Kumi Matsumoto Inoue

Kumi Matsumoto Inoue

スタートアップの社長やってます。

  • 80投稿
  • 41フォロー
  • 25フォロワー

好きなジャンル

  • フレンチ
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Kumi Matsumoto Inoue

Kumi Matsumoto Inoue

excellent

シチリア屋

店舗情報

春日(東京)駅

イタリア料理

緊急事態宣言に引っ掛かる寸前に滑り込みディナーが叶いました。 早めに予約しといてよかった〜。 前から言ってみたかったお店。 シチリア料理ってどんなの?ってとっても興味があったのです。 当日はシトシト雨が降ってましたが、17時の入店で先客1あり。 雨は降ってるものの、結構蒸し暑かったので一杯目は私はレモンツェッロのソーダ割り、旦那さんはシチリアのビール。 はー、冷たくて生き返りました…。 そこから、コースを予約してたのでボーッと待ってたら「お料理をそろそろお選びください」って言われて、「え、コースじゃないの?」って思ったら。 あ、なるほど。 コースの中でも幾つかの中からお料理を選ぶのね。 でも、2人でシェアしたから殆どのお料理が食べられました 一皿目 ウニブルスケッタ レモンサラダ ウニは結構たっぷり乗ってておいし〜 レモンサラダは初めての味。 さっぱり爽やかで皮のほろ苦さもあり、美味しい! 2皿目 スープ スープというよりはペーストみたいに濃厚。 ドライそら豆と、いろいろ野菜の2種。 どっちも美味しかったけど好み的にはそら豆。 旦那さんはいろいろ野菜が好きだそう。 これは、バケット追加して塗って食べるのも良さそう✨ 3皿目 前菜 フェノキエット団子 貝のトマトソース?(名前うろ覚え) このフェノキエット団子が一番気になってた食べ物です。 フェルネルをどうやって団子にするの??と。 食べてみると、美味しいけど、何で作られてるのか全くわからん でも、確かにフェンネルだし、団子だし。 ポソポソしてるんじゃないかって疑ってたけど、そんな事はなく笑 中身はフェンネルたっぷりなんだけど、うまく纏まってて、ツナギはなんなんだろう? ナッツ系なのか、チーズ系なのか? 何だかわからないけど美味しい食べ物でした あと、この貝!旨み爆発って感じで、旦那さんも私も口に入れた瞬間「うま!」って言ってた笑 すごいシンプルそうなお料理なのに、なんでこんなに美味しいのー?素材?調理テク? 何故かはわからないですが、すごーくおいしかったです 笑 4皿目 パスタ シェアしてもらいました。 羊のラグーと、もう一品は名前忘れました…。 羊のラグーは臭みなしで、濃厚で、想像通りの王道な味なんだけど、なんかコレが一段階上の美味しさなのよね。 後、クルクルしたロングパスタの方も、フレッシュな生のトマト感がありつつ暖かいパスタで、松の実の様なカリカリ食感がたまにあって、これも夢中で食べちゃう。 コースはココで終わりで、すこしお酒が残ってけど、お腹もそこそこ満たされてたので、デザートに。 私はレモンタルト、旦那さんがチョコレートを注文。 レモンタルト、おいしーーー! この味、大好き 酸味が結構強めて、レモン食べる感が堪らない。 でも、これ以上酸っぱいと食べる人選ぶよって言うギリギリの限界の味…。 酸っぱいの苦手な旦那さんもギリギリ美味しくて、酸っぱいもの好きの私も満足する、絶妙ラインでした✨✨ 最近、レモン系のスイーツ多いけど、酸味が足りん!と思うことが多くて、これ本当に好きでした チョコはミルクを使っていないシチリアのチョコだそうで、しかもフレーバーが3種。 塩、ベリー系、もう一つ忘れました ミルクがないだけあって、さっぱり。 カリカリした食感が美味しくて、お酒のツマミに良いチョコレートですね。 残ったロゼを片手に、ちょうど良い量でした。 お酒は旦那さんがビール1、 私がレモンツェッロソーダ1、 その後2人でワインのカラフェ2で、 2人で2万円に少し足りないくらい。 とても、素敵なお店でした。 また来たいなと思います。 ありがとうございました!

