Kazuyoshi Koshiyama TOP USER

Kazuyoshi Koshiyamaさんの My best 2016

シェアする

  • Twitter
  • facebook
1

ア・ニュ ルトゥルヴェ・ヴー

店舗情報

東京都

フランス料理

Kazuyoshi Koshiyama

広尾にある、こじんまりとしたフレンチの名店。食べログ4.1超、東京フレンチでTOP20に入る大人気店です。娘の誕生日お祝いで訪問しました。 ビルの1Fにあり、お店に近づくとスッと扉を開けてお出迎え。これやってもらえると、なんか嬉しい♪ 店内は細長い造り。天井が高く、シンプルながらモノトーンベースで落ち着いたセンスある内装です。 前菜、お肉料理、デザートがそれぞれ選べるプリフィクスコースで。お魚料理は1種類だけとのこと。 ここ、かなり良い! 色々訪れていますが、この価格帯のお店ではトップクラスな感じです。 どの料理も、工夫が凝らしてあって、丁寧、カラフル、そしてポーションがしっかりしています。野菜がたっぷり摂れるのもありがたい。もちろん、味も◎。 選択肢がたくさんあるのも嬉しいところ。食後のカフェも、コーヒーだけで6種類もあるとはビックリ! サービスもスマートで、付かず離れず加減が居心地良く、つい長居しちゃいました。 リーズナブルながら上質で繊細。そして、お腹もしっかり満たされて、大満足です。唸りました\(^o^)/ 当日のコースは以下の通り。 パン 前菜(自分):白アスパラガスのフリット 新玉ねぎとバルサミコのアイスと共に 前菜(ツレ):産地直送こだわり野菜とホタルイカのバーニャカウダ 前菜(ツレ):炙ったくぬぎマスの温かいカルパッチョ ゴマの香り メイン魚:本日の魚料理 メイン肉(自分):和牛頬肉のマデラ酒煮込み メイン肉(ツレ):ア・ニュのナヴァラン・ダニョー 仔羊肉のトマト煮込み メイン肉(ツレ):和牛レバーのなんちゃら(失念…) デザート(自分):みかんのムースとシャーベット デザート(ツレ):アールグレイのシュークリーム ピンクグレープフルーツのシャーベット添え デザート(ツレ):チョコレートムースとカシスのシャーベット カフェ(自分):リストレット カフェ(ツレ):季節のカフェ カフェ(ツレ):アールグレイ アニバーサリープレート(サービス) #フレンチ #高級

2

ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション

店舗情報

東京都

フランス料理

Kazuyoshi Koshiyama

区切りの2200投稿目は、初ジョエル・ロブションを! 上階のガストロノミーは予約取れずでしたが、1Fのこちらも相当スゴい。日本最高峰フレンチと言われるロブションだけあり、さすがの素晴らしさでした。 今回は、恥ずかしながら、自分の誕生日お祝いランチでの訪問です。 恵比寿ガーデンプレイスの一番奥に佇む、ロブション城。1Fがこちらのお店ですが、入り口入った直後から荘厳な雰囲気。階段ではウェディングドレス姿の新婦が記念写真を撮っていました。 しばらく待ってから通された店内は、テーブルと椅子は黒で、壁や天井は紫色がベースとなった、重厚かつ甘美な空間。紫色って珍しいですね。 空間の至る所から、ジョエル・ロブションの誇りがにじみ出てくるような雰囲気を感じます。 ■アミューズブッシュ ■前菜 ・さやいんげん豆 ミモザ風に仕上げ、パルメザンチーズとフォアグラのコポー 天然ワサビのクレームを添えて ・カンパチのタルタル スパイスの香るワッカモーレにコリアンドルのピュレ ・フォアグラのラヴィオリ フレッシュハーブ入りブイヨンスープに浮かべて ■主菜 ・スズキ しっとり焼き上げ、バジリックの香るトマトとグリーンタップナードのエッセンス 季節野菜をあしらって ・岩手県産ほろほろ鳥のロティ サラダパストラルを添えて ・岩手高原ハーブ豚 長茄子のフォンダンに、詰め物をしたトマトのロティとそのジュ ■デセール ・金柑 コンフィにし、ハチミツのムースとマスカルポーネのグラスを添えて ・ショコラ センセーション なめらかなグアナジャのクリームとビスキュイ・オレオをまとった練乳のグラス ・フレーズ マリネやソルベにし、ベークドチーズのクリームと共に ■パン ■カフェ どの料理も、とにかく繊細で優雅。見た目も美しく、目と舌で楽しめます。味はもちろん文句なし! サーブしてくれる女性の多くに笑顔が足りず、若干上から目線的な感じを受けたのだけが気になりましたが、それ以外は完璧。 さすが、の一言に尽きます。 こうなると、上階のガストロノミーにも、やっぱり行ってみたくなりました。 #GW2016 #フレンチ #高級 #記念日

