kiyoshi Waki

kiyoshi Wakiさんの My best 2018

シェアする

  • Twitter
  • facebook
1

上田温酒場

店舗情報

大阪府

居酒屋

kiyoshi Waki

上田温酒場、初訪です、、、JR野田駅から歩いておおよそ10分ほど、、度暖簾を出すところで到着、、17時30分に開店、、暖簾をくぐるとすでに先客は3人、、ひとりで切り盛りするお母さんが順番に注文を聞いてくれるのを待ちます、、サッポロの大瓶(550円)に、最初に頼んだ関東煮き(かんとだき)は、豆腐に大根、玉子、、 なべのお出汁は、濃い口しょうゆで真っ黒け、、『関東煮き』とはよくいったもんだなぁと、変なところで感動してしまいました(笑)、、東京のこじゃれたお店だとうすくち醤油で薄味ですもんね、、 それにしても年期の入ったこのお店の佇まい、ただもんじゃないです、、いつごろから営業されているんでしょうね、、 私にとって、鐘ヶ淵の『はりや』、南千住『大林酒場』、稲荷町は『つちや』に匹敵する名店に今日は、出会えることできました、、、 『上田温酒場』、素敵過ぎました、、、 瓶ビール大瓶  550円 焼酎お湯割り  300円 日本酒燗    300円 土手焼き    450円 関東煮き100~  500円 〆て     2、100円 #昭和レトロ #古酒場

2

東京都

中華料理

kiyoshi Waki

肉味噌定食(600円)を『タカノ』は椎名町で、、大盛りのご飯がおいしい、、肉味噌炒めは、お皿にたっぷりで、食べても、下からドンドンお肉が出てきます、、これでお味噌汁が付いて、新香までついていて、もう至れり尽くせり!!、、 久しぶりに来てみると、建物が新しくなっていて、2つあった入口はひとつに、店内は以前の半分くらいのスペースで、カウンター7席のみになっていました、、 これだと以前の様に親子3人で切り盛りするのは少しむりかなぁ、、価格設定も50円位アップしていますが、、その分ボリュームアップしているかも、、 ご主人の人柄、お店の雰囲気、味にコスパに申し分はありません、、地元に愛される町の中華屋さん、、

3

稲田酒店

店舗情報

大阪府

立ち飲み

kiyoshi Waki

えらんでもらった『尾瀬の雪どけ』が、ピッタリ!、美味いなぁ、わたくし、日本酒は、甘口≒旨口党、『稲田酒店』初訪です、、 冷ケースにごっそりとならんだ日本酒を眺めるだけで、テンションあがります!! 頼んだアテは、玉子に平天は関東煮、、 それにしても、この酒場は、なんなんだ?!、、土曜の夕方4時頃に、店内は満員、女性客の方が多い、、角打ちですよね〜、ここ、、 入口近く辛うじて確保したカウンター、、先客のソリストとの入れ替わりは、予約を入れいたと言うスーツケースを引っさげた女子ふたり組、、、 う〜〜ん、角打ちですよね、ここ^_^、、、 二杯目は、隣の女子が頼んでた『山本 7号酵母』、、これも美味い、、、 勘定を頼むと860円!!、二杯呑んだと確認してもらったけど、ヤッパリ860円、、、 これって安すぎでしょ?!、、なんだか、訳の分からないまま後にしました、、 ここ、日本酒好きにはパラダイス!確定!!

4

おでん 深川

店舗情報

大阪府

丼もの

kiyoshi Waki

おでん=関東煮(かんとだき)のルーツを求めて、やって参りました、、今池は『おでん 深川』、、、土日のみ営業という普通の人には訪問難易度高しなお店、、土曜の13時頃に~~、お昼ごはんということにして(笑)~、、 お店の奥は5、6人が座れるテーブルがある模様、、カウンターが幸い空いていたので、まずは日本酒、、ここはヒヤのみで燗はなしというシンプルさ、、おでんは梅焼きに、大根、玉子、牛すじ、 濃口醤油で煮込まれたおでんは黒い、、年期の入った鍋も、木造の建屋も雰囲気は抜群、、こんな店があるんですねぇ~~、感動的です、、、 かなりディープな客層を期待していましたが(笑)、、意外と若いガテン系の方々に、若いカップルがおられたしてますねぇ、、、 牛すじがホント旨い、、日本酒も大手メーカーの一休酒とお見受けしました、、、 ここはまた呑みにきたい、、心の底からそう思わせてくれる、そんなお店でした、、、 おでん4つに日本酒で〆て850円、安い、、

