Kinya Shimazu

Kinya Shimazu

  • 921投稿
  • 987フォロー
  • 385フォロワー

好きなジャンル

  • すき焼き
  • うなぎ
  • ケーキ
  • しゃぶしゃぶ
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Kinya Shimazu

Kinya Shimazu

average

内幸町駅

魚介・海鮮料理

内幸町近辺で打ち合わせ後、若いメンバーが連れて行ってくれました。コンセプトは「早い、安い、昼飲み可」だそうです。 3箇所入り口がありますご、店内は繋がっていて、魚、牛肉、鳥肉とゾーンで分かれてる様です。 混んでくるとどこに座っても、どの料理も頼めるのだと思います。 私達は牛肉コーナーの窓際を確保しました。 私はスタミナ鉄板焼き、若い人はざんぎ定食、肉丼を頼みました。 瞬殺でざんぎ到着、予め揚げてあったのを温めたと思います。続いて肉丼、そして私のスタミナ鉄板焼きです。 定食には小鉢、今日は蓮根、牛蒡の煮物、お新香、かき卵汁、白ごはんが付いてます。ご飯茶碗が小ぶりでおかずとのバランスが悪かったです、お代わりできるのでしょう。 鉄板焼きは、キャベツ、ニラ、人参、玉葱など野菜たっぷり、肉は牛バラ肉が数枚、豆板醤の効いた辛めのタレで炒め鉄板に盛り付けてあります。 熱々の野菜を白ごはんにパウンドさせてから方張りました。肉は筋もありましたが概ね美味しくいただきました。 ざんぎは大きなものが5個ほど、同僚はご飯をお代わりするより、ざんぎをり平らげるのに必死でした。外はカリカリ、中は??柔らかいのも有ると言ってました。何と言ってもボリュームが欲しい人にはうってつけです。 丼はローストビーフ丼ですね。醤油系のタレと白髪ネギがのってました。 昼12時20分過ぎで入りは3割程度、うち半分は昼のみ組みでした。 サラリーマンの聖地新橋のど真ん中、場所が良い割に空いてました。

Kinya Shimazu

Kinya Shimazu

good

高田馬場駅

うどん

テニスの合間、お昼に仲間と伺いました。 このところコート近くでのランチはやや難民化してます。この日も、駅近まで歩くも、行ったところばかりでリピート訪問になってしまいます。 そこで、駅からはまだ大分歩くけど、テニスウェアなので多少の汗も気にならないし、運動用靴なので「大地のうどん行っちゃう?」と、意を決しました。 駅からも10分弱は要します。早稲田通りを小滝橋方面に登り、右に折れるとお店があります。13時少し前で待ちは4人でした。 順番が来ると、入口で食券を購入し店内へ、左にカウンター席、右奥にテーブル席と店内は広めです。因みにお水はセルフサービスです。 席に付くとビールとお新香(大根の皮の酢漬?)で先ずは乾杯。待つこと7、8分でうどんが来ました。 九州福岡のうどん屋さんで、都内はここのみで九州に7店舗(計8店舗)だそうです。 今回はビールと「ごぼちゃん(牛蒡天うどん)」にしました。同僚は肉牛蒡です。 麺は透明感があり、白というより少し黄緑色の麺で茹で加減は柔か目です。 出汁は澄んだ魚介(あごとか鰹でしょうか)中心の出汁です。 牛蒡天は薄く斜めに切った牛蒡を月桂冠(ローレル) 状に揚げて、丼の淵に載せてあります。 牛蒡天は食べ応えもあります。そのままでも良いし、汁に浸しても美味しいです。 足りない人は、小丼や稲荷寿司とのセットも可能です。女子でも稲荷セットをぺろっといってました。 余談ですが、入り口の券売機は銭湯からの流用の様で、「入浴券」の文字が見えます。 水のコップ置き場の壁に、二○加煎餅のパッケージの特徴的な顔が貼ってあり、福岡を主張してました。