3

MOTIF RESTAURANT & BAR

店舗情報

東京都

フランス料理

Kazuyoshi Koshiyama

東京駅八重洲口、フォーシーズンズホテル丸の内の7Fに1年ほど前に出来たフレンチ。 ランチブッフェの人気が高く、初めて訪れてみたところ、噂通り素晴らしいものでした! ホテル自体もそうですが、お店もすごくスタイリッシュで、高級感が溢れています。大きなテーブルと豪華なソファが置かれ、空間の使い方がすごく贅沢。 席によっては、大きな窓から、東京駅と行き交う電車が見下ろせます。 当日は、VILLEというコース、4500円(税・15%サ別)。 アミューズブッフェ 季節野菜(アスパラガスと温泉卵) メイン(桜鱒のコンフィor鶏肉のグリル) デザートブッフェ カフェ 特にアミューズブッフェがスゴい! チーズは7種類、オリーブだけで10種類ほど、サラダはトマトだけで何種類もあり、手の込んだアミューズがさらに10数種類。 こまごましたものが多くて種類はそんなに多く感じませんが、どれも格別に美味しく、まさにホテルクオリティ。これが好きなだけ食べられるんだから、そりゃもう…(^^) アミューズだけで5皿ほど食べてしまい、正直メインはいらないくらい。もちろん、メインもしっかり美味しくいただきましたけどねw アミューズに比べてデザートは8種類ほどと少ないですが、こちらももちろん美味。 甘いの食べるとしょっぱいの食べたくなり、チーズも食べたくなり、で永久ループ状態w 11時半に入店してから閉店の14時まで、ゆっくりしながらも、しっかり食べ切りました。 一流ホテルなので文句なしの接客サービスを受けながら、優雅な空間で美味しいものをたらふく食べる。ここは天国でしょうか? 再訪間違いなし。また絶対訪れたいお店です! #フレンチ #食べ放題 #ホテル #高級

