Hiroyuki Kikuyama

Hiroyuki Kikuyamaさんの My best 2019

シェアする

  • Twitter
  • facebook
1

東一条 やたい家

店舗情報

群馬県

居酒屋

Hiroyuki Kikuyama

素晴らしい店です。先付けから締めまで言うことなし。あん肝、お造りは藁焼の鰹が旨い。穴子炙りは香ばしい。岩牡蠣はさっぱりしていて夏らしい。白海老の天ぷらは走りです。上州牛から鰻握りまで、誠に素晴らしいお店でした。#高崎はすごい #どの店も元気 #センスの良さが光ります

2

群馬県

割烹・小料理屋

Hiroyuki Kikuyama

前橋を開拓。こんな小洒落た店を発見。初めて聞く日本酒が凄い。三連星番外編マ・クベ専用ワイン酵母とか、喜久盛ビクトル投げからの膝十字固めとか、そそるネーミングです。ハートランドが中瓶で出てくるのにうわっとなる。先付の冷やし茶碗蒸し、実に丁寧な仕事がわかります。同じく鰯のから炊き、良い味です。星鰈の昆布じめに琵琶湖の稚鮎丸干を頼む。仙禽かぶとむしで鰈と稚鮎、鰈の旨味が広がり、ほぼ常温の仙禽にバッチリ、この温度抜群です。稚鮎は身の甘みと腑の苦みが絶妙のハーモニー、前橋でこれに出会うとは思わなかった。星鰈の昆布締め、これはもう少し〆た方が好みかな。横に付いてきた縁側の刺身は旨い。鱧と牛蒡の玉子とじを頼んで、ワイン酵母仕込みに惹かれてマ・クベを頼む。これ、日本酒ではないですね、フルーティです。後口に少し苦味が残るのがいいのか御愛嬌なのか。いずれにしても初めての出会い。鱧と牛蒡の玉子とじ、出汁が旨い、煮込み方も抜群です。素晴らしい店に出会いました。年に一回の前橋出張の楽しみができました。

3

塩釜すし哲 S-PAL仙台店

店舗情報

宮城県

寿司

Hiroyuki Kikuyama

駅ビル地下の店ですが、レベルが高い。お任せと、地物を中心にいただきました。全て美味しい中、特筆ものは新子、子肌の子供です。少し甘みを感じます。そして塩穴子、塩竈は穴子の名産地だそうで、脂ののった美味しい穴子でした。金華サバ、これは定番、松輪サバよりは脂が乗った、八戸前沖サバよりはアッサリしたサバでした。次回は、特産のぶどうエビが旬だという春に来てみたいと思いました。

4

和dining ひで

店舗情報

大阪府

割烹・小料理屋

Hiroyuki Kikuyama

今年はこれが最後かな? 京橋に泊まる夜は此処に来たい気持ちが募ります。相変わらず綺麗な先付けに続いて、焼き牡蠣のポン酢、ねっとりとした牡蠣が焼かれて少し淡白に、そこにポン酢は抜群の相性です。酒は秀峰の恋おまち、山形の酒らしくふくよか。気温が下がってくるとこういうお酒が美味しい。白グジの酒蒸し、豪華。たかちょのハロウィンバージョンをサービスしてもらう。おりがらみは旨い。そして山形正宗、グジの様な淡白な魚に合います。グジと格闘して骨までしゃぶって、ごちそうさまでした。また、来年来させてもらいます。 #間違いなし #学ぶ姿勢が素晴らしい

5

福岡県

おでん

Hiroyuki Kikuyama

小倉の夜、友人のおすすめを店を探していると、おじさんの集団がこの店のおでんは本当に美味いと言っている声を聞く。それなら行かねばと暖簾をくぐった。生でおでん、大根、厚揚げ、すじ、えのき、遅れて豚バラ。昆布とあご出汁か? それとも醤油か? 何にせよ甘めの出汁、それに浸かったおでんも甘め、不思議な甘さ、初体験。ポテトサラダを頼む、これ美味い、甘くない。ポテサラ好きの私の三本のゆびにはいる。山口の長陽福娘にする。日本酒らしい酒、この店の雰囲気に合っている。次から次にお客がやってきて、常に満席、この店、本当に凄い。寒北斗を頼んで、す巻き、玉子、チーズきんちゃくを追加。餅の代わりにチーズが入った巾着、新しいですね。玉子を出汁にかき混ぜて飲み干しお腹いっぱい、小倉で酔っ払い出来上がり。

6

神奈川県

魚介・海鮮料理

Hiroyuki Kikuyama

夏休みの日曜日、湯河原の海岸近くは大変な人出。混雑を避けて少し駅の方に入ったところで、この店を見つけた。初めてで、どんな鮮度の魚を出すか分からないのでアジフライ定食にする。運ばれてきてビックリ。アジフライがなんと4枚。しかも、注文してから捌いて、揚げているのでふっくらして美味い。これは完食するしかないと決心して、ペースを上げて頂く。お味噌汁もいい出汁で美味しい。ご飯も炊きたてでホカホカ。舌は大満足、お腹は大膨張のランチでした。すごい店だこと。 #海岸を避けた場所 #アジフライ四枚に肝を冷やす #意地でも完食