Kumi Matsumoto Inoue

Kumi Matsumoto Inoue

excellent

麺屋 翔 本店

店舗情報

西新宿駅

ラーメン

平日のちょうど12時くらいに訪れました。 混んでるかなーーと思ったけど、 意外にもサッと入れました。 でも、出る頃には外に待ちの人が3〜4人はいましたが。 注文したのは軍鶏の塩ラーメン。 1450円とラーメンのしてはなかなかお高め。 でも、さすが! このお値段取るだけあるー!というお味でした。 まず一口目は、スープの鶏の味がガツンと来る。 結構しっかり濃いめの味なんだけど、何というか染み渡る地味深さもある感じ。 色んな出汁をブレンドしてるから? すごく深みのある複雑な味でした。 麺は細麺で、でもちゃんと味が美味しい麺。 少し噛みごたえも残った食感。 一つ一つ具を食べていくけど、どれも単体で美味しいんだよなぁ。 メンマ、すごい美味しい。 煮卵、めっちゃ美味しい。 すごい美味しいタレの味が染み染みで、茹で加減が最高。 思わず断面図撮った!笑 チャーシュー、物凄い美味しい! 白っぽい脂の乗った部位、 ハムっぽい味のピンクのやつ、 一番赤みのやつが、ローストビーフみたい! あっさり赤みのチャーシューって初めて食べたけど、脂身好きじゃない私にとって、この赤みチャーシューは衝撃的な美味しさでした。   ワンタンも、普通にメインとして美味しいくらい。 あと、ちょっとビックリしたのが、ネギ。 かなり、ピリッとするくらい辛いネギ。 コレがまたいいアクセントで。 あんなにピリピリと辛いネギは久しぶりだけど、優しめの鶏出汁とめっちゃ合う。 ラーメンってそんなに頻繁には食べないけど、美味しいお店のラーメンって芸術作品の様ですね。 また、他の味も食べに来たいけど、新宿は殆ど来ないからいつになるやら。 ごちそうさまでした。 ほんと、めちゃくちゃ美味しかったです!

Kumi Matsumoto Inoue

Kumi Matsumoto Inoue

excellent

アンジェパティオ

店舗情報

神泉駅

イタリア料理

夫婦でランチで訪れました。 平日、11:45位の入店で先客1組。 最終、、12:45くらいには8割ほど席は埋まってました。 このご時世、十分かと思います。 メニューは2人ともショートコースを。 前菜は撮りもも肉が敷かれたサラダ。 お肉は蒸しているらしく、めっちゃ柔らかジューシー。 シンプルなドレッシングと、香味野菜のサラダでさっぱり、美味しい。 パンも触るとちょっと熱いくらいの状態で出していただき、外はパリッとなかはモチっととても美味しい。 メインは私がミートソース。 旦那さんはドライトマトと空豆とイカのオイルソース。 ミートソースはオーソドックスなミートソースなんだけど、しっかり手作り感があって美味しかった。 最後のデザートは、思ってたよりしっかりしたデザートで、ちょっと驚き。 バニラアイス一個とかかなーって思ってたけど、盛り付けも美しくちゃんとデザートでした。 一番上のレモンシャーベットがめっちゃ酸っぱい! でも、美味しい! 酸っぱいのが大好きな私は好み❤️ でも、出来れば同じお皿にクリーミーな味の何かが入っていたら、この強目の酸味とクリーミーさが両方楽しめて、、より最高だったかな。 旦那さんは酸っぱいのが苦手な人なので、 酸っぱい!って何度も言ってました このクオリティで2000円だと、結構お得感あると思いました✨ 内装も思ったより重厚感があり、建物前の緑もかなり生い茂っていて、食事中にも目に入ってくるのでとても爽やか。 静かな住宅街にあるので、ゆったりと寛げます。 駅からはちょっと距離があるけど、とても良いお店だと思います 今度、お酒が解禁になったら夜も来てみたいなー☺️ ごちそうさまでした!