4

東京都

焼き鳥

Kazuyoshi Koshiyama

これぞ、天下無敵のフォアグラ鍋だー!! 想像を超えた美味さ。スーパー美味い。今年一番かも。 食べログ4.2超、一見さんお断りの店。FBやRettyで投稿が上がる度、羨ましくてヨダレを流して写真を見つめていた焼鳥の名店に、ようやく行けるチャンスが来ました。 場所は、西武池袋線と都営大江戸線が乗り入れる練馬駅から、徒歩10分ほど。 看板に電気もつけずひっそりと佇む姿は、外観からはホントにそんなに高評価なお店なの?と疑いたくなるような普通のお宅です。 店内は、カウンター数席と、6人テーブルが2卓だけ。ご夫婦お二人で切り盛りしています。 料理はコースでお願いしているので、まずはドリンク選択。グラスで頼んでいると高くつくので、ボトルと瓶でいっちゃいます。 小布施ワイン ソガペールエフィス、4000円。美味いワイン、6人で3本いっちゃいました。 芋焼酎2合瓶、2000円。割り物は水で。 さぁ、スペシャルメニューの宴のスタート! まずは、漬け物。 べったら漬けだ。ポリポリ美味しい。 砂肝、レバー、ハツの鶏刺し。 いきなりトップスピードで鶏肉の旨味が襲ってくる。 生つくね。 こちらの名物。美味くないわけがない。 ムネ肉の漬け。 マグロと間違うほど柔らか。 山芋の醤油漬け。 お口直しに大好きな一品が。 ムネ肉のタタキ。 香ばしさと、生肉のマリアージュ。 炙ったタタキ。 タレにマッチしまくり。 手羽揚げ。 外カリカリ、中ジューシー。しゃぶり倒します。 串が2本ずつ。 なんでしょう、この美味さは。 つくね詰め。 蓮の穴にツクネを入れて揚げたもの(のはず)。コリコリした蓮の食感がいい。 ここまでだけでも、鶏の旨さを十分堪能したのに、これからがメインイベント。 鍋に大きな円を描くようにネギを並べ、真ん中にフォアグラを投入。これだこれ、夢にさえ出てきたビジュアル! フォアグラがいい色に焼けたら、フォアグラだけ取り出していただきます。美味い。とろける。こういうのを、ホントの至福って言うんでしょうか\(^o^)/ 残った鍋には、えのきやしめじを投入し、秘伝のタレを投入すれば、フォアグラの旨味が出まくりのスーパー鍋の出来上がり。 大量に出されたクレソンを添えていただきます。 残ったスープには、〆のうどん。卵黄を絡めれば、もう…↑↑ これだけ鶏を堪能したのは、初めてかも。感動レベルです。 こだわりの店によくある上から目線は全くなく、接客も丁寧。高評価は伊達ではありませんでした。脱帽…! #いい肉 #居酒屋 #焼鳥 #鍋

5

KEISUKE MATSUSHIMA

店舗情報

東京都

フランス料理

Kazuyoshi Koshiyama

本場フランスでミシュラン一つ星を最年少で獲得、その後10年連続で獲得したという天才日本人シェフ経営の、日本店。 この夏も色々な店を訪れましたが、ここはピカイチでした! 最寄駅は原宿。すぐ近くに若者たちの喧騒すさまじい竹下通りがあるとは思えないような、閑静な「東郷の杜」の中に佇むマンションの1F。 入口もちょっと分かりにくく、大きな看板も出ていないので、これはちょっとした隠れ家ですね~。こういうマンションに住んでみたいもんだ(^^;; 大きな扉を開けて中に進むと、通されたのは明るいメインダイニングから一段高くなった、シックで落ち着いた雰囲気の席。個室感覚で利用できそうな空間です。 メインダイニングからは外の深緑が窓いっぱいに広がって見え、この席からは下部が目隠しされているので窓の上半分が見える感じ。 この緑、紅葉の木らしいので、秋になると真っ赤に染まるそうです。 店内のインテリア、使われている食器やグラスなど、細部までこだわりが感じられます。いい雰囲気です。 ■アミューズ ■前菜: ホタテとカボチャ ■パン  5種類あり、いくらでもよそってくれます。どれも本格的! ■メイン: KEISUKE MATSUSHIMAスタイルのブイヤベース仕立て ホウボウ、イトヨリ、ヤリイカ、ムール貝を使ったブイヤベースのリゾット。味が濃厚で、インパクトある一品。魚料理が得意というだけあり、非常に美味! ■デザート: カフェビチュリン、コーヒー風味のエスプーマ、牛乳のアイスクリーム  泡がフワフワで、下にはバニラアイスが。ボリュームもあり、これは素晴らしい! ■カフェ、小菓子 本店のある南仏ニースの空気を感じられるような、視覚でも味覚でも楽しめる料理の数々でした。美味しかった~♪ 最後には、料理長が挨拶に来てくれました。そして、たまたま帰国していた松嶋氏の姿も。 最近の中では、かなりのヒット。ここは、ぜひ再訪したいお店です。 #フレンチ #高級