5

井筒食堂

店舗情報

大阪府

定食

kiyoshi Waki

あっつ熱のみそ汁に、ご飯がウマイ、、食堂でうれしいのは、これですよね~~、、 テーブルの上に並べられた一品料理から選んだのはポークピカタ(260円)、もうこれ、うまい、 お茶は、冷たいものと熱いもの両方のポットを持ってきてくださり、ロハの漬物まで持ってきてくれます、、、 うまいだけじゃない、お店のかたの心遣い、しかも、これで570円って安い!!、、、 弁天埠頭、かつては、多くの人がここから、四国へ向かい、やってきました、大阪港の一翼を担っていた頃、この食堂もさぞやはやっていたんでしょうねぇ、、 南港に役目を引き継ぎ、すっかりと寂れてしまった訳ですが、このお店はちっとも寂れちゃいません、、 お客さんこそ減ってしまってるんでしょうが、細やかな心遣い、味、値段のすべてが、とっても素敵な食堂でした、、、 ポークピカタ 260円 みそ汁    150円 ご飯小    160円 〆て     570円 #最高の心遣い #昭和レトロ #うま安食堂

6

ヤキトリおばこ

店舗情報

東京都

焼き鳥

kiyoshi Waki

新小岩の繁華街から外れて、ほぼ住宅街の中にあった『ヤキトリおばこ』、、思って体以上に昭和レトロ感にあふれてました、、もう、この辺りまで来ると常連さん100パーセントですね、、、 ロハの漬けもんで生ビールを呑む、、、焼きは時間がかかると思ってモツ煮込みを頼んだければ、なかなか出てこない(笑)、、、結局焼きものとほぼ一緒に出てきました、、、 焼きとんはひと串がかなりでかく、お得感ありですね、、、モツ煮込みは、まあ平均的なおいしさ、、このみせはやっぱり焼きがおすすめ(笑)、、、2杯目は酎ハイにスイッチ、、、 焼き場は気のいいお母さんが担当で、頑張っておられます、、角のまあるくなったカウンター、油や、煙で色の変わってしまっている壁に貼られた品書き、、お客さんの話声、、 いい下町酒場です、、こんな店が私は好きです、、酒場本には載ってはいませんが、純正下町酒場、、最高デス!!

7

モトナカ 本店

店舗情報

大阪府

居酒屋

kiyoshi Waki

改装され、真新しい外観、、今風な内装に、目を引く一枚板のカウンター、、でも、この酒場で一番輝いているのは、、80を超えてられるであろう女将さんでした~~、 この店推しの泉州の地酒、『浪花正宗』(320円)純米原酒をお願いしました、、あてはカウンターに並んだ一品からハンバーグをね、、 #昭和レトロ

8

大阪府

うどん

kiyoshi Waki

ジャンジャン横丁の『松屋』でかけうどん160円、、この日の〆です、、、チェーン店みたいな名前ですが、ちゃいますね(^^)!、、、 しっかし、期待を大きく裏切って、うま〜い!、、しっかりダシが効いてます、、 これ、160円でえ〜んかなぁ!?!、、天ぷらうどんでも240円って、路麺店最高コスパかも(^^)、、 さすがジャンジャン横丁ですね、、、

9

東京都

居酒屋

kiyoshi Waki

平日に朝から呑める『山田屋』さん@王子、、外観からは想像できないほど、昭和レトロな空間が広がっていました、、、、10時半頃でしたでしょうか、広い店内の奥半分は照明を消してます、、先客は夜勤あけのグループと地元のご年配の方々でしょうか、、 熱燗(大)(440円)で温まろう、、アテはハムカツ(160円)、、小振りのグラスで呑む燗酒が暖ったまります、、ハムカツは中のハムが分からないほど、とってもクリスピー、、でも、これいいですね~~、、湯豆腐(180円)ももらおう~っと、、 何故今まできてなかったのか、後悔してしまうほどに、味があって、安く酔えて、いい酒場でした、 #古酒場 #昭和レトロ #センベロ

10

串揚げ 三と九

店舗情報

大阪府

串揚げ

kiyoshi Waki

息子の希望でやってきた、、『三と九』は大阪は港区の串カツ屋さん、、、店構えとは裏腹に(失礼)、新地クラスの美味しさ、、写真がうまくないんですが、どの串もひと工夫あります、、 ワインクーラーで冷やされた日本酒も豊富です、、 おまかせで、18本、ビールを3杯ほどで、ふたりで、8500円でした、、 美味しかったです、ご馳走さま〜〜、、