Kumi Matsumoto Inoue

Kumi Matsumoto Inoue

excellent

日比谷 聘珍樓

店舗情報

内幸町駅

広東料理

あいにくの雨でしたが、ランチで伺いました。 昔、溜池山王のお店に行って事があり、 そこで食べた麻婆豆腐が美味しくて。 辛いものは苦手だった当時の私が、初めて旨辛いという味を覚えた場所。 麻婆豆腐という料理自体を好きになったキッカケのお店だったので。 溜池山王店は無くなってしまったので、日比谷に。 初めてきましたが、溜池山王よりも重厚感があってちょっと圧倒されますね 素晴らしい景色のお席を頂き、楽しくお食事させてもらいました。 麻婆豆腐セット  限定20食のランチセットです。 1700円 辛さは普通にしましたが、良い辛さでした。 今は辛いもの好きになったので、もう一段階辛くてもよかったかも。 麻婆豆腐も美味しかったのですが、 すごく気に入ったのが塩ザーサイ。 これ、めっちゃ美味しい。 普通のザーサイよりも好きでした。 あと、緊急自体宣言の為に お酒飲めないので、飲み物はジャスミンティーに。 このジャスミンティーが、正解! かなり美味しい。 香りはすごく強いのに、味はサラりと爽やか。 渋みや苦みが全然ないのに、物足りなさはなく。 ジャスミンの香りは十分に楽しめるのに、 サラサラ飲めるのが気に入りました。 思い出の聘珍楼にまた来れて嬉しかったです。 ごちそうさまでした!

Kumi Matsumoto Inoue

Kumi Matsumoto Inoue

excellent

銀座駅

洋食

125年続く、老舗の洋食屋、煉瓦亭。 前々から行ってみたかったけど、 今回、初来店が叶いました! 11:15の開店直後に行くと、先客は1名のみですぐに入ることが出来ました。 普段は開店前から並んでるらしいので、 コロナの影響はまだまだ強いですね。 2回の窓側の席に座らせてもらい、 注文はポークカツレツとハヤシライス。 どちらもメニューにゴールドの星付き看板メニュー! 私がハヤシライスで、旦那さんがカツレツ。 ハヤシライスは、まずデミグラスだけで食べてみると結構予想を裏切る味わい。 甘みがあんまりないんですよね。 でも、美味しい。 これ、なかなか難しい事だと思うんですよ。 よく、食レポで「甘ーい!」とかいうけど 笑 甘さ=カロリーの味だから、脳は無条件においしいと感じるので、甘くて美味しいって当たり前だけど、甘味なしで美味しいって本物な気がするんです。 最後の余韻にはすこーし苦みも残るような、でもどんどん食べたくなる味。 濃厚すぎる事はないけど、さっぱりでもない、なんとも言い表し難い、味。 質感もドロドロしすぎず、サラサラし過ぎず。 いい意味で、全てが中庸?というか、なんというか、バランスが絶妙なのです。 で、バランスが取れすぎてるから、目立った特徴が無くなって、言葉で表す時にめちゃくちゃ難しい…。 私の語彙力の問題かもしれませんが…    とにかく、美味しかったのは間違いないです。 旦那さんのポークカツレツは少しもらって、1番記憶に残ってるのは、衣のサックサク感。 なんか、焼きたてのトーストの耳を食べてるみたいな、本当に揚げたの?焼いたんじゃなくて? ってくらい、かるーーい食感と食べ心地。 本当にサックサク。 お皿に残った衣だけ食べても脂っこくなく、 サクサクと美味しく食べられてしまう。 なんだかめっちゃ不思議で美味しいカツレツ。 老舗洋食って、行ってみると観光色が強くて、料理自体は普通かなーってお店が多いように感じてたんですが、ココは本当に美味しいな。 お値段も中々するけど、それに見合ったお味かなと思いました。 あと、最後のLINEの告知が、すこし笑えたので貼っておきます。 125周年というワードの重厚感と、 LINEという現代のツールのミスマッチ感が、 なんとも可愛らしく見えて思わず撮りました 笑