6

産直屋 たか

店舗情報

東京都

魚介・海鮮料理

Kazuyoshi Koshiyama

手の込んだ絶品の海鮮料理の数々を、銘酒と共に味わう。これぞ、至福。 1日5組限定の完全予約制で、予約が取りにくいことでも有名な超人気店。前からと~っても行きたかったお店。 場所は、渋谷円山町。周囲は有名なホテル街で、ちょっと怪しい雰囲気w 店内は、カウンターと、小上がりが1卓。カウンターの前にはズラリと「貴」が並んでいて、圧巻! 今回は、希少な小上がり席を取ってもらえました。 9500円のコース。お酒は、試飲という位置付けなんだそうです。 ■大根の煮物 必ず出るらしい。煮汁は魚の出汁だそうで、味が染み込んでいて、いきなり美味い。大根の上に乗った柚子胡椒などは手作りだそうです。 ■厚岸のホタテの貝焼き 貝殻に乗せたホタテを出汁で煮て、仕上げは大将がバーナーで。美味い、酒がススム。 ■四万十川のウナギの肝の塩辛 ウナギの肝の塩辛とか、生まれて初めて食べました。ちょこっとで、酒がぐいぐいと。 ■バフンウニ 間違いないでしょ。このウニはかなり美味し。 ■鳥取境港の本マグロの脳天 ヤバいよ、ヤバいよ~。昇天しそうw ■淡路島の黒アワビとイクラ プチプチイクラに、高級食材の黒アワビ。なんでしょう、この最強タッグは。 ■〆サンマ ■焼きサンマ 連続してサンマの攻撃が。こんなに美味いサンマには、なかなかお目にかかれません。 ■椎茸と肉団子の鍋 これを、石川県の天然もずくに絡めて食べるという、普通では考え付かない料理。 ■ふぐ プリプリ♪ 「試飲」した銘酒は、9種類。 貴 発泡ニゴリ 飛露喜 純米吟醸 銘柄忘れた… 貴 萩乃露 特別純米 麒麟山 麟辛 鳳凰美田 純米吟醸 而今 純米吟醸 寶釼 純米吟醸 アメブロに色々とルールが書いてあるので、それだけ見るとかなり気難しい店なのかと思いちょっと緊張しましたが、女将さんがすんごく優しくて、居心地よく過ごさせてもらいました。 日本酒好きなら、ぜひ訪れてもらいたいお店です\(^o^)/ #居酒屋 #魚介 #日本酒

7

イル・テアトロ ホテル椿山荘東京

店舗情報

東京都

イタリア料理

Kazuyoshi Koshiyama

2500投稿、キター!! キリ番投稿のお店はこちら、ホテル椿山荘東京のメインダイニングに位置付く本格イタリアン。メインダイニングがイタリアンというのは珍しいですね。 庭園が望めてソファの並ぶ、広い廊下の突き当たりがお店。さすが高級ホテルだけあり、贅沢で瀟洒! 洋と和、伝統と先進が混在し融和しているような空間が広がっています。天井で輝いているシャンデリアは、ベネツィアングラスだそうです。 絨毯、お皿、グラスなど、所々に刺し色的に使われている青色が印象的。 料理の味やボリューム、抜かりのないサービス、ゆったりと寛げて居心地良い雰囲気など、優雅な時間を過ごせて大満足のランチでした\(^o^)/ もちろん、食後は広く閑静な庭園をゆっくりと散歩。何組ものウェディングカップルを見て、こちらまで幸せな気持ちになれました(^ ^) 当日のコースは以下の通り。 「10種類全部で」とお願いして盛り付けてもらったワゴンデザートが、たっぷりあって目にもお腹にも嬉しかった♪ ■アミューズ: ビシソワーズ ■パン ■前菜: びんちょう鮪のタルタルと南瓜のインサラータルッサ ゆず風味のドレッシング ■前菜: 自家製ソーセージ“サルシッチャ”とバルサミコ風味根野菜のコンフィ フォカッチャと生ハムのエッグベネディクト添え ■リゾット: ミラノ風サフランリゾット オーソブッコのラグー添え グレモラータ風味 ■メイン魚: ノルディックサーモンのスコッタート サフラン風味マッシュポテトとアヒージョのエマルジョンソース ■メイン肉: 低温調理した豚ロース肉のロースト シナモン風味カボチャのピュレ カポナータ添え ■デザート: ワゴンデザートお好きなだけ ■カフェ #イタリアン #ホテル #高級

