Koichiro Nagata

Koichiro Nagata

肉も魚も野菜も、酒も好きで何でも美味しくいただけることは幸せなことです。 自宅の市川周辺と勤務先の都内のお店を中心にぼちぼち投稿していきます。

  • 1352投稿
  • 4047フォロー
  • 2125フォロワー

好きなジャンル

  • 中華
  • 和食
  • 居酒屋
  • 丼もの
  • 餃子
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Koichiro Nagata

Koichiro Nagata

excellent

頤和園 霞ヶ関店

店舗情報

虎ノ門駅

四川料理

ランチをご馳走になった。 2種類のシウマイ定食。 スープとザーサイがまず出てくる。 隣のテーブルでザーサイをお代わりしている。 絶妙な味付けのザーサイ。 ご飯がすすんで酒も飲みたくなるので危険だ。 しばらくして到着したシウマイ。 肉とエビのがしっかり4粒ずつ。 どちらもムチムチのプリプリで美味い。 お櫃で出てくるツヤツヤのご飯も美味い。 夜に紹興酒飲みに行きたい。

Koichiro Nagata

Koichiro Nagata

excellent

葛西駅

和食

葛西でぼっちランチ。 和食と中華の定食がたくさんありそうなこちらへ。 2人掛けのテーブルに通される。 和食と中華でそれぞれ660円の日替りランチメニューが何種類もある。 和食のさば焼きを選択する。 「ご飯が多めだけどいいか?」 と聞かれるので少なくしてもらう。 やがてやってきた定食。 立派な半身の鯖がこんがり焼かれて大根おろしとスダチが添えられている。 小鉢は大好きな切り干し大根の煮付け。 冷奴までついている。 鯖はジューシーで、切り干し大根はちょい甘め。 ご飯小盛りでも、十分に食べ応えあり。 食事の終わりを見計らってコーヒーが出てくる。 これで660円。 つい最近までは550円だったとようだ。 驚きのコスパ。

Koichiro Nagata

Koichiro Nagata

excellent

焼き鳥 イタリアン酒場 とりまつ

店舗情報

末広町(東京)駅

居酒屋

同僚がこちらの常連とのことで、総勢7人で飲みに行った。 多彩な内容の飲み放題。 生ビールは凍ったジョッキで供される。 瓶ビールも3社揃っているので珍しいサッポロラガーをいただく。 あとはホッピー2本に中お代わり一回ずつ。 記憶が怪しくなるくらい酔っ払った。 お通しはアサリとムール貝の酒蒸し。 結構しっかり量がある。 焼鳥を6本セットで。 ささみワサビは絶妙の火加減と塩加減。 レバーはまずまず。 あとはセセリとハラミとネギマとつくね。 どれも美味くて、箸休めのいぶりがっこクリチ和えがありがたかった。 あとはマルゲリータに和風パスタ、ローストビーフに玉子焼き、フライドポテト。 満腹中枢ぶっ壊して食べまくった。 焼き鳥もイタリアンも両方ハイレベルで、虻も蜂も獲れている。

Koichiro Nagata

Koichiro Nagata

excellent

インディアンパレス

店舗情報

行徳駅

インド料理

このあたりでは比較的新顔のインド料理店。 日曜日でもランチメニューがある。 チーズナンセットをバターチキンで。 カレー2種のBセットをマトンカレーとダルカレー、それぞれ中辛 さらにチーズナンにアップグレード。 これで家族3人満腹に。 よくあるインドネパール料理屋ではなくケバブもあるインドトルコ料理屋。 ハラルで酒はなし。 チーズナンは美味いけれど、チーズが偏ってしまっている。 あとはアップグレードした方のチーズナンにも蜂蜜つけてほしいところ。 カレーは3種ともそれぞれ特徴が違っていて美味かった。 特にダルカレー、ニンニクが効いていて珍しい。

Koichiro Nagata

Koichiro Nagata

excellent

Neil’s Tavern

店舗情報

夜の会食で利用。 高級ステーキハウス。 席の照明が暗くてうまく写真を撮れず。 さすがにフラッシュ焚くわけにもいかない。 前菜はエスカルゴと鶏レバー。 鶏レバーについて来るピクルスが絶品。 漬物全般得意な方ではないけどこれはいい。 スープは各自で選ぶ。 ロブスタービスクと迷ったが、フレンチオニオン。 コンソメが絶品だが、伸びるチーズに悪戦苦闘。 サラダはアメリカ的にやるならランチドレッシング。 ないのでサウザンアイランド。 ステーキはリブアイとサーロインとヒレをシェア。 ソースをかけたヒレは遠くて食べ損ねたし写真も撮り損ねた。 リブアイもサーロインもしっかり熟成されていて、完璧なミディアムレアに焼き上げられている。 自分はレアが好みだが、それでもいい。 塩味だけで美味しくいただける。 特にサーロインの柔らかさと、赤身と脂肪の両方の旨味に圧倒された。 遅れて合流した1人のためにポップコーンシュリンプとホタテのロックフェラー追加。 特に後者が美味い。 牡蠣ほどにホタテには旨味がないので、クリームスピナッチに負けてしまうのではないか、と思ったが名勝負と言っていい。 デザートのキャロットケーキやチョコケーキ、クレープもそれぞれ絶品。 ワインはBYOで持ち込み料だけだが、会計は1人4,000バーツほど。 確かに高いけど、その価値は十分にある。