Koichiro Nagata

Koichiro Nagata

肉も魚も野菜も、酒も好きで何でも美味しくいただけることは幸せなことです。 自宅の市川周辺と勤務先の都内のお店を中心にぼちぼち投稿していきます。

  • 1405投稿
  • 4109フォロー
  • 2157フォロワー

好きなジャンル

  • 中華
  • 和食
  • 居酒屋
  • 丼もの
  • 餃子
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Koichiro Nagata

Koichiro Nagata

excellent

行徳駅

そば(蕎麦)

在宅勤務日のランチで町蕎麦開拓。 真ん中の8人掛けのカウンターには先客4人いるので2人席に通される。 天ぷらは重いが、かけそばでは寂しい。 ニシンそばにする。 ほどなく出てきたニシンそば。 具はニシンの半身にネギと三つ葉とゆず。 薬味に刻みネギ。 一味を少し振っていただく。 甘みのないかけつゆには鰹の香りが際立つ。 ニシンの甘露煮の甘さとのコントラストがいい。 そばもコシがあっていい。 お客さんはセットものを頼む人が多いが、罪悪感なくかけつゆを飲み干すと単品のそばで十分に満腹だ。 お会計のたびに「ありがとうございます」ではなく「まいど」との声。 みんな常連さんなんだな、と思ったら一見の私にも同じ挨拶だった。 蕎麦前もあるようだが8時閉店でボトルキープもないようだ。 昼に軽く飲むのがいいんだろう。

Koichiro Nagata

Koichiro Nagata

excellent

昼下がりに小腹が空いた。 町そば開拓のチャンス、と思ったが1軒目にフラれる。 もうアイドルタイムで準備中の札が出ている。 2軒目のこちらは14:40ラストオーダー。 10分前に入店してビールと山菜そばの温かいのを注文。 ビールはキリンかアサヒが選べるので前者を。 昼から飲んでいた常連と思しき人々が、お会計済ませて出ていく。 そばが出てきた時にはもう閉店15分前で、お客は自分1人。 つゆは甘目だが、これもいい。 そばも山菜もボリュームがある。 そばは色も香りも薄いがコシはしっかり。 昼だけの営業だが、蕎麦前も酒も色々と揃っていて、地元常連客に愛されているようだ。 次回はもう少し早く入店して蕎麦前から、と思うがそれが実現するのはいつの日か。

Koichiro Nagata

Koichiro Nagata

excellent

ずっと気になっていたこちらの店。 近所の用事のついでに立ち寄ってみる。 相田みつをギャラリーが併設されている。 ベーシックなデニッシュ食パンをまずは買ってみよう。 3斤は大きいかな、と1.75斤を選ぶ。1,198円。 すでになかなか気合の要る金額だが、近々値上げするとのこと。 マイバッグ(リユースレジ袋)につめてくれる。 さらに靴や洋服を買った時のように出口まで運んでくれる。 高級ベーカリーのホスピタリティはさすがである。 家で食べてみる。 1cmくらいずつ包丁で切ってそのままいただく。 これは確かに美味い。 ほのかな甘みに強いデニッシュならではの香り。 ファットスプレッドとマーガリンでこのコクを出しているのは驚きだ。 日持ちするし、これは確かに贈答にもいいかもしれない。

Koichiro Nagata

Koichiro Nagata

excellent

ちょい遅めのランチ。どこにするか。 市川駅の辺も色々ありそうだしR先生に聞いてみようか。 と思ってたらこちらが目に入る。 いつも通り掛かって気になっていた。 カウンターの奥に陣取ってメニューを見る。 ステーキ丼はサーロインか赤身。 80gのミニマム級から320gのヘビー級までのラインナップ。 ヘビー級でも1,550円。 とことん肉をカックラキン大放送な気分になり、赤身のヘビー級をご飯少なめでお願いする。 やがて着丼。 320gは流石のボリューム。 でもややレア気味でモロ好みの焼き加減の赤身は1ポンドでもいけそうだ。 赤ワインとガーリックで甘辛い自家製ソースで汁だくのご飯も危険に美味い。 あっという間に完食。 これで1,550円というのは信じられない。 さらにクイックペイで支払って手数料かかってしまったであろうことは申し訳ない。 おわびに夜にジビエで飲みに行きたい。

Koichiro Nagata

Koichiro Nagata

excellent

行徳駅

寿司

焼魚定食(マグロカマ)。 通りかかるたびに気になっていた。 在宅勤務のランチで初めておじゃま。 カウンターに通されて、大将に 「お召し上がり物は?」と聞かれる。 飲み物ならお茶でいいけど。 ああ「ご注文は?」ということか。 迷うことなく「マグロカマお願いします」。 冷蔵庫から出して生から焼くようだ。 大将が常連さんと話し込んでいるのを聞くともなく聞きながらスマホをいじって待つ。 しばらく経って出てきたマグロカマ。 大きくてしっかり脂乗っている。 それがミディアムレアに焼き上がっている。 レモンをしっかり絞って、大根おろしでいただく。 脂も好きだが実は血合いも好きだ。 しっかり全部毟り食って、骨だけ残す。 大きなお椀の中身はシジミ汁で上品な味。 トロ箱にもあるお新香も美味い。 ごちそうさまでした。