8

割烹 さいとう

店舗情報

東京都

魚介・海鮮料理

Kazuyoshi Koshiyama

具材てんこ盛りの海鮮丼が超人気な、入谷の行列店。 予想を上回るほどの具材の量は、圧巻でした!(@_@) 前々からずっと行きたかったのですが、入谷でランチとなるとなかなか…。でもある金曜日に休みを取って、家族3人で突撃。 一応、開店時刻とされているのは11:30。 こんな時系列でした。 10:15 到着。先客3人。椅子はベンチ6人+丸椅子3人まで。 10:33 待ち客10人に。 10:40 待ち客20人に。 10:50 オーダー取り。待ち客30人ほど。 11:15 入店。 11:21 料理提供。 10:50のオーダー取りあたりまでに並べた人は、一巡目に入れたようです。 が、並んだ順に料理も出されて結構時間がかかるので、最後の方に入った方はかなり店内で待ってました。 頼んだのは、海鮮丼・具の大盛り・具別盛り・ご飯酢飯大盛りで、1050円! ご飯も大きいけど、なんてったって具の量がハンパない。 マグロ、カツオ、ハマチ、甘海老、イクラ、サバ、ヒラメ、白魚、カニ… 数えてみたら、20種類。しかも1種類で2~3切れずつも入ってる。 よ~く見たら、マグロの海老の握り寿司まであるし。 そりゃ美味いよ。築地で買ってきたばかりの魚介らしいし。 あまりの旨さに、無料のおかわり大盛り2杯を追加してしまい、もうおなかパンパンw ちなみに、味噌汁の具は、でっかいアサリ?ハマグリ?でした。 1050円でこれだけの具材を出せるとは、ビックリです。大満足\(^o^)/ 1時間待ってもまた食べに行きたいと思わせるお店でした。さすが人気店! #冬グルメ #魚介 #大盛り

