚揚げ焼きにもつ煮込みで大人も満腹。 料理もサービスもクオリティ高い。 料理で特に印象に残ったのは鶏わさ。 肉厚なささみを開いてモチモチのやつを生姜や行者ニンニクの薬味でいただく。 お客さんまで含めて落ち着いた雰囲気。 いいちこのボトルをキープしてあるので近々再訪しないと、モズの早贄になってしまう。

Koichiro Nagata

Koichiro Nagata

excellent

    南行徳駅

    韓国料理

    気になってたこの店にオッサン2人で初訪問。 生ビールを頼んでメニューを物色していたら、韓国的気前のよさでおつまみ4種が出てくる。 続けてキムチ盛りと玉子チム、チャンジャで眞露を飲む。 写真撮るの忘れたが牛筋煮込みまでいただいて会計は1人 3,000円台。 料理はどれも本場の味でした。 外に喫煙所を設けながらも店内禁煙にしていないところが唯一残念。

Koichiro Nagata

Koichiro Nagata

excellent

    白十字 南口店

    店舗情報

    国立駅

    スイーツ

    映画『おおかみこどもの雨と雪』をいまさらながら視聴。 母校と国立の街並みが出てくる中でこのお店が印象に残った。 学生時代には洋菓子屋には用がなくって一回も行かなかったが、確かにあったかも。 妻が国立に行く用事があったので、ケーキをいくつか買ってきてもらった。 モンブランはレギュラーと和栗のを一つずつ。 あとはオペラとノクターン。 どれも甘さ控えめで、日本人好みの昔ながらの洋菓子。 ハイボールとのマリアージュは素晴らしい。 高級住宅街の老舗の底力を、彼の地を離れて26年経って実感しました。 す○丼のようにメジャーにならないにしても、ずっと地元で愛されていてほしい。

Koichiro Nagata

Koichiro Nagata

excellent

    黒毛和牛一頭買い焼肉 行徳苑

    店舗情報

    行徳駅

    焼肉

    バイパスを挟んで5軒ほどの焼肉屋がひしめく激戦区。 こちらはオトクなランチをやっていることに気がついた。 在宅勤務のランチで行ってみる。 1000円で240gのタン塩を選択。 注文を受けて切っているのか、しばし待つことになる。 サラダにスープにナムルとキムチ、つやつやご飯。 そして大皿いっぱいに鮮紅色のタン塩。 ご飯は食べ放題。黒烏龍茶は飲み放題。 ベジーファーストで、ご飯とタン塩以外を軽く平らげる。 キムチは発酵進みすぎず好みの味。 レモン汁と岩塩をセットして卓上の七輪でタン塩を焼く。 「タンショーって言わないで」 というギャグを封印しつつ黙々と焼いては食べる。 さすがに最後は飽きたが、はるかにお値段以上のタン塩だ。 このランチセットがチャーシュー麺一杯と同等の価格とは思えない。 ご飯、これだけおかずがあると残すかと思いきや、とにかくツヤツヤで美味いので一膳完食。 次回はカルビとのハーフ&ハーフにしよう。 1500円になるけれど。 元気で礼儀正しい接客も気持ちいい。

Koichiro Nagata

Koichiro Nagata

excellent

    麺屋 金獅子

    店舗情報

    行徳駅

    つけ麺

    バイパスはラーメン激戦区。 一通り制覇しておきたい。 で、今回はこちらに初訪問。 初めての店ではメニュー左上筆頭がセオリーだが、アンチつけ麺なので券売機で2番人気とあるチャーシュー麺980円を。 小松菜100円のトッピングでせめてもの罪滅ぼし。 奥のカウンターに通される。 卓上にはコショウしかない。カスタマイズの余地がないのか。 しばし待って着丼。 肉厚炙りチャーシューはしっかり食べ応えあり。 味の沁みたメンマに愛らしいナルトにパリッとした海苔。 カツオ節の香る濃厚なスープに中太麺。 さっと湯掻いて絞った小松菜もよく合う。 次回は3番人気のまぜそばをグチャグチャ混ぜていただきたい。 返り血を浴びる覚悟の服装で行こう。