Kinya Shimazu

Kinya Shimazu

good

東京駅

中華料理

午後一番丸の内で所用があり、ランチで訪問しました。 JRの高架橋下、ハトバス乗り場や待合室からも近く、丸の内南口からはほんの数分のところです。 丸の内中通り界隈のビル内のお店に比べて1〜2割お安いこともあり、昼時は行列も出来ます。平日は昼飲み客も居ない様子で、回転は早いです。長蛇で無ければ並ぶのありですね。 ランチの客層はサラリーマン男性が8割以上でしょうか。 お店入り口右で、先ずは食券購入。肉野菜定食にしました。 厨房前のカウンターに座ると、程なくお冷が出てきます。 厨房内3名、外は女性含めて3名で廻してました。 肉野菜の札は緑色ですが、オーダーの三分の一前後と人気メニューの様です。この時期は熱々の麺は?と思いきやそうでもなく、隣席の若いサラリーマンは大量の汗を拭きながら、湯麺をお召し上がりでした。 定食には、白いご飯と醤油ベースのスープ、お新香ごつきます。肉野菜炒めは、キャベツ、もやし、人参、青菜とポピュラーな野菜を軽く炒め、上に豚バラ肉を炒めて少量の餡でとろみを付けたものを載せて供されます。 全体の味付けは町中華にありがちな濃いめではなく、比較的さっぱりしています。 お好みで、テーブルの胡椒や酢を廻す方も居られると思います。 葱の散りばめられたスープも同様に薄味です。 私は胡椒を振りかけていただきました。 メニュー全体は肉系のがっつりメニューが多く、量はやや多めですが、味は控えめなのでヘルシーな感じです。 まだ試してみたいメニューがあります。 次の機会に回したいと思います。 是非、極端な値上げはしないで頑張っていただけたら嬉しい限りです。 東京駅近では貴重な町中華だと思います。

Kinya Shimazu

Kinya Shimazu

good

川奈駅

スイーツ

お隣のお寿司屋さん訪問前に、食後のデザートを仕入れました。 瀟洒な一軒家です。生菓子以外に焼き菓子もあります。小分けサイズもあるので、旅先で少し食べるのに好都合です。 店頭には駐車場があり、お車でももちろんOKです。 閉店時間も近かったので、種類は多くは残ってませんでしたが、りんごのタルトとモンブランをいただき、レジ脇の籠からメレンゲのお菓子を追加してお会計はスマホのキャッシュレスで済ませました。 近くに業務スーパーなど大型店舗がありますが、国道からも少し入っているので、観光客が押し寄せる感じではありませんが、センスを感じる陳列と顧客対応でした。 予定通り、お寿司を堪能した後に紅茶と一緒にいただきました。量は少なめでしたが、とても美味しくいただきました。 因みに価格は一つワンコイン以下が主流で、コスパは高いですね。 また、伺いたいと思います。

Kinya Shimazu

Kinya Shimazu

good

川奈駅

寿司

川奈からのゴルフ帰りのお客様の投稿を拝見し、奥様のおつまみが絶賛されていたので訪いました。 家内と2名で予約し、カウンターに案内いただきました。 先客は同じくカウンターにご夫婦2名でした。 こちらの奥様は何かと趣味をお持ちで、絵や陶芸を楽しんでおられる様です。 お店のコースターや壁には奥様の描いた絵や色紙が沢山置いてあり、実用を兼ねてる様です。また、刺身や寿司を盛るお皿や、醤油皿もご自身で焼き、絵付けしたものとの事です。 ブログで奥様のおつまみが好評とお話しすると、「気まぐれとありませんでしたか?次から事前に言って頂ければと頑張ります」と仰ってました。 とは言え、先ずは鮪と鱈子の煮物、胡瓜の浅漬、ポテトサラダなど手作りの品がささっと出て来ました。 それと縞鯵、赤貝、貝柱、鯵などの刺身をいただきながら、気さくで冗談好きのご主人との会話が進みます。 お酒は家内は生ビール、私は運転があるのでノンアルビールです。 刺身の後はお任せで握って貰いました。鯛、鮪中トロ、赤身、鯵、新子、雲丹など一貫づついただき、巻物は鮪、お新香の朧昆布巻きなどいただきました。 稲取の吊るし雛など、伊東界隈に関するローカル話や昔のフジサンケイクラシック、プロアマの話、最近のゴルフ客の話など、地元の話を教えていただきながら時間の経つのを忘れました。 この界隈の寿司屋の事は業界同士で良くご存じの陽水です。お互いをリスペクトされてたのは、良かったです。但し、伊東港はもとより、界隈の港にお魚が上がらなくなり、魚の種類が変わったのは致し方ないこと。沼津、焼津など遠くからも取れるし、こちらでも月島からのものもあるとの事でした。 確かに私達が買う、一般小売の魚屋さんがめっきり減ったのも事実です。 そう言えば、昔ながら夜は国道からも烏賊釣り漁船の強いライトが良く見えましたが、とんと見ませんね。