9

東京都

居酒屋

Kazuyoshi Koshiyama

前からずーーーっと行きたかった、高田馬場の名店・真菜板! FBに投稿があがる度に指を咥えて見てきましたが、この度、勤務地が高田馬場に変わったお祝い?にと、常連キヨシ様にお連れいただきました。 名店にありがちな上から目線は全くなく、営むご夫婦共々口数は少ないけれど、アットホームな雰囲気が満ち溢れた居心地よい空間。至極の銘酒と、それを生かすための至極の料理。期待通り、いや期待を上回るお店でした(^^) お店はカウンター10席だけの、小さな空間。 真ん中の並び席につき、早速日本酒の宴開始… っと思ったら、なんとキヨシの友人が差し入れてくれたというボジョレーヌーボーがあるとか。なんとこの日は解禁日。まさかのボジョレーヌーボーで乾杯。ありがたやありがたや~。 ■お通しは、青豆豆腐と、きんぴらごぼう。 さて、美味しそうなメニューが目白押しなので、じゃんじゃんいきましょう。 ■駿河湾 生桜海老ポン酢、750円。 ■鹿児島 鰹のたたき、1000円。 ■神奈川 太刀魚の炙り刺、1000円。。 ■北海道 真鱈の白子の天ぷら、1100円。 ここは、竜宮城かっ! どいつもこいつも美味すぎる。もう駄文ではこの美味さは表現仕切れないので、しないw ■自家製いかの塩辛、550円。 これはさらに凄かった。冷凍しておいた肝を日本酒で溶かした肝汁に、捌きたての肝と切り身を混ぜ込んだ一品。もはや、塩辛の域を超えてます。 これを前にしたら、ご飯が欲しくなるのは人の常。アツアツご飯をちょいともらい、パクリ。至福。 ■ホヤの塩辛、500円。 ■なめろう de フランスパン、1100円。 叩きたての真鯵のなめろうをフランスパンに!? いや、これがびっくりするくらい合うんです。 ■地豚ニンニク味噌バター、1200円。 ■田中ネギ焼、450円。 ■田中ネギの天ぷら、500円。 そんじょそこらのネギと一緒にされちゃあ、たまりません。メチャ甘くて美味い。 ■ラフランスの生ハム巻、特別メニュー。 ■ローストビーフ バルサミコ酢ソース、1200円。 ■シーフード マカロニ パルメジャーノ グラタン、1100円。 振り返ってみると、よく食べたな~。どれも、お世辞抜きに美味い。 和食の魚だけじゃなくて、肉も、洋食もオールマイティーにあるのも嬉しいところ。 これだけの料理を出されちゃあ、日本酒だって止まりません。 □開運 ひやづめ純米 山田錦 無濾過生原酒 □宗玄 純米 八反錦 無濾過生原酒 □十旭日 純米吟醸 生原酒 □宗玄 純米 山田錦 無濾過生原酒 □風の森 こぼれ酒 無濾過無加水 □るみ子の酒 特別純米 無濾過生原酒 □長珍 純米 無濾過生原酒 □宗玄 純米吟醸 無濾過生原酒 日本酒マスターの大将に、いろいろとお話を聞かせてもらいました。 今回は、常連キヨシのおかげでホントにいい思いができて、感謝感激。最高の一日になりました。 またぜひ訪れてみたいと思います\(^o^)/ #冬グルメ #居酒屋

10

Chez TAKA HIGASHIAZABU

店舗情報

東京都

フランス料理

Kazuyoshi Koshiyama

カリフォルニアのレストランを全米No.1に導いたという河合隆良シェフがオーナーシェフを務め、昨年夏にオープンした一軒家フレンチ。 このシェフ、数々の有名レストランでホテルで要職に就き、エリザベス女王の晩餐会や、マイケル・ジャクソンなどにも腕を振るった、スゴイ人なんだそうです。 最寄駅は、赤羽橋。東京タワーへも、徒歩ですぐ。 裏通りに面したお店は、建物全体がコの字型の造りで、真ん中の凹んだ位置に背の高い木が植えてあります。シャレてますね。 1Fと2Fに分かれた店内は、窓が大きく取られていて明るく開放感があり、そこそこキャパありそうな感じです。 壁に飾られている写真とBGMはフレンチには珍しくJAZZで、この辺りもカリフォルニア的な空気が。 シェフの経歴を見るとすごく高いのかと思いきや、ランチコースはなんと3000円というリーズナブルさ。 この日のメニューは以下の通り。 【冷菜】マリネしたイトヨリ鯛の網焼き ミックスサラダ添え 【温菜】農家直送 有機野菜のグラタン 【パン】メゾンカイザーのパンと自家製ハーブオイル 【メイン】魚:鱈のポアレ グルノーブル風ソース      肉:NZサーロインの網焼き カフェ・ド・パリ風  【デザート】 【カフェ】 どの料理も、野菜が多く使われていて繊細だったのが印象的。 そして、この日一番感動した料理は、グラタン。チーズが濃厚で激ウマでした。 デザートの柚子のアイスもかなり美味。 この料理がこの値段で食べられるというのは、かなり驚きです。素晴らしいCP! サービスも抜け目なく、雰囲気も良く、ゆっくりとランチを堪能することができました。 自信を持ってオススメできるお店です\(^o^)/ #フレンチ  #高級